TOP > エンタメ・雑学 > 2015年3月第4週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】
エンタメ・雑学

2015年3月第4週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】

2015年3月第4週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】
今週はドバイワールドカップの速報を中心に、日本馬による海外遠征のニュースを紹介!
馬キュレ

【ドバイシーマクラシック】日本馬惜敗!

inyofu 3月28日(現地時間)、UAEドバイのメイダン競馬場で開催されているドバイミーティング2015の第8R・ドバイシーマクラシック(GI、芝2400m)はドルニヤ(牝4、仏・A.ロワイユデュプレ)が道中2番手から直線で豪快に伸び勝利を収めた。勝ちタイムは2分28秒29で、鞍上はC.スミヨン騎手。2馬身1/4差の2着がフリントシャーでフランス調教馬がワンツーを決めている。
inyofu 日本から参戦したワンアンドオンリー(牡4、栗東・橋口)は先行3番手で進み、ドルニヤの抜け出しには引き離されてしまったが渋太く脚を伸ばし2着から2馬身の3着を確保している。ハープスター(牝4、栗東・松田博)は中団で進んたが直線で伸びず8着。
昨年は【ジェンティルドンナ】が制したGI【ドバイシーマクラシック】。今年は日本からダービー馬【ワンアンドオンリー】と桜花賞馬【ハープスター】が挑んだが、両頭とも直線で抜けきれず、2年連続の日本馬制覇とはならなかった。

【ドバイワールドカップ】日本馬惨敗!

inyofu 3月28日(現地時間)、UAEドバイのメイダン競馬場で開催されているドバイミーティング2015の第9R・ドバイワールドC(GI、ダ2000m)はプリンスビショップ(セ8、UAE・S.ビン・スルール)が道中後方からじわじわとポジションを上げ、直線では豪快に抜け出し勝利した。勝ちタイムは2分3秒32で、鞍上はW.ビュイック騎手。2着は米の2014年2冠馬カリフォルニアクローム、3着が米から参戦のリー。
inyofu 日本から参戦したホッコータルマエ(牡6、栗東・西浦)は主導権を握って終始先頭でレースを進めたが、直線で差し馬勢に抵抗できず5着、エピファネイア(牡4、栗東・角居)は中団で進めたが3コーナー過ぎで早々と脚をなくし、着外に終わっている。
2011年に【ヴィクトワールピサ】が制したダートGI【ドバイワールドカップ】だが、日本勢は【ホッコータルマエ】が見せ場を作ったものの、5着に終わった。また、ダート初挑戦の菊花賞馬【エピファネイア】だが、やはりダートは不慣れの為か、着外となってしまった。

【UAEダービー】日本勢【ゴールデンバローズ】が3着! 

inyofu 3月28日(現地時間)、UAEドバイのメイダン競馬場で開催されているドバイミーティング2015の第4R・UAEダービー(GII、ダ1900m)はムブタヒージ(牡3、南ア・M.デコック)が道中中団から直線に入ると悠々抜けだし後続に圧倒的な差をつけて圧勝した。勝ちタイムは1分58秒35で、鞍上はC.スミヨン騎手。
inyofu JRAから参戦の3頭はタップザットを先頭に先団を形成して進んだが、ムブタヒージの抜け出しにまったく抵抗できずゴールデンバローズ(牡3、美浦・堀)が2着から3/4馬身差の3着、タップザット(牡3、栗東・池江)が5着、ディアドムス(牡3、美浦・高橋裕)は8着に沈んでいる。
2015年の【UAEダービー】は、ドバイワールドカップ史上でも稀にみる8馬身の大差で【ムブタヒージ】が制した。日本馬は、ほとんど無名の3歳馬【ゴールデンバローズ】が3着と健闘しており、日本に戻ってからの成長が楽しみである。

オーストラリアのGI【ザBMW】ではトゥザワールドが2着!

inyofu 3月28日、オーストラリアのローズヒルガーデンズ競馬場で開催されたザBMW(GI、芝2400m)はハートネル(セ4、豪・J.オシェア)が直線での追い比べから抜け出し優勝した。鞍上はJ.マクドナルド騎手で勝ちタイムは2分29秒50(良)。
昨年のGI【有馬記念】で2着と好走した【トゥザワールド】が、【ザBMW】でも2着と好走した。最後の直線で勝ち馬【ハートネル】と競い合ったが、最後には1と1/4馬身差をつけられた。

GI【高松宮記念】でも外国馬が活躍!

inyofu 3月29日、中京競馬場で開催された第11R・高松宮記念(GI、芝1200m)は、好位でレースを進めた4番人気エアロヴェロシティ(セン7、香港・P.オサリバン)が、直線で早めに抜け出したハクサンムーンをゴール前でとらえ勝利。初となる外国馬による高松宮記念制覇を成し遂げた。勝ちタイムは1分8秒5(稍重)で、鞍上はZ.パートン騎手。
inyofu 半馬身差の2着は6番人気ハクサンムーン、2着にハナ差の3着は3番人気ミッキーアイルが入っている。尚、1番人気に支持されたストレイトガールは13着、2番人気ダイワマッジョーレは6着、昨年の覇者コパノリチャードは5着に敗れている。
【高松宮記念】で史上初となる外国馬制覇を成し遂げた【エアロヴェロシティ】。2着には6番人気の【ハクサンムーン】が半馬身差で入っているが、この結果は日本のスプリント界に【ロードカナロア】のような絶対王者が居なくなってしまった結果であろう。

2015年3月第4週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】 
今週は、【高松宮記念】で史上初となる外国馬制覇を成し遂げた【エアロヴェロシティ】しかり、ドバイワールドカップでの日本馬の惜敗しかり、外国馬の活躍が目立った1週間であった。近年、日本競馬界のレベルが上がり、世界でも戦えるようになったが、常勝とはいかないのが競馬の難しいところであり、また面白いところであろう。
今後も続く日本馬の海外遠征に期待したい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line