TOP > 競走馬 > 「ヤングマンパワー」走りも安定!先行して力を出し切る【東京新聞杯】
競走馬

「ヤングマンパワー」走りも安定!先行して力を出し切る【東京新聞杯】

昨年重賞2勝を含む3勝を挙げ、4歳夏から軌道に乗ってきたヤングマンパワー。前走のマイルCSでの惨敗は不可解だが、5歳を迎えた今年もマイル路線での活躍が期待されている。得意の左回りマイル戦で重賞4勝目を狙うヤングマンパワーについてまとめてみた。
ヤングマンパワー

【関屋記念】しぶとい末脚で重賞2勝目!

スタートから3コーナーまでペースメーカーが二転三転する忙しい展開になる中、外目の6番手でレースを進める。長い直線に入り馬場の3分どころからスパートすると、押し切りを図るダノンリバティをキッチリと差し切り重賞2勝目を飾った。
動画を見る
inyofu 1着 ヤングマンパワー(戸崎圭太騎手) 「スタートを出てくれる馬ですし、ある程度の位置にいたかったです。外から来られたのは誤算でしたがいいリズムで運べました。手応え十分でタイミングを見ていけました。元々、楽勝するようなタイプではないですし、乗りやすく、毎回しっかり走ってくれます。走る素質のある馬で、いい時に乗せてもらいました。この先も楽しみです」

【富士S】充実の3連勝!いざ大舞台へ!

好スタートを決めると内の3番手で折り合いをつける。抜群の手応えで直線を迎えると逃げ馬を内から交わし、そのまま突き抜け3連勝。戸崎騎手も唸った成長力で大舞台へ向かうこととなった。
動画を見る
inyofu 1着 ヤングマンパワー(戸崎騎手) 「強かったですね。道中から手応えも良く、どういう競馬も出来るので強気に行きました。これだけ力をつけていますし、京都のレースも楽しみです」

【マイルCS】終始反応なくまさかの惨敗…

3連勝の勢いで一気にGⅠ制覇を狙った本馬。初コンビのバルザローナ騎手を背に4番人気の支持を受けた。レースでは周りのスピードも速く、いつもより後ろからの競馬となる。京都コース特有のスピード勝負に戸惑ったのか、最後まで見せ場を作れず16着に終わった。
動画を見る
inyofu 16着ヤングマンパワー(バルザローナ)スタートは出たが道中フワフワしてレースに参加してない感じ。力を出せなかった。

【東京新聞杯】条件好転で仕切り直しの一戦!

inyofu 坂路で3頭併せの最後方から内に入り、外シベリアンスパーブ(古馬オープン)に2馬身、中ライバーバード(3歳未勝利)に半馬身先着した。
4ハロン52秒2-11秒9と時計も文句なし。手塚師は「良かったね。前走は右回りと鞍上とのコミュニケーションの関係で力を出せなかった。慣れた騎手と左回りであらためて期待。久々も大丈夫」と力強い。

GⅠで惨敗しても巻き返せる裏付けあり!

inyofu 過去10年の東京新聞杯では「4走前までにGI またはGII で5着以下に敗れていた」という経歴を持っている馬が毎年連対している。これに該当した馬たちの中には、人気薄だった馬も少なくない。予想するときには、この点を組み入れてみると面白いかもしれない。

これまでのレースを見ても着差をつけて勝つタイプではないものの、しぶとい末脚が生きる展開が一番得意なように思える。彼の特徴の一つである首の高い走りは相変わらずだが、乗り慣れた戸崎騎手に戻るのはプラスに働くはずだ。大目標の安田記念へ向け、今年初戦で好ダッシュを決めたい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line