TOP > レース > 【2015年ユニコーンS】過去5年のレースをプレイバック!
レース

【2015年ユニコーンS】過去5年のレースをプレイバック!

ジャパンダートダービーにつながる重要な、東京マイルの3歳ダートGⅢ。過去5年のレースをプレイバック!
馬キュレ

2014年 古馬と戦った経験生かす!レッドアルヴィス

ダートでデビュー2連勝をし、続く芝の朝日杯FSも制して皐月賞にも進んだアジアエクスプレスが1.3倍の断然人気に支持された。離れた6.7倍の2番人気にメイショウパワーズ、13.1倍の3番人気に古馬混合の1000万特別から挑むレッドアルヴィスが推された。レースでは、直線で伸びあぐねていたアジアエクスプレスを尻目に、レッドアルヴィスが先行策から突き放して2馬身半差の快勝。古馬相手にもまれた経験を生かす形となった。2着に逃げ粘ったコーリンベリー、3着に追い込んだバンズームが入線した。アジアエクスプレスはらしさを見せぬまま12着に大敗した。

2013年 東京マイルは絶好の舞台!ベストウォーリア

この年は、前走の初ダートで結果を出したサウンドリアーナが1番人気、ダート3戦無敗のチャーリーブレイヴが2番人気、交流重賞である兵庫CS2着のベストウォーリアが3番人気に支持された。結果は、ベストウォーリアが直線で抜けだして重賞初制覇。同馬は2015年フェブラリーSで3着に好走したように、東京マイルという得意条件でユニコーンSを制した。2着に外から差してきたサウンドリアーナ、3着にサウンドトゥルーが入った。

2012年 ダートで目覚める!ストローハット

1番人気には初ダートとなった前走で3馬身差の完勝を飾ったストローハットが、2番人気に3連勝中のオースミイチバンが、3番人気に安定感のある差し脚が持ち味のキングブレイクが推された。そしてレースを制したのはストローハット。ダート2戦目で重賞を勝ち、高いダート適性を示した。2着にオースミイチバン、3着にタイセイシュバリエが粘った。

2011年 ダート戦無敗で重賞制覇!アイアムアクトレス

この年の1番人気は、6戦6連対で横山典弘騎手が乗るグレープブランデーが推され、2番人気に前走でグレープブランデーの2着に敗れたボレアス、3番人気に勝ち鞍が全て1400mながらダート3戦無敗の牝馬アイアムアクトレスとなった。レースは、直線で3番手から危なげなく抜け出したアイアムアクトレスが影を踏ませず勝利。これでダートは4戦4勝の成績を収めた。2着にグレープブランデー、3着にボレアスが入り、堅めの決着になった。

2010年 重賞連勝でさらに上のステージへ!バーディバーディ

1.6倍と大きく支持を受けたのは、前走の交流重賞兵庫CSで5馬身差の圧勝を飾ったバーディバーディ。ここも通過点であろうと思われた。6.4倍の2番人気に豪州の名手ウィリアムズ騎乗のバトードール、9.5倍の3番人気に東京コース得意のスターボードが推される形となった。レースを制したのはやはりバーディバーディ。直線ではゴールまでカラ馬を追いかけながら、2馬身半差の完勝で同世代との力の違いを見せつけた。2着はバーディバーディ、3着は前走バーディバーディの2着に敗れた6番人気サンライズクォリアが食らいついた。

3歳春に行われるJRA唯一のダート重賞ということもあり、かなりダート適性のある馬たちが数多く出走し、ハイレベルな戦いが繰り広げられる。今年出走する馬のなかで、古馬と互角に渡り合える強い馬が現れるのか?!注目である。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line