TOP > レース > 【2015年七夕賞】過去5年のレースをプレイバック!
レース

【2015年七夕賞】過去5年のレースをプレイバック!

サマー2000シリーズ初戦の名物ハンデ重賞。過去5年のレースをプレイバック!
馬キュレ

2014年 夏に復活!メイショウナルト

前年の覇者マイネルラクリマ、重賞であと一歩の競馬が続いていたラブリーデイとダコールが人気を集めたが、レースを制したのは5番人気のメイショウナルト。昨夏に小倉記念を制し、オールカマーで2着に走った後5走連続二桁着順とスランプに陥っていたが、得意の夏場そして新コンビである田辺裕信の思い切った騎乗などの条件が重なって逃げ切り勝ちを収めた。内から伸びた10番人気ニューダイナスティが2着、先行したマイネルラクリマが3着に入った。

2013年 骨折から復活!マイネルラクリマ

4.0倍の1番人気には、2走前の同条件のオープン特別で圧勝した実績を持つマイネルラクリマが推され、4.3倍の2番人気には念願の重賞初Vを狙うダコール、4.9倍の3番人気に夏が得意のエクスペディションとなり、三つ巴の一戦となった。結果は、4コーナーで強気に先頭に立ったマイネルラクリマが直線でも脚が鈍ることなく突き放してゴール。骨折でおよそ1年の休養を経験していた馬がパワーアップして重賞2勝目を飾った。2馬身半差の2着にはアメリカGⅠのBCターフ4着の経験がある実力馬トレールブレイザーが復活。3着に大穴のタガノエルシコが入線し、やや波乱となった。

2012年 人気薄が激走!アスカクリチャン

この年はトーセンラー、タッチミーノット、エクスペディションが人気の中心を形成していた。しかし勝ったのはなんと14番人気の大穴アスカクリチャン。内田博幸騎手のアクションに応え、直線でじわじわ伸びてトーセンラーの猛追をハナ差しのいだ。3着に逃げ粘った7番人気ミキノバンジョーが入り、波乱の結末となった。

2011年 夏はやっぱり牝馬!イタリアンレッド

震災の影響で中山開催になったこの年の七夕賞。58.5キロのトップハンデを背負う皐月賞馬キャプテントゥーレが2.2倍と大きく支持を受け、前走の新潟大賞典で人気になりながら結果を出せなかった若手である三浦皇成騎手が鞍上のタッチミーノットが6.2倍の離れた2番人気、長期休養明けの前走を勝った昇級初戦のマゼランが8.7倍の3番人気に推された。レースでは、キャプテントゥーレが直線半ばで力尽き、かわりに外から勢いよく伸びた牝馬のイタリアンレッドがゴール直前で迫るタッチミーノットをクビ差しのいで優勝。イタリアンレッドは次走の小倉記念も制し、この年のサマー2000王者になった。

2010年 これがハンデ戦!ドモナラズ

上位6頭までが単勝オッズ10倍以下と大混戦となったこの年。押し出された6.3倍の1番人気にサンライズベガ、6.5倍の2番人気にバトルバニヤン、6.6倍の3番人気にサニーサンデーが支持された。レースはハンデ戦らしくゴール前まで一団となり、そこから一気に11番人気のドモナラズが大外を豪快に突き抜けて重賞初制覇。僅差の2着に6番人気アルコセニョーラ、3着にサンライズベガが入線し、完全に前崩れの展開になった。

二桁人気の馬が数多く絡んだり、過去に1番人気馬が何年も勝てなかったことがあるように、なかなか一筋縄にいかない、予想がかなり難しいレースである。ハンデや小回り適正、夏馬などのあらゆるファクターを熟慮して予想に取り組まなければならないだろう。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line