TOP > 地方競馬 > 名馬誕生の予感?名物レース【笠松競馬場編】
地方競馬

名馬誕生の予感?名物レース【笠松競馬場編】

パドックが正面馬場にありスタンドに居ながら、コース越しに出走馬の状態が見られる珍しい競馬場。
名馬、名騎手の地で知られている。今回は、その名馬が辿ったレースを紹介。
競走馬

【ジュニアクラウン】

inyofu ジュニアクラウンとは岐阜県地方競馬組合が笠松競馬場のダート1400メートルで施行する、2歳馬による競馬の競走(平地競走)である。
後に紹介する名馬オグリキャップが初めて重賞を勝利したレースである。

【ゴールドジュニア】

inyofu 1977年に笠松競馬場のダート1600mのサラブレッド系4歳(現3歳)牡馬・牝馬の東海所属馬限定の別定重量の重賞競走「名古屋タイムズ杯 ゴールドジュニア」として創設。
inyofu 1996年度(1997年)からは東海地区重賞格付け制度施行によりSPIII(スーパープレステージスリー)に格付けされ、更に北陸・東海地区交流競走として施行、金沢所属の競走馬が出走可能になり、この年から1着馬のみ、中央競馬の皐月賞のトライアル競走の北陸・東海地区(2000年からは近畿地区、2007年からは中国地区を含む)のブロック代表馬として皐月賞トライアル(弥生賞・スプリングステークス・若葉ステークス)への出走権が与えられる。
2010年に優勝したラブミーチャンは、新馬戦からこのレースまで6連勝を飾り笠松競馬の新しい新星として注目を浴びる。
動画を見る

【笠松グランプリ】

inyofu 笠松グランプリ(かさまつぐらんぷり)とは日本の岐阜県地方競馬組合が笠松競馬場のダート1400mで施行する地方競馬の重賞(SPI)競走である。
inyofu 2004年まで交流重賞として全日本サラブレッドカップの名称で行われていたが、2005年は赤字予算であることから重賞競走の見直しが行われたためダート格付け委員会のグレードが外れて中央・地方全国交流競走ではなく東海・北陸・近畿交流競走となり、この変更に伴い競走名も変更された。
2012年に地方全国交流競走となってから、地方を代表する名馬が顔を並べる笠松で最も賞金額が高い重賞である。

【オグリキャップ記念】

inyofu オグリキャップ記念(おぐりきゃっぷきねん)とは日本の岐阜県地方競馬組合が笠松競馬場のダート2500mで施行する地方競馬の重賞(SPI)競走である。
inyofu 笠松競馬出身で中央競馬移籍後にGI競走4勝など活躍した、オグリキャップの功績を記念して1992年に創設された。
第二次競馬ブームを作った笠松出身の競走馬でその人気と活躍ぶりにより、
多くのファンを獲得し、社会現象を巻き起こした。地方出身で中央GI4勝はこの馬のみである。

オグリキャップやラブミーチャンなど名馬を輩出している笠松競馬。
第2のオグリキャップを探しに行ってみてはどうだろうか。
名古屋からのアクセスもいいので、地方競馬好きな人には是非とも足を運んでもらいたい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line