TOP > 予想/馬券 > 【第59回産経大阪杯】最終追い切り情報まとめ
予想/馬券

【第59回産経大阪杯】最終追い切り情報まとめ

4月5日(日)に行われる阪神のメーン重賞【第59回産経大阪杯】今回も有力馬中心に追い切り情報やタイム等をまとめてみた。
馬キュレ

最終追い切り情報 キズナ

inyofu 昨年覇者のキズナはCWコースで先週に引き続き武豊を背に、ステイウェル(5歳1000万)と併せ最終調整。僚馬に約15馬身ほど大きく遅れてからコース入りすると独特の沈み込むようなフォームで徐々にピッチを上げてエンジン点火。直線はいっぱいに追われる僚馬を尻目に、内から馬なりのまま力強く抜け出し1馬身差突き放してフィニッシュ。 6F77秒9(ラスト1F11秒8)はこの日の栗東1番時計となる破格の内容。武豊も「凄い動きでしたね。先週よりもいい動きで、肩ムチも入れる必要はなかった。骨折明けを一度使った後の感触の良さは感じる。

スピルバーグ

inyofu 昨秋のジャパンカップ3着以来の実戦となるスピルバーグは、坂路で4ハロン56秒1-13秒2。北村宏騎手を背に、余力十分の手応えでルルーシュ(OP)と併入した。「(この馬)らしい動きでした。以前よりも馬が大きくなっています」と、北村宏騎手はさらなる成長を口にする。「この馬は、3歳時に無理をしなかったのがよかった。阪神は以前使っている(GIII毎日杯3着)けれど、当時より馬はよくなっているからね」と藤沢和調教師。

エアソミュール

inyofu エアソミュールは、M・デムーロ騎手を背にCWコースでエアウルフ(OP)と併せ馬。ウルフの直後で折り合いを重視して、馬なりのまま直線でスッーと1馬身抜け出す。ラスト1ハロンは11秒6(5ハロン68秒9)の鋭いフィニッシュを見せた。「ミルコが『馬の後ろで我慢させたい』というので直後から併せたんですが、ラストはさすがの脚いろ。前回(AJCC3着)から替えたハミの効果も出ていますね。競馬でも我慢が利けば楽しみです」。辻野助手は本格化気配を感じている。

ロゴタイプ

inyofu ロゴタイプが躍動感のある走りで状態の良さをアピールだ。美浦Wコースで単走。軽快な脚さばきでコースの内めを回り、直線では軽く仕掛けられただけで鋭く反応。5ハロン66秒7、3ハロン36秒6-12秒1の切れ味を見せた。「先週しっかりと追っているので、けさは様子を見る程度。スッと動いてくれた」と田中剛調教師は満足げな表情を浮かべる。

カレンブラックヒル

inyofu 小倉大賞典を制したカレンブラックヒルは、今回初めてのコンビとなる松山騎手を背に栗東坂路で単走。一杯に追われると、鞍上のゲキに応え馬場の真ん中を力強く走りぬけ4F51秒7-1F12秒4をマークし状態の良さをアピールした。2週続けて松山騎手が跨っており、馬とのコンタクトも万全だ。

ショウナンパンドラ

inyofu ショウナンパンドラは、先週に続いて浜中騎手が乗って坂路で追った。上がりに重点を置き、ほぼ馬なりながらラスト1ハロン12秒2(4ハロン53秒8)とシャープな伸び脚を披露した。 「今週はしまいだけの調整でしたが、先週より確実に良化していましたし、久々でも気が入っていて動ける態勢です」と浜中騎手は好感触。

その他出走馬追って一言

inyofu ▼キングズオブザサン(大林助手)中2週なのでオーバーワークにならないような調整。叩き2走目で息の入りはいい。

▼ゼロス(石橋師)重たい馬場だったが、いい時計で仕上がりはいい。自分の競馬ができれば。

▼タガノグランパ(松田博師)モタれるところもなくよく見えた。ここ2走は雨で走れていない。良馬場が理想。

▼ダノンヨーヨー(音無師)年齢的な上積みはないが、この馬なりに状態はいい。得意の舞台で。

▼デウスウルト(川田)攻めは力むけどレースで折り合いは気にならない。今が一番充実している。

▼トラストワン(庄野師)ポリトラックコースでサッと流した。上々の動き。

▼ムスカテール(友道師)先週びっしりとやって仕上がりはいい。重馬場はこなせるので相手が苦にするなら。

最終追い切りタイム一覧

inyofu トラストワン 4/1 栗東 P 良 - 80.8 63.6 49.4 36.4 - 11.6
エアソミュール 4/1 栗東 CW 良 - - 68.7 52.7 38.3 - 11.7
キズナ 4/1 栗東 CW 良 94.3 77.9 63.3 49.6 36.6 - 11.8
キングズオブザサン 4/1 栗東 P 良 - - 63.1 49.3 35.9 - 11.9
ラキシス 4/1 栗東 CW 良 - 84.2 67.4 52.4 38.4 - 12.0
ロゴタイプ 4/1 美浦 南W 良 - - 66.7 50.2 36.5 - 12.1
ショウナンパンドラ 4/1 栗東 坂路 良 - - - 53.8 39.6 25.2 12.2
カレンブラックヒル 4/1 栗東 坂路 良 - - - 51.7 37.8 24.9 12.4
ゼロス 4/1 栗東 坂路 良 - - - 52.4 38.1 25.1 12.4
タガノグランパ 4/1 栗東 CW 良 - 83.8 67.3 52.4 38.0 - 12.5
ムスカテール 4/1 栗東 坂路 良 - - - 53.5 38.0 25.0 12.7
スピルバーグ 4/1 美浦 坂路 良 - - - 56.1 40.1 26.2 13.2
ダノンヨーヨー 4/1 栗東 坂路 良 - - - 51.6 38.2 25.7 13.4

みんなの調教評価は


【産経大阪杯】うまキュレ班が独自の追い切り推奨馬は、キズナ、エアソミュール、ロゴタイプ、スピルバーグ、カレンブラックヒル。各馬ハイレベルな仕上げで頭数絞りにくかったがなんとか5頭に絞り込んだ。特にキズナは一週前も好タイム&最終もゴール前強めでこの猛時計。抜群の動きで栗CWコース5ハロン全体で1番の好タイムを記録。前走時の猛時計を更に上回ってきたので、今回叩き2戦目で明らかに状態は良いだろう。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line