TOP > 競走馬 > 2014年桜花賞目前!!出走馬まとめ【マーブルカテドラル】
競走馬

2014年桜花賞目前!!出走馬まとめ【マーブルカテドラル】

今年の牝馬戦線はレベルが高い。2014年4月13日開催の桜花賞出走馬の中でも、
期待できるのがマーブルカテドラルだ。
競走馬

マーブルカテドラルってどんな馬?

血統は?

父は1600m(マイル)戦の鬼・GI4勝の【ダイワメジャー】、
この馬の距離適正もダイワメジャーと非常に似ていて桜花賞も問題なし。

非凡の才能を感じた新馬戦

動画を見る
好位で追走して直線で前を行く2頭の間を入ろうとした時、
なかなか開かずに待たされた形だが、進路ができてからはすぐに抜け出した。

新馬戦から成長著しい芙蓉ステークス

動画を見る
inyofu 1着 マーブルカテドラル 田辺裕信騎手
「最後で脚を使いたかったので、早く動きすぎないようにしました。今日はテンションが上がらず、うまくコントロールできました。成長していますね。これで余裕を持って仕上げていけます」
先団を見る形でその後ろを追走。後半600mから進出して直線入り口では2番手に。
前との差がなかなか詰まらなかったが、2着馬の脚が鈍った隙にゴール前できっちり差し切った。

レースセンスを感じさせる勝利

動画を見る
inyofu 道中は8、9番手で折り合いに専念。中間も付きっきりで調教をつけた田辺裕信騎手が、必死にコンタクトを取りながら進んで行く。直線で進路があくと一気にエンジンが点火。「鞍ズレするアクシデントがあって、道中は押さえにくい場面も。ただ、よく我慢してくれましたね。直線での手応えは良かった。着差以上に楽に感じましたよ」。
道中少し折り合いを欠いたが、それ以降はスムーズなレース内容だった。ギアチェンジとトップスピードは屈指。

ここまで6戦3勝で【マーブルカテドラル】の魅力は安定した競馬ができること。
阪神JFやアネモネSでは結果がでなかったが予想以上に大負けはしていない。
自分の競馬ができれば桜花賞もおのずと良い結果が出るだろう。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line