TOP > 予想/馬券 > 3連単23万馬券的中か!?【第75回桜花賞】注目予想家的中結果まとめ
予想/馬券

3連単23万馬券的中か!?【第75回桜花賞】注目予想家的中結果まとめ

前回の産経大阪杯から引き続きうまキュレ班御用達の予想家ブログから【第75回桜花賞】の予想結果を追いかけてみた。
馬キュレ

桜花賞はレッツゴードンキが優勝

inyofu 4月12日、阪神競馬場で開催された第11R・桜花賞(GI、芝1600m)は、ハナを奪いマイペースのままレースを進めた5番人気レッツゴードンキ(牝3、栗東・梅田)が、抜群の手応えで直線を向かえると、鞍上岩田騎手のゴーサインに反応し後続を突き放す一気の伸びをみせ、2着クルミナルに4馬身差をつける快勝で桜花賞を制した。勝ちタイムは1分36秒0(良)で、鞍上は岩田騎手。4馬身差の2着は7番人気クルミナル、2着に3/4馬身差の3着は8番人気コンテッサトゥーレが入っている。尚、断然の1番人気に支持されていたルージュバックは9着に敗れている。
inyofu 配当は単勝1020円、馬連7860円、馬単1万7370円、3連複3万4480円、3連単23万3390円。

【専ら軸馬・穴馬 2015 データ 血統 予想】

inyofu 土曜日の重賞レースであった阪神牝馬SとニュージーランドTはW的中となったので、予想記事でも3連勝はないかもと弱気発言+桜花賞の推奨馬4頭以外の馬たちで決着もあるかもと書いたんですが、まさにその通りになりました(笑)。そんな予想を振り返ります。以下の通りです。
<桜花賞 2015 予想>
◎軸馬:15ココロノアイ
◯対抗馬1:8ルージュバック
▲対抗馬2:H人気ブログランキング(※アンドリエッテでした。)
△穴馬:H人気ブログランキング(※キャットコインでした。)
☆流し:1、3、4、5、10、12、17、18番以外
軸馬は穴馬からをモットーに予想を展開するもっぱら氏のブログ。先週は大阪杯まとめで的中した同氏も阪神7Rの結果を見て、予想前からの悪い予感がさらに高まりそこからの超スローペースは想定できなかった模様だ。

【中穴狙いの競馬予想】

inyofu ◎ アンドリエッテ
なんとか日曜日は晴れそう。典型的な瞬発力勝負になれば頭の可能性はある。

〇 ルージュバック
圧勝しても驚かないが、隙が無いわけではなさそう。

▲ レッツゴードンキ
常に善戦。安定しているので高確率で馬券に絡む。

△ ココロノアイ
雨が続けばチャンスだったが、良馬場ならプラス材料は少ない。

× ムーンエクスプレス
内枠の逃げ馬。展開を作れればチャンスはある。

× キャットコイン
3頭いる無敗馬のうちの1頭。母父は今最も熱いストームキャット。

× クイーンズリング
この無敗馬も伊達ではないはず。鞍上も安心のM・デムーロ。

馬券は

◎単複
◎馬連 相手〇▲△×××
◎〇三連複 相手 ▲△×××
◎▲三連複 相手 △×××
◎〇1着2着 三連単 相手 ▲△×××
豊富な展望予想なおかつ的中率も高いたいせー氏のブログ。前回の大阪杯まとめでは3連単的中の同氏の本命はアンドリエッテ。ルージュバックをマークしながらの競馬だったが結果的にそれが選択ミスとなって6着。上がりは差し速&敗因も明確なので次走は巻き返しありそうだ。同氏としては珍しく土日共に重賞不的中となった。

【天童なこオフィシャルブログ】

inyofu ◎9アンドリエッテ
○8ルージュバック
▲6レッツゴードンキ
☆7クルミナル
△13クイーンズリング
△15ココロノアイ
inyofu 本命は、アンドリエッテ
今回、栗東坂路で追い切りをして加速ラップだった馬は何頭かいますが、本命はアンドリエッテに 一番の理由は、最終追い切りが今までで一番の加速ラップだったということ 未勝利から今回まで、全て最終追い切りは栗東坂路で加速ラップなんですが、今回はラスト1Fが0.7秒速くなる、加速ラップを踏めています ちなみにラスト1F、12.4秒というのも、自己最速 新馬戦は状態がまだまだでしたが、未勝利、クイーンカップ、チューリップ賞と使うごとに状態、馬が良くなってきていますし今回は相当仕上がった状態だろうと思います 1回使うごとに調教に比例してパフォーマンスもきっちり上げてきている優秀な馬ですし、ここでも能力は見劣りしませんし、これだけの加速ラップを踏める馬ならこの舞台は絶好でしょうし本命に
独自の好走調教データを持っているタレント天童なこの予想ブログ。彼女の本命もアンドリエッテ。対抗馬のルージュバックと同様、追い切りでは良い動きを見せてはいたものの、あのスローペースでは後ろから届かない。なお同ブログに掲載された福島5Rは的中。本人曰くクラシック音痴となりつつあるようだ。

