TOP > レース > 【2015年ホープフルS】過去5年のレースをプレイバック!
レース

【2015年ホープフルS】過去5年のレースをプレイバック!

2014年より重賞へと格上げされたホープフルS。翌年のクラシックへ羽ばたいていく馬は!?過去5年をレース映像をプレイバック!
馬キュレ

2014年 いざクラシックへ!シャイニングレイ

この年からGⅡとして格上げされ、例年以上に好メンバーがそろった。人気はデビューから3連対のダノンメジャー、近親にブラックシェルなどがいるシャイニングレイ、ティルナノーグなどが集めた。この開催ではディープインパクト産駒が勝利できずにいたが、ここに来てディープ産駒のシャイニングレイが優勝。2着には前目で粘ったコメート。3着にも人気薄のブラックバゴが追い込み3着となった。
動画を見る

2013年 2戦2勝!エアアンセム

人気は兄にボレアスやマウントシャスタ、カミノタサハラなどがいる良血馬ベルキャニオンが推された。続いて3着続きのクラリティシチー、離れてウインマーレライ、アグネスドリーム、コディーノの弟トレクァルティスタとなった。結果は好位でロスなく運んだルメールのエアアンセムであった。2.3着は追い込んだベルキャニオン、クラリティシチーとなった。
動画を見る

2012年 混戦制す!サトノネプチューン

人気は折り合い難があるも東スポ杯で4着だったケンブリッジサンが推された。続いてカミノタサハラ、ミヤジタイガとなった。この年は人気は割れており、確たる人気馬がいなかったせいか、結果は7番人気サトノネプチューン、10番人気マイネルストラーノ、そして3着にようやく2番人気のカミノタサハラが入った。
動画を見る

2011年 外人騎手の手腕がうなる!アドマイヤブルー

人気は新馬を勝ったばかりのフェノーメノ。続いて、サトノプライマシー、ブライアンズオーラとなったが、全て4.0倍以上と割れた人気であった。16頭とフルゲートになっただけあり、その混戦は騎手の手腕に影響するのか、メンディザバル騎乗のアドマイヤブルー、ルメール騎乗のミヤビアミュレットとなり、3着には12番人気コスモアンドロメダと波乱の結末となった。
動画を見る

2010年 いざ芝の頂点へ!ベルシャザール

人気は1,7倍のディープサウンドとなったがまさかのシンガリ負け。これらを抑えて制したのは4番人気のベルシャザール。その後スプリングS2着やダービー3着とオルフェーヴルにこそ敗れるも、芝クラシックでその強さを見せつけた。さらにその後にはダートGⅠも制す活躍をした。そこのホープフルSで2着だったナカヤマナイト、3着フェイトフルウォーもその後のクラシック戦線で活躍を見せ、ハイレベルなホープフルSとなった。
動画を見る

古くはダービー馬ウイニングチケットや、2冠馬エアシャカールを輩出している東の出世レース。2014年よりGⅡに格上げされ、いずれはGⅠ競走への格上げが予定されている。同じ舞台には春の皐月賞の他、ステップの京成杯や弥生賞もあり、ますますこのレースは重要な位置付けとなっていくだろう。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line