TOP > 予想/馬券 > コース分析が出来れば馬券は当たる! 【阪神芝1600m】
予想/馬券

コース分析が出来れば馬券は当たる! 【阪神芝1600m】

コースが改修されてから強い馬が勝つ!?ようになった阪神芝1600mの傾向はいかに!?今回はこのコースを枠、血統、騎手、前走条件などから特徴を探り出しまとめてみた。データは過去10年のものに基づく。
馬キュレ

枠順別成績!外枠!

馬キュレ
不利を受けづらく、さらには外回りで直線も長いということで、外枠のアドバンテージが最大限に生きるコースとなっている。外枠でも迷わず買い!

種牡馬成績!ディープ、キンカメ!穴でグラス!

馬キュレ
スローの瞬発力勝負という今を象徴するレースとなりやすいため、ディープインパクトやキングカメハメハといった大種牡馬たちがその威力を発揮している。穴では、現役時代もこの阪神が舞台の宝塚記念で圧勝を見せていたグラスワンダー。マイルに関わらず阪神は得意としており、注意が必要。

母父成績!トニービン!

馬キュレ
1位のトニービンは文句なく堂々の1位であり、同じようにグレイソヴリン系のタマモクロスが複勝率40%で高い回収率も示しており、今後もこれらの血を持つ、ハーツクライやジャングルポケットなどが母父として台頭してくる可能性は高い。

騎手成績!安心して福永騎手!

馬キュレ
1位の福永騎手はロスのない競馬が売りであるがゆえに、よく馬群に詰まることもあるが、このコースでは外回りで直線で馬群がバラけるため、それらの心配も無用なようだ。

前走距離別成績!逃げ先行組!

馬キュレ
直線が長いため、後方からの馬に目が行くが、それとは逆に、前走の脚質別の成績を見ると、逃げ先行馬が高い回収率で、穴となるのはこちらのパターンのようだ。

前走コース別成績!1800m組が狙い!

馬キュレ
それぞれの1800mのコースから臨戦してきた馬たちの成績がよく、これはこのコースが1600mにしては比較的ゆったりと流れるため、1800mと同じようなペースで、それらの組でも問題なく好走していると考えられる。


コースが改修された2006年より、阪神JFの勝ち馬はその後さらにGⅠを制す活躍を見せるほか、ウオッカ、ブエナビスタという超大物も輩出した。さらに2014年からは朝日杯FSもこのコースで行われるようになり、ますます注目度が増してきた。マイル戦と言えば安田記念やNHKマイル、ヴィクトリアマイルが行われる東京芝1600mというイメージであったが、阪神も今後はより注目となってくるだろう。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line