TOP > レース > 【2015年函館スプリントS】過去5年のレースをプレイバック!
レース

【2015年函館スプリントS】過去5年のレースをプレイバック!

サマースプリントシリーズ第一弾となる函館スプリントS。過去5年のレースをプレイバック!
馬キュレ

2014年 古豪健在!ガルボ

この年は、高松宮記念3着のストレイトガール、昨年3着の逃げ馬フォーエバーマーク、武豊騎手のスマートオリオンの人気順となったが、勝ったのは唯一58キロを背負っていた7歳馬ガルボ。8番人気の低評価だったが、見事中団から差し切り重賞4勝目を挙げた。2着に1200mで変わり身を見せた6番人気のGⅠ馬ローブティサージュ、3着に最軽量50キロの4番人気クリスマスが入り、波乱となった。ストレイトガール、スマートオリオンともに、勝負所で内に詰まっていまい、それぞれ11着、9着に大敗した。

2013年 叩いて一変!パドトロワ

前年の覇者で高松宮記念2着のドリームバレンチノが1番人気、この条件が得意なテイエムオオタカとフォーエバーマークが2、3番人気に推された。しかしレースを制したのは6番人気のパドトロワ。休み明けの前走を叩かれ、2番手から押し切って重賞3勝目を手にした。2着に5番人気シュプリームギフト、3着に逃げたフォーエバーマークが入線した。ドリームバレンチノは59キロの斤量が響いたのか7着に敗れた。

2012年 大金星!ドリームバレンチノ

1200mの成績が7戦6勝で、唯一の敗戦が前走のGⅠ高松宮記念の3着という抜群の安定感を誇っていたロードカナロアが1.3倍の断然人気に支持された。離れた6.7倍の2番人気にオープン特別2連勝中のドリームバレンチノ、3番人気に安藤勝己騎手が乗るパドトロワが推された。結果は、内で詰まるロードカナロアを横目にドリームバレンチノが差し切り初重賞V。大金星を挙げた。3着に最低人気のビスカヤが最後方から突っ込み、やや波乱の決着になった。

2011年 GⅠ勝利につながる一戦!カレンチャン

1番人気に阪神牝馬Sを制したカレンチャン、2番人気に同レース2着のアンシェルブルー、3番人気に3歳馬テイエムオオタカが推された。レースでは、逃げ粘るテイエムオオタカをカレンチャンがゴール前でクビ差とらえて優勝。さらにクビ差の3着にアンシェルブルーが入った。カレンチャンはその後のGⅠスプリンターズSも制し、飛躍につながる一戦となった。

2010年 1200mは得意!ワンカラット

この年の1番人気には、高松宮記念2着以来のレースで59キロを背負うビービーガルダンとなり、2番人気に前走のCBC賞3着のワンカラット、3番人気に前走の京王杯SC3着のアーバニティが推された。結果は、ワンカラットが直線で突き抜けて2着のビービーガルダンに2馬身差をつけ完勝。重賞2勝目を飾った。その後もワンカラットは次走のキーンランドC、6歳時にオーシャンSを勝ち、1200m戦で活躍した。

函館や札幌競馬場で好走歴のある人気薄の馬がしばし来ているように、洋芝適性も問われるこのレース。高松宮記念組が人気になる割りに、あまり良い結果が出ておらず、買うとしたら洋芝適性のある馬や勢いのある馬を狙うべきだろう。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line