TOP > 予想/馬券 > コース分析が出来れば馬券は当たる! 【阪神ダ2000m】
予想/馬券

コース分析が出来れば馬券は当たる! 【阪神ダ2000m】

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
覆面馬主・データの8号監修
コース分析最新版は、競馬のカリスマ内にて無料公開中!
覆面馬主・データの8号監修「8ラボ」
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


karisuma

ダートの2000mというと中央競馬では唯一の距離であり、芝スタートでもある特殊なコース。今回はこのコースを枠、血統、騎手、前走条件などから特徴を探り出しまとめてみた。データは過去10年のものに基づく。
馬キュレ

枠順別成績!大きな差はなし!

馬キュレ
サンプルの問題もあるが、それほど大きな差はない。最初の長いホームストレッチがあるため、それほど大きな差はないと言える。

種牡馬成績!大型馬の多いシンボリクリスエス

馬キュレ
シンボリクリスエスの産駒は大型の馬が出やすく、そのためローカルの小回りで苦戦する傾向があるが、ここでは長丁場でゆったりとしたコースであるためその弱点がカバーされ、シンボリクリスエス産駒の活躍が目立つ。

母父成績!トニービンが圧倒!

馬キュレ
1位のトニービンは高い複勝率も誇っているが、その回収率も優秀であり信頼できる。まだ名前はないが、後にそれらの血を引くジャングルポケットやハーツクライといった種牡馬たちも登場してきたら狙い目だろう。

騎手成績!地方出身騎手!

馬キュレ
上位は小牧、岩田、安藤、さらには吉田稔の名も連なっており、地方競馬での経験がものをいう。1位の川田騎手も父は地方競馬の騎手であり、その血を引いていると言える。

前走距離別成績!前走上がり最速馬!

馬キュレ
ダートの長丁場ということで中間が緩みやすく瞬発力勝負になりやすい。そのため上がり最速のキレる脚を使える馬が優位であり、前走で上がり最速を使ってきた馬は抑えが必要だ。

前走コース別成績!阪神の経験!

馬キュレ
距離も近く、急坂の経験が生きるのか、前走で阪神のダート1800mを使ってきた馬の成績が良い。そこで速い上がりを繰り出していた馬が狙いとなるだろう。


このコースでは重賞のシリウスSが組まれており、中でも2011年の優勝馬ヤマニンキングリーのように、芝を使ってきてダートに転向して勝利を挙げる馬の活躍が目立つコースである。それは芝のようにゆったりとしたペースで進む2000mという距離と、中間が緩みやすく瞬発力勝負になるためだと考えられる。1800mでも同じような傾向が見られるので、合わせて活用するのがいいかもしれない。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line