【少年は競馬場で推理する】

inyofu  -指針- 自信度★★
本命はレッツゴードンキ。
あとは桜花賞の鬼ディープ産駒に流すイメージ。

◎レッツゴードンキ
○クルミナル
▲ムーンエクスプレス
△テンダリーヴォイス

◎レッツゴードンキ
キングカメハメハ×マーベラスサンデーのLC系。
血統的にいかにも量豊富なタイプで、デニムアンドルビーみたいなイメージ。
前走は掛かって慣れない逃げの競馬で負けただけ。今回差しに回れば。
ストレス無ければ馬群を割れるタイプで、内枠の岩田なら。

・2番手以下の短評
○クルミナル
ディープインパクト×Candy StripesのCL系。
エルフィンを好走しつつ雨のチューリップ賞を負けた馬には過去チアズグレイスがいた。
1人気からの人気落ちで、良替わりなら。馬体を戻せたのもプラス。
▲ムーンエクスプレス
アドマイヤムーン×メジロライアンのSM系。
阪神JFを人気薄激走後にFRでも来たのは驚いた。人気急落のまとまり系。
△テンダリーヴォイス
外枠のディープ。流れを持っている牝馬マイル戦の鬼福永鞍上。単だけ押さえ。

◎ 単200円
○ 単200円
▲ 単100円
△ 単100円
◎、○、▲ 馬連BOX100円
◎、○、▲ ワイドBOX200円。計1500円。
Mの法則(競馬予想家である今井雅宏氏が発見した競走馬の法則)をメインに馬券を組み立てるブライト氏のブログ。前回大阪杯まとめでの予想はお休みだったが、その分パワーアップして帰ってきたようだ。本命対抗とドンピシャで馬連、ワイド的中。同士もスローペースは想定できなかったが結果オーライだ。

今週の馬キュン!は?

今週の馬キュンは、ゲストに万券クイーン松中みなみを迎えて予想対決。今回はレッツゴードンキ不在&馬券的中もなしという結果に終わった。しかし馬キュンカードでは、レッツゴードンキの追い切り内容や状態面が最高の評価情報を提供。また特別編では、メンバーイチ押し馬のほとんどが馬券に絡む内容で番組としてはかなり盛り上がった印象だ。

【こりゃ深すぎるww覆面馬主の馬券談義!】

1号の予想
inyofu ◎キャットコイン
〇ルージュバック
▲ココロノアイ
☆レッツゴードンキ
△クイーンズリング
△コンテッサトゥーレ
△アンドリエッテ
△ペルフィカ

馬券は、まず、キャットコインの単複!そして、ルージュバックとの馬単裏表。ココロノアイと馬単裏表。以下、印への馬単。それと、軸一頭の三連複。馬群をさばく達人、善臣さんが直線抜け出すシーンを楽しみにしよう!
2号の予想
inyofu ◎レッツゴードンキ
〇ルージュバック
▲ココロノアイ
☆アンドリエッテ
△クイーンズリング
△キャットコイン
△コンテッサトゥーレ

ここまでは妄想で導き出した予想。

この予想をどのようにして買うか?ここは現実的な買い方が必要かと思っております。

まず、馬単で◎⇒〇1点、馬連で◎=〇1点。
つづいて、◎からの馬連で▲~△までの5点を少々

ルージュバックが頭だと3連単はさほど付かないでしょうから、3連系の本線は3連複で。
3連複◎〇2頭軸から印へ5点。

1強ムードの時に実は美味しいのが2・3着のワイド。 ワイドで◎=▲、◎=☆の2点

最後に、ルージュバックが取りこぼすとしたら?という設定の3連単フォーメーション
1着 ◎▲
2着 ◎〇▲☆△△△
3着 ◎〇▲☆△△△

この60点を少々。
inyofu 上記以外の馬で気になるのがクルミナルとムーンエクスプレス。
クルミナルは押さえるかどうかはパドック次第。元々気性が非常に悪いのでなかなかアテにはしづらいタイプだが、良馬場ではまった時の破壊力は無視しづらい。
3号の予想
inyofu ◎アンドリエッテ
○ルージュバック
▲レッツゴードンキ
☆ココロノアイ
△クルミナル
△キャットコイン
穴コンテッサトゥーレ
穴ムーンエクスプレス
ブログ記事から一転、うまキュレサイトで予想することになった覆面馬主達の予想コラム。前回1号が大阪杯を馬単、3連複的中で一人勝ち。この勢いでGIも手中に収めたかったが、本命のキャットコインが6着で馬券ならず。2号は本命レッツゴードンキから印もクリミナル抜けで不的中・・・と思いきやパドック次第では押さえると言っていたので馬連、3連単の高配当GETの可能性がかなり高い!3号は3着まで印があるものの、軸違いで不的中。キングカメハメハ産駒の桜花賞勝率が低いので軸にしずらいのも納得できる。

↓↓↓覆面馬主達の予想結果の詳細はこちら↓↓↓

良馬場発表で前半3ハロンのタイムに限れば、桜花賞史上最も遅いのではないかと思える超スローペース。いくら逃げ馬不在と言っても予想家の誰もが想定できなかったのではないだろうか?うまキュレ班も前目で競馬してくれると予想していたルージュバックは後方待機で撃沈。枠や血統面のデータからも3着には来るだろうと決めつけていたのが敗因。まず抜けた1番人気は疑ってかかる事から始めないと大きなレースは取れない。次の皐月賞は今回の敗因を踏まえて当てに行きたい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line