TOP > 競走馬 > 2014年桜花賞目前!!出走馬まとめ【アドマイヤビジン】
競走馬

2014年桜花賞目前!!出走馬まとめ【アドマイヤビジン】

キレイな毛並みの芦毛の好馬体に、つぶらな瞳と整った顔立ち。そんな魅力的な【アドマイヤビジン】が桜の舞台に挑む。
美人

【アドマイヤビジン】ってどんな馬?

馬主はアドマイヤの冠名で知られる近藤利一氏

ファンからも美人と評判

血統は?

父はダート、芝のGIで優勝しているクロフネ種牡馬としても優秀で特に牝馬は好成績を残している。

遅咲きの美人 2歳未勝利 

inyofu 小倉1Rの2歳未勝利(芝1200m)は、4番人気アドマイヤビジン(小牧太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分09秒6。クビ差の2着に7番人気ワクワクキリシマが、2馬身半差の3着に8番人気ノーブルサイレンスがそれぞれ入線。
inyofu 1着 アドマイヤビジン 小牧太騎手
「強かったですね。うまく乗れました。最後も外から迫られたらまた伸びてくれました」

桜花賞への大きな鼻差 紅梅S

動画を見る
inyofu 四位騎手は「4コーナーをいい手応えで楽に回ってくることができたけど、直線は物見をしていた。その点が先々解消してくればとは思うけど、きょうのところは勝てたことの方が大きいね」と初コンビで結果を出したことに納得の口ぶりだった。
過去10年の勝ち馬には、スイープトウショウやローブデコルテ、
好走馬にもメイショウマンボなどがいる出世レース。
牝馬クラシックを占う重要レースで勝利。

桜花賞1週前で好時計

inyofu 《栗東》フィリーズレビュー4着アドマイヤビジン10+ 件(梅田智)が坂路で絶好の動きを披露した。最後までしっかり追われて4ハロン51秒5-11秒9をマーク。この日、坂路を駆けた589頭中、ただ1頭だけラスト1ハロンで12秒を切った
inyofu 「行きっぷりがよく、うなるような感じ。前走は外を回って2回ほどはじかれた。その点、外回りのマイルになるのは競馬もしやすい」と梅田智調教師。

紅梅Sから先月の重賞フィリーズレビューで勝ち馬と0.2秒差の4着であるアドマイヤビジン。だが悲観する必要はない。4月3日に行われた坂路調教にて良い時計を出したので、2014年4月13日開催の桜花賞でも非常に期待が持てるだろう。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line