TOP > レース > 【2015年函館2歳S】過去5年のレースをプレイバック!
レース

【2015年函館2歳S】過去5年のレースをプレイバック!

2歳世代最初の重賞となる函館2歳S。過去5年のレースをプレイバック!
  
馬キュレ

2014年 連闘が功を奏す!アクティブミノル

2.0倍と大きく支持を得たのは、同条件の新馬戦を3馬身半差と圧勝を決めたマイネルエスパスとなり、離れた6.2倍の2番人気には、母に重賞5勝したシーイズトウショウを持つトウショウピスト、6.8倍の3番人気にスルターナが推された。しかしレースを制したのは意欲の連闘策で挑んできた4番人気アクティブミノル。藤岡康太騎手を背に、すいすい逃げ切った。2着に11番人気タケデンタイガー、3着にトウショウピストが入線した。

2013年 夏にこの馬!クリスマス

1番人気は初戦を7馬身差ちぎって勝ったクリスマス、2番人気は岩田康誠騎手のオールパーパス、3番人気には四位洋文騎手のビービーブレインとなった。レースでは、クリスマスがここでもスピードの違いを見せつけて2馬身差の完勝。馬名とは裏腹に暑い夏でも活躍を遂げた。2着に9番人気プラチナティアラ、3着に8番人気トーセンシルエットが入り、やや波乱となった。

2012年 夏は芦毛!ストークアンドレイ

このレース3連覇を狙う領家厩舎の管理馬アットウィルが1番人気、阪神の新馬戦を勝ったティーハーフが2番人気、クロフネ産駒の芦毛馬ストークアンドレイが3番人気となった。レースはゴール前まで大接戦となり、そこから馬群を割って伸びたストークアンドレイが差し切り重賞制覇。外から迫ったコスモシルバードが2着、粘ったティーハーフが3着となった。

2011年 初年度産駒から重賞ウィナー!ファインチョイス

重賞初制覇を狙う丹内祐次とのコンビ、コスモメガトロン、アドマイヤムーンの初年度産駒であるファインチョイス、三浦皇成騎手が鞍上のエクセルシオールの3頭が単勝オッズ10倍以下と三つ巴の戦いとなったこの年。制したのはファインチョイス。記念すべきアドマイヤムーン産駒の初重賞ウィナーになった。2着には、後に重賞4勝するアイムユアーズ、3着にナイスヘイローが差してきた。

2010年 接戦制す!マジカルポケット

混戦の様相を呈したこの年の函館2歳S。既に2戦を消化したマイネショコラーデ、同条件の新馬戦を逃げ切り勝ちしたマジカルポケット、1000mのデビュー戦を制したルリニガナの人気順になった。そしてレースを制したのはマジカルポケット。初戦とはうってかわって先行策をとったが、問題なくこなし、ゴール前でハナ差抜け出した。2着にマイネショコラーデ、3着にルリニガナが入り堅めの結末となった。

2歳戦ということもあり、予想するデータが非常に少なく、新馬戦を完勝してもこのレースであっさり負けてしまう馬も多くおり、予想が難解である。2歳世代の重賞勝ち一番乗りに輝くのはどの馬なのか?!注目だ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line