TOP > レース > 【2015年ラジオNIKKEI賞】過去5年のレースをプレイバック!
レース

【2015年ラジオNIKKEI賞】過去5年のレースをプレイバック!

クラシックに乗り遅れた馬が多く集まる3歳の名物ハンデ重賞。過去5年のレースをプレイバック!
馬キュレ

2014年 距離短縮で強さ見せる!ウインマーレライ

皐月賞8着以外はすべて3着以内と抜群の安定感が持ち味のクラリティシチー、前走のオープン特別2着のピオネロ、3戦2勝のラリングクライが人気を集めたが、勝ったのは青葉賞8着から参戦したウインマーレライ。同馬は抜群の手応えで伸びきれなかった前走を踏まえ、1800mに短縮したのが功を奏した。2着に遅れて伸びたクラリティシチー、3着には堅実なウインフェニックスとなった。

2013年 華麗なイン突き!ケイアイチョウサン

芝未勝利ながらNHKマイルC5着のガイヤースヴェルト、500万特別を制して勢いに乗るインプロヴァイズ、NHKマイルC3着のフラムドグロワールといった馬が人気を集めた。しかしレースを制したのは伏兵ケイアイチョウサン。横山典弘騎手に導かれインコースをするする抜け出し、外から迫るカシノピカチュウをクビ差抑えてゴールイン。3着にアドマイヤドバイが入り、8、14、5番人気の決着で大荒れになった。ガイヤースヴェルトはブービーの15着に大敗した。

2012年 危なげなく完勝!ファイナルフォーム

この年の1番人気は安藤勝己騎手と新コンビを組むヤマニンファラオ、2番人気に経験馬相手の未勝利戦でデビュー勝ちした実績がある素質馬ファイナルフォーム、3番人気に古馬相手の1000万特別を快勝して挑むサンレイレーザーが支持された。結果は、ファイナルフォームが直線で悠々と抜け出し、2着ヤマニンファラオに2馬身差をつける完勝。能力の高さを見せつけた。3着に最低人気オペラダンシングが入り、波乱を演じた。

2011年 無敗でV!フレールジャック

震災の影響で中山開催となったこの年。プリンシパルS3着のカフナが1番人気、デビューから2連勝中のフレールジャックが2番人気、白百合Sを勝ったマイネルラクリマが3番人気に推された。レースは底力勝負となり、直線で外から弾けたフレールジャックが伸びて無傷の3連勝を達成。2着にしぶとく粘ったマイネルラクリマ、3着にはカフナが入線し、堅い決着になった。

2010年 しのいで重賞制覇!アロマカフェ

母にGⅠ1勝含む重賞4勝のトゥザヴィクトリーを持つ良血馬トゥザグローリーが2.6倍の1番人気になり、続いて強烈な切れ味が武器のクォークスターが6.1倍の2番人気、青葉賞4着から挑むアロマカフェが7.3倍の3番人気に推された。結果は、道中中団に位置していたアロマカフェがゴール前でクォークスターの猛追を振り切り重賞制覇。3着には粘ったレトが入った。トゥザグローリーは惜しくも5着に敗れた。

ハンデ戦ということもあり毎年激戦が繰り広げられている。また、西高東低といわれるなか、ここ5年関東馬が4勝しており、関東馬優位の傾向となっている。春にデビューしたばかりの馬が勢いで制するのか、それともレース経験豊富な馬が実力を示すのか?!注目である。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line