TOP > レース > 【2015年函館記念】過去5年のレースをプレイバック!
レース

【2015年函館記念】過去5年のレースをプレイバック!

サマー2000シリーズ第2弾となる函館記念。過去5年のレースをプレイバック!
馬キュレ

2014年 Dr.コパ旋風!ラブイズブーシェ

1番人気は2走前にオープン特別を5馬身差の圧勝で決めたグランデッツァ、2番人気に前走の目黒記念を2着と好走したラブイズブーシェ、3番人気にオークス3着ながら斤量51キロの3歳牝馬バウンスシャッセとなった。レースでは、4コーナーからまくっていったラブイズブーシェが直線でも勢いが衰えることなく押し切って優勝。馬主のDr.コパ氏にとっては、コパノリッキー、コパノリチャードに続いてこの年3頭目の重賞ウィナーが誕生した。2着に古豪のダークシャドウ、3着にステラウインドが入った。

2013年 2000mで覚醒!トウケイヘイロー

オープン特別を勝って挑むエアソミュール、母がGⅠ馬スティンガーの良血サトノギャラント、鳴尾記念を逃げ切り勝ちしたトウケイヘイローの人気順になった。レースはスタートから先手を奪ったトウケイヘイローが、57.5キロのトップハンデをものともせずすいすい逃げ切り重賞2連勝を飾った。次走の札幌記念も逃げ切り、文句なしでこの年のサマー2000王者になった。2、3着には洋芝適性を生かしたアンコイルド、アスカクリチャンが入線した。

2012年 7歳で充実期!トランスワープ

オープンで軌道に乗ってきたトウカイパラダイス、2年前の覇者マイネルスターリー、きさらぎ賞馬ネオヴァンドームが人気を集めたが、レースを制したのはトランスワープ。同馬は次走の新潟記念も制し、サマー2000王者に輝き、7歳にして充実期を迎えた。2着に後方から追い込んだイケトップガン、先行して粘ったミッキーパンプキンが3着に踏ん張った。

2011年 高齢馬が奮闘!キングトップガン

連覇を狙うトップハンデ58キロのマイネルスターリー、武豊騎乗のミッキーペトラ、牝馬のコロンバスサークルが人気の中心を占めた。しかしレースを制したのは4番人気のキングトップガン。目黒記念に続き8歳にして重賞連勝を飾った。2着に10歳馬マヤノライジン、3着にサンデーサイレンス最後の現役産駒である8歳馬アクシオンが頑張り、高齢馬がワン・ツー・スリーとなった。

2010年 突き放した!マイネルスターリー

5.2倍の1番人気に4歳馬ジャミール、5.7倍の2番人気に札幌に良績があるマイネルスターリー、6.1倍の3番人気に同じく札幌に良績があるフィールドベアーが推された。結果は、マイネルスターリーが直線で一気に突き放し、2着ジャミールに3馬身半差をつけてゴールイン。先行した5番人気ドリームサンデーが3着に踏ん張った。

過去にエリモハリアーが3連覇を成し遂げたように、洋芝適性もしっかり問われるこのレース。札幌記念につなげるためにここではどの馬も納得のいく結果を残しておきたいであろう。また、数多くの高齢馬が穴をあけており、その馬たちの頑張りにも注目したい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line