TOP > 予想/馬券 > コース分析が出来れば馬券は当たる! 【阪神芝1400m】
予想/馬券

コース分析が出来れば馬券は当たる! 【阪神芝1400m】

GⅡの中では高額賞金の阪神カップが行われる阪神芝1400m。サンカルロを筆頭にリピーターが多いこのコースの特徴は!?今回はこのコースを枠、血統、騎手、前走条件などから特徴を探り出しまとめてみた。データは過去10年のものに基づく。
馬キュレ

枠順別成績!8番より内!

馬キュレ
そこまで大きな差はないが、複勝率を見ると8番より内目の方がいい成績となっている。内回りのコースだけあって、内をロスなく回って直線に向ける内枠が有利に働いていると考えられる。

種牡馬成績!キレない血統が買い!

馬キュレ
1.2位こそフジキセキ、アグネスタキオンがいるが、それ以外の馬たちはキレキレという競馬にはそれほど向かない傾向を見せる種牡馬たち。タニノギムレットやアドマイヤムーンのように非サンデー系でも通用するコースである。

母父成績!こちらも非サンデー系!

馬キュレ
父の傾向に見られたように、こちらも非サンデー系の活躍が目立つ。中でもキングマンボはキングカメハメハの父でもあるため、今後はそのキンカメの血を持つ母系の馬にも注意しておきたい。

騎手成績!上位騎手でもおいしい!

馬キュレ
上位の騎手たちはリーディングでも名を連ねる一流騎手だが、その回収率は高く、馬券的にもおいしいことがわかる。またワンカラットでお馴染みの藤岡佑介騎手も変わらず好調のようだ。

前走距離別成績!延長組だ狙い!

馬キュレ
このデータには2つの注目ポイントがあり、1つは距離を延長してくる馬ということで、これはキレる脚より、出脚が速くスピードの持続に長けているということ。もう一つは上がり順位が6位以下の成績が良く、これもよーいドンの上がり3F勝負では分が悪かった馬たちが巻き返すということである。ゆえに短距離を使われてきた逃げ、先行馬のキレないタイプの馬が狙い。

前走コース別成績!同コース組!

馬キュレ
リピーターが多いように、同コースを経験してきた強みが生きるのか、前走で同じコースを使ってきた馬の成績がなかなか良い。素直にコース実績を信頼すべきコースのようだ。


重賞では阪急杯、阪神牝馬S、阪神カップ、フィリーズレビューとGⅠこそないがハイレベルなレースが行われている。また1400mという全体的に見てもGⅠがないため、サンカルロやワンカラットのように毎年同じような馬が同じコースを好走する傾向も見られる。今後リピーターとなるであろう馬を見つけ、追いかけるのが得策かもしれない。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line