TOP > 競走馬 > 2014年桜花賞目前!出走馬まとめ【ペイシャフェリス】
競走馬

2014年桜花賞目前!出走馬まとめ【ペイシャフェリス】

今回は、アネモネSを制して2014年4月13日開催の桜花賞の優先出走権を手に入れた
【ペイシャフェリス】をまとめてみた。
競走馬

【ペイシャフェリス】は、どんな馬なのか?


父はクラシック時、日本ダービーを制したGI4勝のスペシャルウィーク

新馬戦

動画を見る
中団で脚を溜めて直線で弾けはしたが前半がスローペースだったため、勝ち馬に届かず。
勝ち馬は、後のフラワーカップ(GIII)優勝馬だったため、レベルの高いレースだったに違いない。

4戦目で初勝利

距離短縮し初の1600mで見事勝利。
父と一緒で左回りが得意なんだろうか直線で差し返したりと勝負根性も備わっている。

桜の道 開かれる アネモネステークス

動画を見る
inyofu 1着 ペイシャフェリス 川島信二騎手
「高市調教師から『スタートが速い馬だから逃げてもいい』と言われていました。道中も気分よく走っていましたから、無理に抑えずに行ったら、追い出してからもうひと伸びしてくれました。この馬には初めて乗りましたが、戦前のイメージ通りでした。高市調教師は桜花賞が初めてと聞きました。関西に強い馬はいますが、がんばって欲しいです」
inyofu 高市圭二調教師のコメント
「前々走で3着に終わったレースが不本意だったので、今日は内枠ということもあり、思い切った競馬をしてもらおうと思いました。具合もよかったですし、1800~2000mでも走っていたので、しぶといレースはしてくれると思っていました。桜花賞までは美浦で調整する予定です。乗り役は来週のファルコンSで乗る馬がいるので、その結果次第になると思います」
内枠を活かして楽々と先頭を奪った。陣営の作戦勝ちとも言える。

父がステイヤー(長距離)タイプだけあってスタミナは豊富なので、1600m逃げ切る可能性も出てきた。
しかし、レース後は体が減るタイプで輸送もクリアしなくてはならない。当日の馬体重にも注目だ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line