TOP > 競走馬 > 2014年桜花賞目前!出走馬まとめ【フクノドリーム】
競走馬

2014年桜花賞目前!出走馬まとめ【フクノドリーム】

短距離で芝、ダートともに勝利している【フクノドリーム】だが、マイル戦の桜花賞に登録。
今回は、フクノドリームについてまとめてみた。
競走馬

【フクノドリーム】ってどんな馬?

父はヨハネスブルグでアイルランドの競走馬。2013年に初年度馬を出した。
桜花賞に同じ産駒のホウライアキコも出走する。

スピードは本物 2歳未勝利

動画を見る
inyofu 1着 フクノドリーム 横山和生騎手
「見ての通りの快勝でした。ただ、ゲートは思ったよりモサッと出ました。一発目の出が速くないですね。発汗が目立つところもありましたが、乗りやすいですし、いいスピードがある馬です」
2着馬を1秒突き放しての勝利。能力の違いを見せつけた。

芝でも開花 すずらん賞

動画を見る
inyofu 1着 フクノドリーム 横山和生騎手
「強かったですね。前2走と比べて馬も気合が乗っていて、ゲートをキチッと出てくれました。ダートでいい競馬をしている馬ですから、今日みたいな馬場はちょうどいいと思っていました。レースはスピードの違いで押し切ってくれました。スピードがあるので、芝でもやれないことはないと思います。気持ちが前向きすぎるので、現状は短距離がいいと思います」
初の芝1200mの消耗戦で重馬場でも楽にハナを切ってそのまま6馬身千切った。

騎手と共に初重賞制覇 エーデルワイス賞

動画を見る
inyofu レコードに0秒1差に迫る1分11秒6の好時計で、2着に4馬身差をつける圧勝。デビュー3年目で初タイトルを獲得した横山和騎手は「重賞という大きな舞台で結果を出すことができてうれしいです」と、顔をほころばせた。
単勝1.5倍の断然人気に支持され結果は後続に4馬身差つけて逃げ切り。勝利した3戦は全て圧勝だった。

その後、ファンタジーステークス、フィリーズレビューと着外。原因は、おそらく距離の問題で、現状1200mがベストのようだ。桜花賞が雨の場合、この馬が風穴を開けることもあるかも知れない。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line