TOP > レース > 外国馬による初制覇の快挙【2015年高松宮記念】レース結果まとめ
レース

外国馬による初制覇の快挙【2015年高松宮記念】レース結果まとめ

3月29日(日)中京競馬場で行われた上半期スプリントGI決定戦である【第45回高松宮記念】のレース結果やコメント等まとめてみた。
馬キュレ

高松宮記念はエアロヴェロシティが優勝

inyofu 中京競馬場で開催された第11R・高松宮記念(GI、芝1200m)は、好位でレースを進めた4番人気エアロヴェロシティ(セン7、香港・P.オサリバン)が、直線で早めに抜け出したハクサンムーンをゴール前でとらえ勝利。初となる外国馬による高松宮記念制覇を成し遂げた。勝ちタイムは1分8秒5(稍重)で、鞍上はZ.パートン騎手。半馬身差の2着は6番人気ハクサンムーン、2着にハナ差の3着は3番人気ミッキーアイルが入っている。尚、1番人気に支持されたストレイトガールは13着、2番人気ダイワマッジョーレは6着、昨年の覇者コパノリチャードは5着に敗れている。
inyofu ▽【エアロヴェロシティ】
父Pins
母Exodus
母父Kaapstad
通算16戦9勝 
スタート良くエアロヴェロシティは2番手のインに取り付くと、道中は折り合いに専念。雨の影響で各馬が荒れた馬場を嫌って、4コーナーで馬群が外にバラけたところを、内ラチからラインを突いてスパート。いったんはハクサンムーンに先頭に立たれたが、外から来たミッキーアイルに馬体を接するとエンジン再点火。3頭が後続を離しての争いとなったが、ハクサンムーンを半馬身差退けて勝利した。

レース後コメント パートン騎手「馬の勝とうとする信念が強かった」

inyofu 1着 エアロヴェロシティ(Z.パートン騎手)
「本当に馬の勝とうとする信念が強かったです。雨は初めてで、もしかしたらそれも影響したのか直線では苦しんでいましたが、大きなハートを持った馬です。日本が好きですし、GIを勝てたのは嬉しいです」

オサリバン調教師「この馬の勇気を見せてくれました」

inyofu オサリバン師も「日本馬のレベルは高く、勝つことの難しさは分かっていた。ジョッキーもうまく乗ってくれたし、最後はこの馬の勇気を見せてくれました」と人馬を称えた。
ポール・オサリバン師の父デイヴ・オサリバン師は89年ジャパンCをホーリックスで制しており、史上初の外国人調教師による親子JRAGI制覇となった。

またしても届かず2着 ハクサンムーン

inyofu 2着 ハクサンムーン(酒井学騎手)
「道悪でしたから、腹をくくってギリギリまで馬場のいいところを通ってレースをしました。ただ、コーナーで内にモタれたときにはノメるような面を見せていました。直線はよく踏ん張ってくれました。とにかく馬の状態がよかったことが大きいです。だからこそ、勝ちたかったですね」
一昨年の3着馬で6番人気のハクサンムーンは2、3番手を追走。直線先頭に立って力強く伸びたものの、ゴール前でエアロヴェロシティの強襲に屈した。悲願のGIタイトルに、またしてもも僅かに届かなかった。

力んで伸び欠くも3着 ミッキーアイル

inyofu 3着 ミッキーアイル(浜中俊騎手)
「展開や位置取りは思っていた通り、ハクサンムーンを見ながらレースをしましたが、また力んで走っていました。最後はその差ですね。前にカベを作ってレースを教えていけばいいと思います」
逃げ脚を武器とした3歳時から脚質を好位差しに変更しイメージチェンジしたミッキーアイル。外枠の影響か前半は少し力んで掛かり気味。好位から直線でハクサンムーンに並びかけたが、もうひと伸びを欠いて3着だった。

連覇ならず5着 コパノリチャード

inyofu 連覇を狙った5番人気コパノリチャードは好位から前を捕らえ切れず5着に敗れた。「直線では前の3頭との差を詰めるどころか、逆に開いてしまった」と武豊騎手。前年は不良馬場で「もっと馬場が悪くなるか、逆に良くなるか、どちらかの方がいいのかも」と話した。

出遅れ&外を回して6着 ダイワマッジョーレ

inyofu ダイワマッジョーレに騎乗したミルコ・デムーロは開口一番「失敗した」とつぶやいた。これはスタートの出遅れを指しているのではなく「スタートはいつも上手じゃない。外に行ったのが失敗、馬場が重かった。もっと内を狙えばよかった」と直線で大外を選択したことを悔やんだ。

無念の雨で13着 ストレイトガール

inyofu 1番人気に推されたストレイトガールは、雨で渋った力の要る馬場が響いて13着と完敗。道中は中団後ろの外めから追走し、直線も大外を通って追撃態勢に入ったが、本来の末脚は影を潜めたままだった。岩田騎手は「直線にかけようと思って、出たなり(の位置)でじっとしていた。状態はよかったが、必要以上に馬場は重かった」と肩を落とした。

その他出走馬コメント

inyofu ▼4着サドンストーム(国分優)一発があるならきょうだと思っていた。ゲートも出てスムーズな競馬ができたし、折り合いもついた。

▼7着アフォード(北出師)直線はいい脚を使っているけど、残り50メートルぐらいで脚が上がった。

▼8着サクラゴスペル(藤岡康)気を使った走りになってスペースに突っ込んでいけなかった。

▼9着トーホウアマポーラ(福永)イメージ通りの競馬はできたけど、気負って走っていて残り100メートルで止まった。

▼10着ショウナンアチーヴ(吉田隼)スタートは出ているけど、1200メートルのペースに対応できなかった。よく差は詰めている。

▼11着ワキノブレイブ(松岡)差のないところまで来ていますし、これから力を付けてくれれば。

▼12着オリービン(菱田)3~4角でノメりながら走っていて…。内枠がこたえた感じ。

▼14着レッドオーヴァル(戸崎)ハミを抜いて走らせようとしたけど、少し力んでいた。

▼15着アンバルブライベン(田中健)この馬の競馬はできました。馬場は悪いけど、単騎でいくならと思って、最内を通った。

▼16着リトルゲルダ(丸田)ある程度イメージしていた通りの位置を取れたけど、最後は極端な馬場を気にしていた。

▼17着ローブティサージュ(池添)先週の馬場だったらこの枠でいいなと思ったけど、雨で変わってしまって…。厳しかった。

日本馬からは新星誕生とは行かなかった高松宮記念。上半期スプリント王決定戦を外国馬として初めて制圧したエアロヴェロシティの次走はワールドツアーを予定。またオサリバン調教師曰く、同馬は日本の馬場に向いているらしく、秋のスプリンターズS参戦を見据えていた。香港に続いて日本も制圧し、世界のスプリント王への道を切り開いた。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line