TOP > レース > 【プロキオンS】過去5年のレースをプレイバック!
レース

【プロキオンS】過去5年のレースをプレイバック!

2012年から中京競馬場に場所が移されたプロキオンS。過去5年のレースをプレイバック!
馬キュレ

2014年 鋭い切れ味!ベストウォーリア

1.9倍と断然人気に支持されたのは、ダートであまり崩れた走りを見せていないベストウォーリアとなり、6.1倍の2番人気に1400m得意のキョウワダッフィー、7.2倍の3番人気に短距離では安定感抜群のノーザンリバーが推された。結果は、直線で満を持して抜け出しゴールに向かうキョウワダッフィーを、ベストウォーリアがゴール直前でクビ差とらえ優勝。重賞2勝目を飾った。3着には10番人気ガンジスが入った。

2013年 善戦マン返上!アドマイヤロイヤル

上位7頭まで単勝オッズ10倍以下と例年より大混戦となったこの年のプロキオンS。ダノンカモンが1番人気、アドマイヤロイヤルが2番人気、シルクフォーチュンが3番人気となった。レースでは、前年の覇者トシキャンディが主導権を奪うなか最後の直線を迎える。直線でもやはり団子状態の混戦となり、そこから抜け出してきたアドマイヤロイヤルが内で食い下がるセイクリムズンをクビ差しのいでついに重賞初制覇。13戦ぶりに勝った前走のオープン特別に続き、四位洋文騎手の絶妙な手綱さばきで2連勝をし初タイトルを獲得した。3着にはダノンカモンが惜しくも敗れた。

2012年 アッと言わせる逃げ切り!トシキャンディ

この年から新たに中京競馬場へと開催場所が変わった新生プロキオンS。ダートに転向して4戦2勝と勢いに乗るファリダット、連覇を狙うシルクフォーチュン、昇級初戦のテイクアベットが人気を集めたが、レースを制したのはなんと12番人気のトシキャンディ。スタートから先手に立つとゴールまで抜かされることなくそのまま押し切り、単勝万馬券を演出した。2着に堅実なアドマイヤロイヤル、ファリダットは差し届かず3着に惜敗した。

2011年 ハンパない切れ脚!シルクフォーチュン

直線が平坦な京都競馬場で一時的に行われた2011年プロキオンS。1.8倍の1番人気に前年の覇者ケイアイガーベラ、5.3倍の2番人気に前年3着でリベンジを狙うナムラタイタン、5.6倍の3番人気にはダート転向後掲示板を外していないダノンカモンが推された。しかしレースを制したのは9番人気の伏兵シルクフォーチュン。上がり3ハロン34秒9という驚異の追い込みを見せ、直線だけで内から15頭をごぼう抜きした。ダノンカモン2着、ケイアイガーベラは残念ながら連覇はならず3着となった。

2010年 鮮やかな逃走劇!ケイアイガーベラ

1.7倍と断然の1番人気に支持されたのはデビューから6戦無敗で挑むナムラタイタン、5.3倍の2番人気にダート7戦6勝のサマーウインド、7.2倍の3番人気に同年の根岸S勝ち馬グロリアスノアとハイレベルなメンバーが揃った。だがこのメンバーのなか勝ったのは4番人気の4歳牝馬ケイアイガーベラ。スタートから果敢に先頭に立つとそのままゴールまで勢いは衰えることなく、4馬身差をつける圧勝で重賞初制覇となった。離れた2着にサマーウインド、ナムラタイタンは3着となり初黒星を喫した。

中京開催になってからは逃げ、差しと勝ち馬の脚質に偏りがなく、どの馬にもチャンスがありそうだ。根岸Sで結果を残した馬が多く馬券に絡んでおり、注目すべきであろう。今年は古豪が勝つのか、はたまた新生が誕生するのか。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line