TOP > レース > 【CBC賞】過去5年のレースをプレイバック!
レース

【CBC賞】過去5年のレースをプレイバック!

今年で51回目を迎える伝統の中京スプリントハンデ重賞。過去5年のレースをプレイバック!
馬キュレ

2014年 休み明けも関係なし!トーホウアマポーラ

この年は上位5頭まで牝馬が人気の中心を占め、1番人気に重賞2勝の3歳馬ベルカント、2番人気に3連勝中のルナフォンターナ、3番人気にエピセアロームが推された。しかしそれらを差し置いてレースを制したのは4番人気のトーホウアマポーラ。3ヵ月ぶりの休み明けをものともせず、5歳にして見事重賞初Vとなった。エピセアロームが2着、10番人気の伏兵ニンジャが3着となり、牝馬がワン・ツーを決めた。

2013年 古豪が連覇!マジンプロスパー

出走馬の中で最も重い58キロを背負うマジンプロスパーが3.6倍の1番人気、高松宮記念3着のハクサンムーンが5.4倍の2番人気、昇級初戦のサドンストームが5.5倍の3番人気と混戦になった。レースでは、直線で逃げ粘るハクサンムーンをゴール手前でマジンプロスパーが力でねじ伏せ、コースレコードのおまけつきで連覇を達成。3着に追い込んだサドンストームが入り、人気通りの決着となった。

2012年 力が違う!マジンプロスパー

新装中京競馬場になって初めて迎えたCBC賞。高松宮記念4着でトップハンデ59キロの昨年の覇者ダッシャーゴーゴーが1番人気に推され、続いて同レース5着だったマジンプロスパーが2番人気に、そして6歳牝馬のグランプリエンゼルが3番人気に支持された。結果はマジンプロスパーが2番手から押し切ってゴールイン。5歳にしてついに本格化した。2着に最速上がりで迫ってきた7番人気スプリングサンダー、3着にダッシャーゴーゴーとなり、惜しくも連覇はならなかった。

2011年 悪夢を払拭!ダッシャーゴーゴー

阪神で開催されたこの年。高松宮記念を4着入線から11着降着となったダッシャーゴーゴーが58.5キロのトップハンデながら1番人気に支持され、3歳馬ツルマルレオンが2番人気、強烈な差し脚が武器のエーシンホワイティが3番人気となった。そして勝ったのはやはりダッシャーゴーゴー。逃げる前年の覇者ヘッドライナーを力でねじ伏せて見事人気に応え、前走の降着のショックを晴らす形になった。3着に人気薄のタマモナイスプレイが先行策から粘り、波乱を演じた。

2010年 逃走成功!ヘッドライナー

京都競馬場で行われ、大混戦の様相を呈したこの年。押し出された4.9倍の1番人気に8歳馬シンボリグラン、6.5倍の2番人気に5歳牝馬ベストロケーション、6.6倍の3番人気に4歳牝馬ワンカラットが支持された。しかしレースを制したのは4番人気のヘッドライナー。スタートから果敢に先手を奪い、終始他馬に影を踏ませることなくそのまま押し切って優勝。アッと言わせる逃走劇を演じた。2着には3歳馬のダッシャーゴーゴー、3着にワンカラットが入線した。

マジンプロスパーやダッシャーゴーゴーなど、近年リピーターが活躍するレースになっている。また新しい中京競馬場での開催になってからは、先行馬が毎年馬券に絡んでいる。ただ、最近の中京競馬場は週ごとに馬場の傾向が目まぐるしく変わっており、どんな傾向かを考慮して予想をたてるほうが良いだろう。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line