TOP > レース > 【2015年宝塚記念】過去5年のレースをプレイバック!
レース

【2015年宝塚記念】過去5年のレースをプレイバック!

競馬シーズン前半を締めくくる大一番となる夏のグランプリ。過去5年のレースをプレイバック!
馬キュレ

2014年 史上初の連覇達成!ゴールドシップ

春の天皇賞で7着に敗れ、新たに横山典弘騎手と新コンビを組むゴールドシップが連覇を期待されて1番人気に支持された。続いて春の天皇賞2着から参戦し、悲願のGⅠ制覇をもくろむウインバリアシオンが僅差の2番人気、ドバイシーマクラシックを勝ったジェンティルドンナが3番人気となった。結果は、横山騎手と息をぴったりと合わせたゴールドシップが直線で危なげなく抜け出し、あらゆる名馬でもなし得なかった宝塚記念連覇を達成。見事GⅠ5勝目を飾った。3馬身差の2着に9番人気カレンミロティック、3着に8番人気ヴィルシーナが入り、少々波乱となった。

2013年 やっぱり強かった!ゴールドシップ

前年のジャパンカップを3歳ながら勝利し、前走のドバイシーマクラシックで2着に惜敗したジェンティルドンナが2.4倍の1番人気に推され、前年の有馬記念の覇者で前走の天皇賞・春5着と人気を裏切ったゴールドシップが2.9倍の2番人気に、そして天皇賞・春の勝ち馬フェノーメノが3.2倍の3番人気になり、三つ巴の戦いとなった。レースでは、ゴールドシップがジェンティルドンナを見ながら、フェノーメノがゴールドシップを見ながらペースが流れる。直線は底力勝負となり、ゴールドシップが有力馬2頭を尻目に弾け、最終的に3馬身半差をつけゴールイン。天皇賞・春の敗戦から巻き返した。離れた2着に粘った5番人気ダノンバラード、3着に伸びを欠いたジェンティルドンナが入った。

2012年 最強を証明!オルフェーヴル

1番人気は春の天皇賞で11着と謎の敗戦を喫した3冠馬オルフェーヴルが状態を不安視されながらも3.2倍に支持され、4.4倍の2番人気に香港クイーンエリザベス2世Cを圧勝したルーラーシップ、7.9倍の3番人気にオルフェーヴルの良きライバルであるウインバリアシオンとなった。レースでは、4コーナーで飛ばしたネコパンチが後退し、春の天皇賞馬ビートブラックや昨年の覇者アーネストリーが早くも仕掛ける。そして直線では内を突いたオルフェーヴルがあっという間に抜け出してあとは突き放す一方。外から伸びた2着のルーラーシップに2馬身差をつけ完勝。3冠馬の力を見せつけた。

2011年 押し切ってついにGⅠ制覇!アーネストリー

この年はGⅠ6勝目を目指すブエナビスタ、そして母に名牝エアグルーヴを持ち、前哨戦の金鯱賞を出遅れながらも勝ったルーラーシップ、前年のダービー馬エイシンフラッシュなどが人気を集めたが、レースを制したのは佐藤哲三騎手の6番人気アーネストリー。休養明け2戦目で見事変わり身を見せ、6歳にして初のGⅠタイトルを手にした。2着に後方から追い込んだブエナビスタ、ハナ差の3着にエイシンフラッシュが入線した。

2010年 アッと言わせた!ナカヤマフェスタ

1番人気にはヴィクトリアマイルを勝って挑むブエナビスタ、2番人気に春の天皇賞馬ジャガーメイル、3番人気に重賞2連勝中のアーネストリーとなったが、レースを勝ったのは伏兵のナカヤマフェスタ。休み明け初戦のオープン特別を勝って挑んできたが、続くGⅠの大舞台も制す形となった。その後も同馬は世界最高峰のレースといわれる凱旋門賞を僅差の2着と好走し、この勝利がフロックではないことを示した。また、2着にブエナビスタ、3着にアーネストリーが入った。

近年は凱旋門賞出走を目指す馬がステップレースとして宝塚記念を選び、ハイレベルなメンバーが揃っている。今年はゴールドシップが3連覇を狙っているが、それを拒む強力なライバルは現れるのか?!目が離せない!

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line