TOP > レース > 【2015年中山グランドジャンプ】過去5年のレースをプレイバック!
レース

【2015年中山グランドジャンプ】過去5年のレースをプレイバック!

国内最高峰の障害レース・中山グランドジャンプ。過去5年のレースをプレイバック!
馬キュレ

2014年 断然の支持に応え逃げ切り勝ち!アポロマーベリック

1番人気はアポロマーベリック。前年の中山大障害を制し、前走のペガサスジャンプSも勝利していた。単勝オッズは1.4倍と抜けた人気。オースミムーン、メイショウブシドウと人気は続き、この3頭が単勝オッズ1ケタ台の人気だった。レースはスタートから先頭に立ったアポロマーベリックが5馬身差の圧勝。GⅠ2勝目を挙げた。2着は8番人気のコスモソユーズ。メイショウブシドウが3着だった。

2013年 6年ぶりの外国馬勝利!ブラックステアマウンテン

1番人気は前年のこのレースの2着馬バアゼルリバー。障害重賞では安定した走りを見せていた。ペガサスジャンプSを勝ったリキアイクロフネが2番人気。シゲルジュウヤク、ハクサンまでの4頭が単勝オッズ1ケタ台の人気だった。レースを制したのは8番人気のブラックステアマウンテン。前走のペガサスジャンプSでは3番人気で9着と人気を裏切ったが、2度目の中山コースでのレースで力のあるところを見せつけた。外国馬の勝利は3連覇を達成したカラジ以来、6年ぶりだった。

2012年 8馬身差の圧勝!マジェスティバイオ

1番人気はマジェスティバイオ。前年の中山大障害を制し、前走のペガサスジャンプSも勝利していた。単勝オッズは1.5倍と抜けた人気。2番人気はバアゼルリバー。単勝オッズは4.5倍。大きく離れてアグネスラナップがこれに続いた。レースは人気の2頭が最後の障害をほぼ同時に飛越。一騎打ちになるかと思われたが、マジェスティバイオが突き抜け、8馬身差の圧勝でゴールした。

2011年 2連勝でGⅠ到達!マイネルネオス

1番人気はオープンガーデン。前年の中山大障害では2着、前走の阪神スプリングJでは1着だった。単勝オッズは2.6倍。2番人気は柴田大知騎手騎乗のマイネルネオス。以下テイエムトッパズレ、エーシンダードマンと続き、メルシーエイタイムまでの5頭が単勝オッズ1ケタ台の人気だった。レースはゴール前でメルシーエイタイムをマイネルネオスが捉えて先頭でゴールした。オープンガーデンは4着に敗れた。

2010年 クビ差の接戦制す!メルシーモンサン

1番人気は8歳馬のメルシーエイタイム。GⅠ勝ちの経験もあり、単勝オッズは1.9倍だった。2番人気はトーワベガ、ショウリュウケンが3番人気だった。レースは残り障害が3つのところでメルシーエイタイムが落馬するアクシデントが起きる。本命馬不在となったレースを制したのは8番人気のメルシーモンサン。追いすがるオープンガーデンの追撃をクビ差凌いで先頭でゴールした。

過去5年の優勝馬は、すべて前走が中山競馬場の障害3200m以上のレースだった。今年もこの傾向は続くか?トップジャンパーの馬同士の熱戦に期待が高まる。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line