TOP > 競走馬 > 「キタサンブラック」総合力が高い!悔いのない仕上げ【宝塚記念】
競走馬

「キタサンブラック」総合力が高い!悔いのない仕上げ【宝塚記念】

現役最強馬と称されるキタサンブラックが宝塚記念に出走する。3歳時には菊花賞を制し、長距離での高い適性を見せると、昨シーズンでは天皇賞・春とジャパンカップを制する大活躍を見せた。今年は大阪杯、天皇賞(春)とGIを連勝しており、今回の宝塚記念では春古馬3冠にリーチをかけている。そんなキタサンブラックについてまとめてみた。
キタサンブラック

【有馬記念】ギリギリのところで差し切られ2着!

2番人気で迎えた有馬記念。逃げ馬を前に見ての2番手でレースを進める。2周目4コーナーで先頭に立つと、残り200mで粘るゴールドアクターを突き放し、勝負は決まったように思えたが、最後にサトノダイヤモンドが驚異の追い上げを見せて差し切られたところでゴールインとなった。
動画を見る
inyofu 2着 キタサンブラック(武豊騎手) 「2番手からは想定通り。最後もいいタイミングで差し返せたかと思ったのですが。3コーナーでサトノノブレスにつつかれたのが痛かったです。去年よりもよく頑張っています」

【大阪杯】3番手から一気に抜け出しGⅠ4勝目!

GⅠ昇格初年度でマカヒキやサトノクラウンなど豪華メンバーが揃う中、キタサンブラックは単勝1番人気に支持された。5番枠から好スタートを切ると、外のマルターズアポジーとロードヴァンドールに先手を譲り、3番手からレースを進める。2コーナーから向正面にかけて横山典弘騎手騎乗のサクラアンプルールがピッタリ併走する形となったが、自分のペースを守りつつ3コーナーの前でサクラを振り切る。そして直線では単騎逃げのマルターズアポジーをあっさりかわし去り先頭に躍り出ると、ステファノスらの追い上げをあっさり振り切りGⅠ4勝目を飾った。
動画を見る
inyofu 1着 キタサンブラック(武豊騎手) 「非常に嬉しいです。これだけの馬ですから、やはり責任を感じていました。良い仕事ができて嬉しいです。馬は本当にいい状態でさらに強くなっていると思いました。自信を持って乗っていました。多くのファンがかけつけて声援をいただいて、キタサンブラックのどのレースもそうですが、非常にプレッシャーを感じていたので、勝てて良かったです。(オーナからは)『全てお任せします。頑張ってください』と言われていました。ある程度展開がよみやすいメンバーで想定通りの展開になりました。手応えがすごく良かったので、後ろを待つことなく、先に意識的に動きました。普通の馬なら仕掛けが早いと思いますが、この馬ならと思い行きました。今はすごく充実していますし、次も楽しみです。また新たにJRAがGIを作るかもしれませんから、また(完全制覇は)挑戦したいです。キタサンブラックの出るレースは全て勝ちたいです」

【天皇賞(春)】ライバルを寄せ付けないスーパーレコード!

絶好枠からのスタートで大逃げをするヤマカツライデンを前に見ながら2番手を進む。残り600mを過ぎたあたりで先頭に立つと、そのままの勢いで直線コースへ。サトノダイヤモンド、シュヴァルグランなどが必死に差を詰めてくるが、最後まで踏ん張り3.12.5のレコードタイムでゴール板を駆け抜けた。
動画を見る
inyofu 1着 キタサンブラック(武豊騎手) 「直線では何とか頑張ってくれと思って追いました。さすがに最後は一杯一杯。タフな競馬でしたが、道中はこの馬しか今日のペースには対応出来ないだろうと思っていました。ディープインパクトのレコードタイムは当分破られないだろうと思っていましたが、ついに破られました。去年の今頃と比べると本当に強くなっています」

【宝塚記念】追い切り 反動を感じさせない力強いフットワーク

inyofu キタサンブラック(写真手前)は黒岩(レースは武豊)を背にウッドコース6ハロン標からスタートする3頭併せ。パリンジェネシス(3歳未勝利)を大きく先行させて、2番手ワキノヒビキ(古馬1600万下)の外め1馬身後方から追撃を開始した。
inyofu 蹄音がかき消されるほど激しく風雨が吹き付ける中でも、絶対王者は落ち着き払った様子で直線最内へ。追えばいつでもはじけそうな手応えで僚馬に並び掛けるが、鞍上の手は動かない。早めに抜け出してソラを使わせないようギリギリまで我慢を利かせ、ゴール直前でグイッとひと伸び。前走の天皇賞・春を驚異的なレコードで制した反動をみじんも感じさせない力強いフットワークで併入決着に持ち込んだ(6ハロン82・8―40・2―12・2秒)。
inyofu 清水久調教師「馬場が悪い中でもしっかり走れていた。しまいの反応も良かったし、いい追い切りができたと思う。一戦一戦、目一杯に仕上げているので馬にはハードなローテーションになっているが、期待以上に頑張ってくれている。本当に頭が下がる。この中間もうまく立ち上げることができたし、ハードに鍛えているがヘコたれず頑張っている。丈夫で健康なところが強さの秘密。今回もいい状態で送り出せると思います」

実績と距離適性が重要

inyofu 過去10年の連対馬20頭は、いずれも「JRAの2000~2200mのGI かGII」において優勝経験のある馬だった。該当馬は連対率29.4%、3着内率38.2%と好走率も優秀だ。まずは宝塚記念と近い距離のGI かGII を制した経験がある馬に注目すべきだろう。

2戦連続GIや、前走のレコード決着の影響から反動が大いに懸念されているが、中間の様子を見ると全く問題はなさそうで、これまでもいくつもの不安要素を撥ね退けてきたキタサンブラックであればもう怖いものなど何もない。春古馬3冠を制するのと同時にフランスに「まつり」が響くその先へ、ファンの期待に応えてくれる事を楽しみにしたい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line