TOP > レース > 【オールカマー】過去5年のレースをプレイバック!
レース

【オールカマー】過去5年のレースをプレイバック!

秋の飛躍へ向けて、実績馬と夏の上がり馬が顔を合わせる!過去5年のレースをプレイバック!
馬キュレ

2014年 重賞3勝目!マイネルラクリマ

この年は中山競馬場の工事の影響で新潟競馬場で行われた。1番人気は和田騎手騎乗のサトノノブレス。この年は日経新春杯と小倉記念を制していた。マイネルラクリマ、クランモンタナがこれに続きこの3頭が単勝オッズ1ケタ台の人気だった。レースは2番手から抜け出したマイネルラクリマが半馬身差で勝利。2着に入ったラキシスは次走のエリザベス女王杯でヌーヴォレコルトを負かしGⅠ制覇。サトノノブレスは16着に大敗した。
動画を見る

2013年 末脚伸ばす!ヴェルデグリーン

宝塚記念で強襲相手に2着に割って入ったダノンバラードが1番人気に支持された。小倉記念を勝ったメイショウナルトが2番人気。3番人気はムスカテールだった。レースはダノンバラード、メイショウナルトが直線で伸びてくるが、それらをまとめて外から差し切ったのは田辺騎手騎乗のヴェルデグリーン。上がり最速の33秒6の脚を繰り出したヴェルデグリーンは、同舞台の翌年のAJCCも制した。
動画を見る

2012年 重馬場苦にせず!ナカヤマナイト

札幌日経OPを勝った素質馬ルルーシュが1番人気。ナカヤマナイト、ダコールがこれに続きこの3頭が単勝オッズ1ケタ台の人気だった。4コーナー手前で先団が入れ替わり、ダイワファルコン・ナカヤマナイトが並んで最後の直線へ。前に出たのはナカヤマナイト。後続に1馬身半差をつけて先頭でゴールした。ナカヤマナイトは翌年の中山記念も制覇。4着に敗れたルルーシュだったが、次走のアルゼンチン共和国杯で初重賞勝ちを決めた。
動画を見る

2011年 GⅠ馬の貫録!アーネストリー

この年は9頭の小頭数で行われた。1番人気は宝塚記念を勝ったアーネストリー。単勝オッズは1.4倍の圧倒的人気だった。3番手を追走したアーネストリーは抜群の手応えで4コーナーを回ると、59キロの斤量を物ともせず、中山の急坂を駆け上がる。着差以上の勝ちっぷりで、GⅠ馬の貫録を見せつけた。2着はゲシュタルト。3着は2番人気のカリバーンだった。
動画を見る

2010年 GⅠ統一へ!シンゲン

前年に春秋のグランプリ連覇を達成したドリームジャーニーが1番人気。ジャミール、ミステリアスライトがこれに続いた。レースはお馴染みのシルポートの逃げでレースが進む。最後の直線は外を回ったドリームジャーニーがまとめて差し切るかに見えたが、内を上手く立ち回った5番人気のシンゲンが抜け出し先頭でゴールした。ドリームジャーニーは2着。馬群を割って伸びてきたトウショウシロッコが3着だった。
動画を見る

GⅠ馬の貫録V、コース功者の勝利、重賞初制覇など毎年様々な結末が見られる。今年は例年通り中山競馬場で行われるオールカマー。秋の飛躍へ向けて絶好のスタートを切るのはどの馬か?

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line