TOP > 地方競馬 > 新しい力か常連か?アジアエクスプレス復帰戦! 2015年【名古屋大賞典】
地方競馬

新しい力か常連か?アジアエクスプレス復帰戦! 2015年【名古屋大賞典】

後のJpnIでの活躍につなげた馬が続々と出てきているレースである名古屋大賞典。中距離での地力と将来性が試される。地方勢がJRA勢を倒すことはほとんどないと言っていいレース。今回も中央勢に注目が集まる形である。
馬キュレ

枠順確定

inyofu 1 バーチャルトラック 牡7 54.0 永森大智 雑賀正光
2 トーセンアレス 牡8 54.0 張田京 小久保智
3 タッチデュール 牝6 52.0 佐藤友則 笹野博司
4 エーシンモアオバー 牡9 58.0 岡部誠 沖芳夫
5 フィールザスマート 牡4 54.0 田中勝春 新開幸一
6 サイモンロード セ7 54.0 丸野勝虎 角田輝也
7 リワードレブロン 牡7 54.0 倉兼育康 雑賀正光
8 ノゾミカイソク 牡6 54.0 大畑雅章 錦見勇夫
9 サイモンリッター セ6 54.0 畑中信司 別府真司
10 アジアエクスプレス 牡4 55.0 戸崎圭太 手塚貴久
11 メイショウコロンボ 牡6 55.0 武幸四郎 角田晃一
12 ビービーガザリアス 牡8 54.0 安部幸夫 角田輝也

過去の傾向

inyofu 1人気馬はパーフェクトな実績。5人気以下の絡みは稀でほぼ上位人気の決着です。
inyofu 57㌔以上の馬の好走率が高いんですが、気になるのは55㌔の馬の好走率の高さ。該当馬はいずれもJRA所属馬です。今年はアジアエクスプレスとメイショウコロンボの2頭が該当。
inyofu 前目の馬が断然の好成績。2008年のメイショウトウコンのようなマクリのレースは割と珍しく、割と早い段階で3~4番手以内で追走していた馬の好走が目立ちます。
昨年のレース
名古屋大賞典はとにかく上位人気馬の強い堅いレースである。1〜5番人気だけ押さえておけばいいか?

待ちに待った復帰【アジアエクスプレス】

inyofu 何と言っても注目はG1馬10番アジアエクスプレスの参戦。骨折後の久々となりますが、重戦車のような馬体で斤量は55㌔ 揉まれる心配の無さそうな外枠ですし、中心視が妥当でしょうか。
inyofu 特にアジアエクスプレスの55kgは 明らかに恵まれていると思うが、 半年以上の休み明けは大型馬だけに 気になり2番手に。
inyofu 久し振りになりますが、状態は本当に良いですね。中央の中でもコーナーのきつい新潟コースも経験していますし、小回りコースも心配はしていません。ユニコーンS(GIII・12着)で負けているように、揉まれるとまだ不安があるので、復帰戦はゴチャつきそうな中山のマーチS(GIII)ではなく、ここを選択しました。ゲート内でソワソワするところがありますけど、練習を見る限り、大丈夫でしょう。
参考レース レパードS
復活の有力馬、アジアエクスプレスは休み明けで心配はあるが、復帰戦で枠順的にも斤量的にも恵まれ、状態もいいので問題なく勝利となる可能性は十分である。

勢いのある走りを【フィールザスマート】

inyofu オープンを勝ったばかりの5番フィールザスマートですが、前走で負かしたのはJDDで差のない4着だったノースショアビーチ そう差は無さそう。
inyofu 本命はフィールザスマート。 ダートに右回りでは2-0-5-0。 3着が多いのは気になるが 54kgで行く馬が多く流れが向きそう。 終いもシッカリしていて連軸に期待。
inyofu 前走後も順調に来ています。長距離輸送の競馬が初めてなのでそのあたりはどうかわかりませんが、最近はオープン馬らしい雰囲気になってきましたし、子供っぽさも抜けてきましたので、こなしてほしいですね。ここまで間を開けて使いながら、うまく力をつけてきてくれました。レースの幅も広がり、競馬っぷりにも力強さが出てきましたので、どんなレースをしてくれるのか楽しみです。
参考レース 総武S
ここまで5着一回、6着一回以外全て1着か3着のフィールザスマート。力をつけてきた今こそ重賞初制覇へ。

名古屋は得意のコース【エーシンモアオバー】

inyofu 4番エーシンモアオバーは名古屋グランプリで2年ぶりの優勝。コンビで2勝を挙げている岡部誠Jとのコンビなので期待したいところですが、斤量は58㌔ 同型も2頭いますし、厳しい戦いになりそうです。
inyofu エーシンモアオバーは前走のように 揉まれず行ければ連勝も。 ただ、マークは厳しくなるだろう。
inyofu 中央はともかく地方、それもこと名古屋での実績なら大威張りできるのがエーシンモアオバー(牡9、栗東・沖)だ。春の名古屋大賞典、暮れの名古屋グランプリとこのコースで過去6回走り【2.2.1.1】。前走を勝ち、中間の栗東Bコース追いでは6F77秒5と自己ベストを更新するなど明けて9歳シーズンを迎えたが、衰えた感は一切ない。アジアエクスプレスより3キロ重い斤量58キロがどうかだが、この重量自体は背負いなれたもので大きく脚を引っ張ることはないだろう。準ホームと言える得意の舞台で、古豪が意地を見せるか。
参考レース 名古屋グランプリ
何度もこのコースで走り実績をのこいてきているエーシンモアオバーはまだまだ衰えを見せない。名古屋グランプリと連勝なるか。

若さと経験のぶつかり合い

先の活躍が期待出来ると言う意味で骨折から復帰のアジアエクスプレスに注目したいところ。同世代のフィールザスマートもまだ成長を見込める一頭である。まだまだ衰えていないエーシンモアオバーと逃げられれば可能性十分のメイショウコロンボも要チェックである。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line