TOP > 競走馬 > 1番人気はいらない、1着がほしい。1997年皐月賞馬サニーブライアン
競走馬

1番人気はいらない、1着がほしい。1997年皐月賞馬サニーブライアン

3歳クラッシックの1つである皐月賞。1997年の皐月賞と日本ダービーを人気薄で逃げて勝利したサニーブライアン。大西直宏騎手の「1番人気はいらない、1着がほしい」というコメントも印象的である。フロックでもなんでもない、2冠達成したサニーブライアンについてまとめてみた。
馬キュレ

デビュー戦は勝利するものの、凡走続きで日陰の存在

inyofu サニーブライアンは名前の通りブライアンズタイム産駒で叔父にダービー2着の サニースワローがいる良血馬。新馬戦は快勝しますがその後はなかなか勝ちに恵まれず 決して目立った存在ではありませんでした。一方の大西騎手も人柄は信頼される存在ながら なかなか勝ち星には恵まれずローカルを転々としているような感じで 調教師転向もうわさされるような地味な存在でした。
1996年10月5日の東京競馬場の新馬戦で勝ち、2勝目は年明け6戦目のオープン特別・ジュニアカップ(中山司馬2000m)。スローで逃げオープン馬となった。
inyofu 次走の皐月賞トライアル・弥生賞でランニングゲイルの3着に入り、皐月賞の優先出走権を得た。太りやすい体質であったサニーブライアンは優先出走権を既に持っていながら、中2週で再び皐月賞トライアル・若葉ステークスに出走、生涯最初で最後の1番人気となった。結果は逃げることができず、シルクライトニングの4着に敗れた。この敗戦により皐月賞では人気を格段に落とすこととなる。

11番人気で挑んだ1997年 皐月賞

inyofu その年、1997年のクラシックは盛り上がっていました。 メジロライアン初年度産駒のメジロブライト。 ランニングフリー産駒という超マイナー血統のランニングゲイル。 サンデーサイレンス産駒のサイレンススズカ。 ブライアンズタイム産駒のシルクジャスティス。 サンデーサイレンスをはじめとした輸入種牡馬全盛の時代。 メジロブライト、ランニングゲイルがマル父の星として クラシックに挑むという図式でした。 対するサニーブライアン。 皐月賞までほとんど目立たぬ馬でした。
inyofu 9戦目の皐月賞では11番人気、大外18番枠となった。スタートダッシュがあまり良くない馬のため、大西直宏は外から包まれない大外枠を事前に望んでおり、まさに思惑通りとなった。道中掛かり気味に飛ばすテイエムキングオーにいったん先頭を譲るが、第3コーナー辺りから再び先頭に立つと、そのまま2着のシルクライトニングをクビ差振り切り勝利した。メジロブライトやランニングゲイルら同レースの上位人気馬が揃って差し・追い込み脚質だった事もあり、サニーブライアンの勝利は「後方待機していた馬が牽制しあい、また不利を受けたことによるフロック」という評価が大半であった。

フロックでもなんでもない!日本ダービー勝利

inyofu 当日の単勝オッズは6番人気、一冠目の覇者としては不当と言えるほど低い評価にとどまった。しかし大西直宏騎手は皐月賞以上の感触を携えてレースに臨んでいた。その感触を勝利に結びつけたのが強固な“意志”だった。「持ち味を生かし切るためにも絶対に先手を奪う」。宣言通り、大外枠から気迫に満ちたスタートダッシュを決めて主導権を握った人馬は、ゆったりとした流れに持ち込んで脚力を温存、直線ではしぶとい末脚を繰り出し、とうとう最後まで後続を寄せつけなかった。
大西はずっと「逃げ」宣言をしており、サイレンススズカをはじめ他馬が逃げを控えたためにややスローペースに持ち込めた。1度も先頭を譲らずに、2着のシルクジャスティスや後方集団を抑えて堂々の勝利。
inyofu レース後のインタビューでは、人気薄であったことについての感想として、大西は「評価はどうでもよかった。1番人気はいらないから1着だけ欲しい、と思っていました」と語っている。

3冠を目指すも、骨折。引退、種牡馬へ

inyofu しかしその後、ダービーのレース中に骨折していたことが判明。全治に6ヶ月ほどかかることから、サニーブライアンは菊花賞を断念せざるを得なくなり、三冠馬になる夢は潰えた。ただ、この年の有馬記念でシルクジャスティスが古馬相手に勝利したことでサニーブライアンの二冠の価値は高まった。 翌1998年、骨折が癒えたサニーブライアンは目標を天皇賞(春)に定め、アメリカジョッキークラブカップから始動するつもりでいたが、今度は調教中に屈腱炎を発症してしまう。屈腱炎発症後、「来年(1999年)の天皇賞(春)を目指す」という話も当時各誌で言われていたが、結局復帰することなくそのまま引退し、種牡馬となった。
種牡馬としては、重賞勝ち馬2頭を輩出。交配相手に恵まれているとは言えなかったが、勝ち上がり率は高かった。

2011年3月3日、疝痛のため余生を終える

inyofu 1997年の2冠馬で、浦河町のうらかわ優駿ビレッジAERU(アエル)に繋養されていたサニーブライアン(セン17歳、父ブライアンズタイム)が3月3日午後10時、疝痛のため死亡した。
inyofu 同馬を管理していた、うらかわ優駿ビレッジAERUでは「功労馬の中で一番やんちゃな性格だった。年齢も若く、まさかの気持ちでいっぱい。今はただ、安らかに眠ってほしいです」と冥福を祈っていた。


皐月賞を二桁人気で制したサニーブライアンと大西騎手は多くの人に強烈な印象を残した。フロックではなく日本ダービーも勝ち2冠達成。もしも、サニーブライアンが菊花賞に出走できていたら・・・同じ逃げ馬・サイレンススズカとまた戦ったら今度はどちらが勝つのだろうか・・・想像をしてみるのも面白い。17歳という若さで余生を終え、多くのファンが悲しんだ。名馬多き世代の2冠馬・サニーブライアンはこれからも多くの人に語り継がれていくだろう。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line