TOP > 競走馬 > 【2015年皐月賞】ルドルフ・ディープに続け!クラウン&キタサン偉業への挑戦!
競走馬

【2015年皐月賞】ルドルフ・ディープに続け!クラウン&キタサン偉業への挑戦!

皐月賞はクラシック牡馬3冠の第1弾である。このレースを制した馬だけが、3冠達成のチャンスを得ることができる。これまで7頭の馬がこの栄誉ある3冠馬の称号を手にしてきたが、その内の2頭は無敗でこれを達成した。シンボリルドルフとディープインパクトである。そして今年、この名馬に続く可能性のある馬が2頭も皐月賞に出走する。サトノクラウンとキタサンブラックだ。果たしてこの2頭は皐月賞も制し、無敗の3冠馬への道を歩めるのか?シンボリルドルフとディープインパクトの皐月賞のレースと、サトノクラウンとキタサンブラックの前走についてまとめてみた。
馬キュレ

【皐月賞】1984年の皐月賞レコードでまず1冠!シンボリルドルフ

この年、シンボリルドルフの他に岡部騎手にはビゼンニシキというもう1頭のお手馬がいた。弥生賞で直接対決をすることになり岡部騎手がどちらに騎乗するかに注目が集まったが、選んだのはシンボリルドルフ。この時の判断について岡部騎手は「選択するとか迷うとかそういう次元じゃなかった。問題なくシンボリルドルフ。」と述べている。その弥生賞では1番人気こそビゼンニシキに譲る形となったが、1馬身4分の3差で破った。続く皐月賞は馬体重を前走から22キロも減らしたが、1番人気に支持された。レースでは3番手を追走し、4コーナーでは先頭に立つ。直線に入ると、外のビゼンニシキとの一騎打ちに。最後は1馬身4分の1抑えてレースレコードで勝利。レース後の表彰式では三冠を意識して岡部が一冠を示す1本指を指し示した。

【皐月賞】2005年 落馬寸前の不利もなんのその!"飛ぶ"走りで3冠へ邁進!ディープインパクト

デビューから3戦3勝で皐月賞に駒を進めてきたディープインパクト。このレースではトキノミノルに次ぐ史上2位の単勝支持率63.0%(1.3倍)を獲得した。ゲートが開いた直後に落馬寸前まで体勢を崩し、最後方からの競馬となったディープインパクト。4コーナーを回り直線に入ると、デビュー以来初めて鞭が入れられる。そこからグイグイと脚を伸ばすと最後は2着のシックスセンスに2馬身半差をつける完勝。レース後のインタビューで騎乗した武豊騎手は「走っていると言うより飛んでいる感じなんでね」と話した。表彰式ではシンボリルドルフで3冠を達成した岡部騎手同様に、武豊騎手は3冠宣言とも受け取れる指を1本立てるパフォーマンスを見せた。

岡部騎手、武豊騎手共に皐月賞を勝利した段階で、もしかするとそれ以前から3冠達成の自信があったと読み取れる表彰式でのパフォーマンス。その期待に応えた2頭の走りは見事なものであった。

【弥生賞】完璧な走りでクラシックの主役に躍り出る!サトノクラウン

デビュー2戦目の東京スポーツ杯2歳Sでは馬群を割って伸びる勝負根性を見せ、重賞制覇を飾ったサトノクラウン。十分に休養を取り、年明け初戦に陣営が選んだのは弥生賞だった。皐月賞と同じ舞台で行われる最重要ステップレースで、サトノクラウンは2番人気に支持された。同じく2戦2勝のシャイニングレイとの対決に注目が集まったが、この2頭の走りは対照的なものに。馬場入りの段階から落ち着かない様子を見せるシャイニングレイに対し、どっしりと構えた様子のサトノクラウン。レースでは最後の直線で失速するシャイニングレイを尻目にサトノクラウンが一気に突き抜けた。懸念されたスタートも難なくこなし、この勝利でサトノクラウンはクラシックの主役候補に躍り出た。

【スプリングS】新星誕生!立ち回りの上手さを生かし3連勝!キタサンブラック

新馬戦、500万下のレースを2連勝したキタサンブラック。続く3戦目はスプリングSだった。逃げるタケデンタイガーを2番手で見る形でレースを進めたキタサンブラック。直線に向くとすぐに先頭に立ち、スパートを開始。2歳王者ダノンプラチナ、共同通信杯勝ち馬リアルスティールが迫る中、最後まで脚色は衰えることは無く先頭でゴールした。キタサンブラックはこれで無傷の3連勝。オーナーは演歌の大御所・北島三郎であるが、北島自身が北海道の牧場に赴き「顔つきにほれた」と購入を決めたキタサンブラック。これまでのレースで見せた立ち回りの上手さは世代トップクラスであり、クラシックシーズンを目前にして新たな主役候補として名乗りを挙げた。

日本の競馬の歴史で2頭しか達成していない"無敗での牡馬3冠レース勝利"。この2頭と肩を並べるためにはまず皐月賞を突破しなければいけないが、サトノクラウンとキタサンブラックの前走を振り返ると十分にその可能性があると言える。中山コースでしっかり結果を出せたのは大きな収穫だ。不安材料を挙げるとすれば2頭ともに乗り替わりになることだが、気難しい面を見せる馬ではないので心配はないだろう。3歳牡馬のトップクラスが一堂に会した皐月賞。一体この2頭はどんな走りを見せてくれるのか?

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line