TOP > 競走馬 > 【2015年関屋記念】脚質に幅。立て直され力発揮できる状態! カフェブリリアント
競走馬

【2015年関屋記念】脚質に幅。立て直され力発揮できる状態! カフェブリリアント

3連勝でGⅡ・阪神牝馬Sを制したのち、初めて挑んだGⅠ・ヴィクトリアマイルでは勝ち馬から0秒5差の5着に頑張ったカフェブリリアント。昨年のこの時期はまだ500万条件でくすぶっていたが、暮れの1000万条件を勝利するとそこからとんとん拍子で重賞制覇にこぎつけた。5歳になって一皮むけた今年、秋のGⅠへつなげるために重賞タイトルを積み重ねたいはずだ。2012年ドナウブルー以来となる牝馬Vを目指すカフェブリリアントについてまとめてみた。
馬キュレ

【関屋記念】カフェブリリアントの状態は!?

本馬は美浦の南ウッドコースで5ハロン69秒8を単走で計時し1週前追い切りを消化。時計も際立つ数字ではなく、前走から間隔が空いていて完璧な仕上げに持っていくことは簡単ではないかもしれないが、それなりに力を発揮できる状態になれるのか、今週の追い切りに注目である。また、陣営は牡馬との力関係を心配しているようだが、牡馬混合の条件戦で4勝を挙げているのでそこまで気にしなくて良いだろう。
inyofu カフェブリリアントの1週前追い切りは南ウッド単走で5ハロン69・8―39・0―12・7秒。目立つ数字ではないが、ここ目標に乗り込まれて馬体はスカッと仕上がった。力を出せる状態。
橋本助手「前走(ヴィクトリアマイル=5着)の勝ち馬(ストレイトガール)は強かったけど、その他の馬とは互角の走り。レースぶりは安定してきたし、ここにきて本当に力をつけてきた。短期放牧明けも仕上がりは順調。新潟コースとの相性は抜群だし、ポイントは牡馬相手になるでしょう」

【節分S】1番人気馬退け勝利!

東京芝のマイル戦の節分Sに出走したカフェブリリアント。11番手を追走したカフェブリリアントは、最後の直線で軽快な伸び足を披露し1着でゴール。2着のアデイインザライフは皐月賞にも出走した素質馬であり、この勝利は価値のあるものといえる。
inyofu 1着 カフェブリリアント(福永祐一騎手) 「手応え十分でしたが、早めに追い出さないように注意しました。見ての通り、最後までしっかりとした走りでした。小柄な馬ですが、牝馬のレースを使っていけばオープンでも楽しみだと思います」

【阪神牝馬S】3連勝で重賞V!

連勝の勢いに乗り重賞初挑戦に挑んだカフェブリリアント。4番人気に支持されていた。好スタートを切ったカフェブリリアントはいつもより前目の位置での競馬を試みる。ロスのないレースぶりで最後の直線を向くと、逃げたベルルミエールをクビ差捉えて、先頭でゴールした。
inyofu 1着 カフェブリリアント(福永祐一騎手) 「今日はスタートしてから馬なりでいいポジションをとれました。あまり出していくとムキになってしまいますから、イメージ通りに運ぶことができました。2着馬はしぶとかったのですが、追って伸びることはわかっていましたから、心配していませんでした。次はマイルということになりそうですが、レースの幅は広がりましたね。楽しみです」

【ヴィクトリアマイル】特殊なレースの中5着を確保!

初めて挑んだGⅠであったが、3連勝の勢いを買われ4番人気に推された。大逃げを打つ馬が出てきて縦長の展開になるなか、道中は中団馬群に位置取る。4コーナーでは勝ったストレイトガールと同じポジションにいたが、そこからはじりじりとしか伸びず5着に入線した。しかし初GⅠ挑戦で5着に頑張ったのは十分評価できる。
inyofu 5着 カフェブリリアント(福永祐一騎手) 「枠なりで流れに乗れました。直線でも勝ち馬のそばにいて、同じように伸びてくれたらと思っていました。伸びてはくれましたが、速い流れで縦長の展開だったので、きついレースになりました。徐々に力をつけてきた馬で、GIの厳しい流れのなかでよくがんばってくれました。これからの馬ですし、GIでもやれる力を見せてくれました」

現時点での予想オッズは3番人気の好評価である。関屋記念と同じ新潟のマイルコースで、最後方から驚異の上がり3ハロン32秒1の脚を繰り出して勝った実績を持っており、コース相性はバッチリである。また、カフェブリリアントは、全盛期からかなり減ってしまった大種牡馬ブライアンズタイムの数少ない産駒。その名を再び輝かせるために、本馬は前走よりメンバーレベルが大幅に落ちる今回勝ってほしいところだ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line