TOP > 競走馬 > 1枠1番「キタサンブラック」何事も心配はない!順調な仕上がり【有馬記念】
競走馬

1枠1番「キタサンブラック」何事も心配はない!順調な仕上がり【有馬記念】

ジャパンCを制し、GⅠ3勝目を挙げたキタサンブラックが、古馬の代表格としてグランプリ・有馬記念に出走。前走は史上3頭目の逃げ切りVで2着に2馬身半差をつけ、古馬陣との勝負付けを済ませた。昨年の有馬記念は3着に好走しており、タイトルを増やしパワーアップし挑む今回はあっさり勝ってもおかしくないだろう。流れに左右されない自在性を武器に、GⅠ連勝を狙うキタサンブラックについてまとめてみた。
キタサンブラック

【天皇賞・春】一旦交わされるも差し返す!

昨年の菊花賞馬、そして長距離戦でロスなく運べる最内ということで2番人気に支持された。マイペースの逃げに持ち込むと直線では3番手から運んだカレンミロティックとの一騎打ち。一度はカレンミロティックに交わされるも最後は差し返す勝負強さを見せてGI2勝目を手にした。
動画を見る
inyofu 1着 キタサンブラック(武豊騎手) 「直線で一旦交わされましたが、もう一度伸びてくれると思っていました。位置取りはスタートしてからと思っていましたが、道中は思い通りのレースができて、手応えも十分でした。一気に伸びるタイプではないので早めに動いて行きました。直線でもたついたところで相手に前に出られましたが、よく差し返してくれました。自分自身、久しぶりの天皇賞の勝利はうれしいですね。キタサンブラックはさらに強くなりそうで楽しみです」

【宝塚記念】見せ場作るも逃げ切れず

上半期の総決算宝塚記念。春の天皇賞を制して主役の一頭として臨んだキタサンブラック。ドゥラメンテに次ぐ2番人気に支持された。内枠から先手を主張していつものように逃げにでる。3角から4角にかけて後続が差を詰めてくるも直線コースではもうひと踏ん張りを見せて3着となった。
動画を見る
inyofu 3着 キタサンブラック(武豊騎手) 「思い通りのレースが出来ました。ラストもよく辛抱しています。あと少しでした。惜しかったですね」

【ジャパンC】危なげない内容で圧勝!

京都大賞典を先行押し切りで勝利し、1番人気で迎えたジャパンC。好スタートを切るとそのまま先手を取り、武豊騎手に導かれ1000m61秒7という絶妙なペースを刻む。最後の直線では、残り400mまで追い出しを我慢されるほど抜群の手応えで進み、必死に食い下がる人気馬を抑え、2馬身半差の圧勝でレースを締めくくった。
動画を見る
inyofu 1着 キタサンブラック(武豊騎手) 「スタートは良く、先手を取ることに迷いはありませんでした。究極の仕上げでテンションはギリギリといった感じでしたが、道中はリズム良く行けました。ペースの波のないイーブンペースを心がけました。直線に入るときも抜群の手応えでしたが、相手は気の抜けない馬ばかりでしたから、最後は信じて追うだけでした。本当に強かったと思います」

【有馬記念】落ち着いた走りに好感! 追い切り情報

inyofu キタサンブラックは調教パートナーの黒岩(レースは武豊)を背にウッド6ハロンから同厩の3歳牡馬カープストリーマー(1000万下)と併せ馬。朝からの強烈なモヤの影響で視界をさえぎられて動きを確認することはできなかったが、ゴール前は楽な手応えでわずかに先着した。
inyofu 黒岩騎手「6ハロン85秒くらいの指示だったけど、テンを15秒半で入って予定通りの内容でした。先週くらいから(気持ちが)静まってきてこの馬らしいおとなしさが戻ってきた。今朝も道中は落ち着いてスムーズに折り合いもついていたし、ラストの反応も良かったですよ」

本馬に追い風となるぴったりのデータが!

inyofu 過去5年の優勝馬は全て、4走前までに芝2400m以上のレースで2着馬に1馬身以上の差をつけて優勝した経験があった。今年も近走で長距離戦を快勝していた馬には要注目だ。

絶好枠を手に入れ、キタサンブラックの勝利は確実!?

前走のジャパンCを1番人気で勝利した馬の有馬記念の成績は(4,0,0,0)で、勝率は100%。シンボリルドルフ、テイエムオペラオー、ゼンノロブロイ、ディープインパクトがこれに該当する。さらにこの4頭はファン投票第1位の4歳馬だった。キタサンブラックはこの3つのデータすべてが当てはまっており、好走の確率は極めて高い。

武豊騎手曰く、前走が究極の仕上げということだったので、状態がキープできているのかがポイントになるだろう。また、3歳代表として参戦するサトノダイヤモンドと一騎打ちの様相を呈しており、勝利を飾ることができれば年度代表馬の座も見えてくる。今まで1番枠に入った時は4戦4勝で、今回も期待大である。府中に続いて中山でも再び"まつり"を聞くことができるのか!?大いに楽しみである。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line