TOP > レース > 【2015年セントライト記念】過去5年のレースをプレイバック!
レース

【2015年セントライト記念】過去5年のレースをプレイバック!

上位3頭に菊花賞の優先出走権が与えられるセントライト記念。過去5年のレースをプレイバック!
馬キュレ

2014年 皐月賞馬の貫録見せる!イスラボニータ」

この年は中山競馬場の工事の影響で新潟競馬場で行われた。例年に比べレベルの高いメンバーが揃ったが、1番人気は皐月賞馬イスラボニータだった。単勝オッズは1.4倍。皐月賞2着のトゥザワールドが2番人気。直線に入るとトゥザワールドの川田騎手が後ろを振り返り、イスラボニータより先に動き出す。しかし、イスラボニータはあっという間に先頭に立つと後続に差をつけての完勝。この後は距離適性を考慮し、菊花賞ではなく秋の天皇賞に挑んだイスラボニータは1番人気で3着だった。
動画を見る

2013年 ハナ差の接戦制す!ユールシンギング

1番人気は青葉賞を制し、日本ダービーでは5番人気に支持されたヒラボクディープ。ラジオNIKKEI賞の勝ち馬ケイアイチョウサンが2番人気で、上位5頭が単勝オッズ1ケタ台の人気だった。レースは最後の直線で、ダービーフィズが先頭に立ったところを同じ勝負服のユールシンギングが迫る。並んでのゴールとなったが、外のユールシンギングがハナ差先着し初の重賞勝利を挙げた。
動画を見る

2012年 4角先頭から押し切りV!フェノーメノ

1番人気はフェノーメノ。青葉賞を制し、日本ダービーは2着だった。2番人気はニューダイナスティ。ベストディールが3番人気だった。レースは好位追走のフェノーメノが手応え十分のまま4コーナーで先頭へ。外から伏兵スカイディグニティが迫るが、これを寄せ付けず先頭でゴールした。勝ったフェノーメノは続く秋の天皇賞で2着。スカイディグニティも菊花賞でゴールドシップの2着と健闘した。
動画を見る

2011年 鋭い末脚!フェイトフルウォー

1番人気は重賞2勝、皐月賞2着のサダムパテック。日本ダービー3着のベルシャザールが2番人気。3番人気はトーセンラーだった。ロイヤルクエストの大逃げでレースは進んだが、後続が4コーナーで一気に差を詰める。人気3頭が上位争いに加わるが、抜け出したのはフェイトフルウォー。皐月賞・日本ダービーでは結果が出ていなかったが、得意の中山コースで重賞2勝目を挙げた。
動画を見る

2010年 ゴール寸前で捉える!クォークスター

1番人気は京都新聞杯を勝ち、日本ダービーでは4着だったゲシュタルト。2番人気はラジオNIKKEI賞を勝ったアロマカフェで上位5頭が単勝オッズ1ケタ台の人気だった。レースは3番人気ヤマニンエルブが大逃げを打つ展開。直線に入っても大きなリードを保ったまま。誰もが逃げ切り勝ちかと思ったところ、4番人気のクォークスターがゴール寸前最後の1完歩で捉え先頭でゴールした。
動画を見る

中山でのレースと言うこともあり、過去5年は美浦所属の馬が制している。近年はイスラボニータやフェノーメノなど、ここをステップに秋の天皇賞に進み、古馬との対決に挑む馬も出てきた。秋へ向けて好スタートを切るのはどの馬か?このレース好相性の蛯名騎手にも注目したい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line