TOP > 予想/馬券 > コース分析が出来れば馬券は当たる! 【阪神ダ1200m】
予想/馬券

コース分析が出来れば馬券は当たる! 【阪神ダ1200m】

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
覆面馬主・データの8号監修
コース分析最新版は、競馬のカリスマ内にて無料公開中!
覆面馬主・データの8号監修「8ラボ」
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


karisuma

重賞こそないが、阪神のダートコースと言えばこのダート1200m。今回はこのコースを枠、血統、騎手、前走条件などから特徴を探り出しまとめてみた。データは過去10年のものに基づく。
馬キュレ

枠順別成績!特に偏りはなし!

馬キュレ
1400mと違って芝スタートではないので、内外の大きな差はない。外目の枠でも問題ない。

種牡馬成績!短距離はサウス!

馬キュレ
短距離ダートの鉄板と言えるのがサウスヴィグラス。その地味さから馬券的にも人気になることは少なく、回収率も抜きん出ている。

母父成績!大種牡馬に狂いなし!

馬キュレ
フォーティナイナーやスキャン、アフリートといったミスプロ系の代表馬たちが母父として活躍を見せている。かつては父として活躍してきた馬だが、今後は母父の欄にこれらの名前があるか要チェックだ。

騎手成績!ダートの小牧!

馬キュレ
目立つのが小牧騎手の単勝回収率155%でその勝率も悪くない。もともと地方競馬の出身ということで、短い距離とダートには定評があり、ここでもその実力はひけを取らない。

前走距離別成績!短縮馬が圧倒!

馬キュレ
短縮馬が活躍しているのはもちろんであるが、対して延長馬の成績は極端に悪い。これは1000mが行われるのがローカルであり、馬のレベルが原因となっていると考えられる。

前走コース別成績!京都からの短縮組が狙い!

馬キュレ
距離短縮馬のうちでも、特に京都ダ1400mからのローテが馬券的にもおいしい。コースも距離も替わるため、人気になりにくいがこのパターンは買いだ!


重賞こそ行われないコースであるが、ダートの条件戦の多くが組まれており、特に午前中のレースであったりとそのデータは少ない。ポイントは短距離のダート戦ということで、スピードのあるアメリカ血統の活躍が目まぐるしい。ミスタープロスペクター系やストームキャット系の種牡馬をチェックしておくといいかもしれない。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line