TOP > 競走馬 > 「アルバートドック」動きは軽快!長い直線じっくりためて伸びる【新潟記念】
競走馬

「アルバートドック」動きは軽快!長い直線じっくりためて伸びる【新潟記念】

切れ味鋭い末脚が武器のアルバートドックが新潟記念に出走する。3歳の時から将来を嘱望されていた本馬は、4歳になった今年の小倉大賞典で川田将雅騎手の渾身のイン強襲が決まり重賞初制覇。松田博資厩舎から須貝尚介厩舎に移籍後は、七夕賞で重賞2勝目を挙げ、充実期を迎えてきた。そんなアルバートドックについてまとめてみた。
アルバートドック
写真提供:T.T Photo(WEBサイト)

【小倉大賞典】川田騎手男泣き!イン強襲で師匠の花道を飾る!

道中は中団よりやや後ろで末脚を溜める。3コーナーでペースが早くなると最後方まで位置を下げたものの、鞍上の川田騎手は落ち着いて仕掛けを待つ。そして4コーナーでゴーサインを出すと、直線で空いた内に潜り込み、上がり最速の末脚を繰り出し見事差し切り勝ち。定年を迎えた松田博資調教師の花道を飾る1勝となった。
動画を見る
inyofu 1着 アルバートドック(川田将雅騎手) 「松田先生とともに最後に戦うことができた重賞で、馬が先生の言うとおりにしっかり走ってくれて、嬉しく思います。指示どおり4コーナーまで内ラチぴったり、いいリズムで運べました。よく伸びてくれましたね。最後に大きな仕事をしてくれた馬に感謝します。先生の最後の重賞を勝つことができてよかったです」

【エプソムC】スローペースに泣き7着

道中は中団でレースを進める。直線に入り懸命に追い込んだものの、スローペースに泣き7着に敗れた。鞍上の三浦騎手ももう少し前目につけたかったようだ。
動画を見る
inyofu 7着 アルバートドック(三浦騎手) 「ロジチャリスの後ろにつけたかったのですが、スッと行かれてしまいました。分の悪いヨーイドンになってしまいましたが、馬自身は良くなっています」

【七夕賞】先行抜け出しで優勝!

初コンビの戸崎圭太騎手を背に七夕賞に出走。道中は中団のインをぴったり追走し、徐々に進出しながら抜群の手応えで直線に入る。そして最後まで鞍上のゲキにしっかり応え、ダコールの追撃をしのぎ先頭でゴールインした。
動画を見る
inyofu 戸崎騎手(アルバートドック=1着)「いつもは後ろから行っていたようだけど、スタートが決まったので、前々へ進んでいけた。乗りやすく、しまいがしっかりしている馬。今後が楽しみ」

【新潟記念】サマー王者へ状態アップ! 追い切り情報

inyofu アルバートドックは、栗東CWコースで上がり重点。単走でゆったりと前半を行き、ラスト1Fで鞍上から気合と、暑さを考慮したいかにも夏競馬らしい最終チェックだった。6F83秒8、ラスト1F12秒8なら問題はない。

「暑いこともあるけど前走で(4キロ)体が減っていた。そのあたりを考えて、中間からやってきた。いい感じで帰ってきたし、ここへきて朝夕は涼しくなってきた。前走以上のデキにはあると思う」と野見山助手。

左回りに良績はなく、新潟は初めて。ハンデも前走から1キロ増え58キロを課せられた。「ハンデは想定内。不器用な馬ではないので、初コースにも対応してくれるはず」と自信を見せるのは、外回りの長い直線での瞬発力勝負が望むところだからだろう。

今までは後方一辺倒の競馬で結果を残してきたが、前走の先行抜け出しの勝利で競馬の幅が広がったように思える。先週のキーンランドCで今年早くも重賞10勝目を飾った絶好調の戸崎騎手に導かれ、2012年トランスワープ以来の重賞連勝を狙う。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line