TOP > 競走馬 > 「キタサンブラック」コントロールが良く、精神的にも安定【ジャパンC】
競走馬

「キタサンブラック」コントロールが良く、精神的にも安定【ジャパンC】

昨年の菊花賞、今年の天皇賞春と長距離でも活躍しているキタサンブラック。今回のメンバーでは外国馬イラプト、ナイトフラワーに並ぶ最多のGI2勝の成績が光り輝く。東京芝2400mはデビューから唯一複勝圏を外した日本ダービーと同舞台だが、日本ダービーは外枠を引いてしまい、さらにダービーらしい速い流れで対応しきれなかった。その後は有馬記念、宝塚記念でも複勝圏を外しておらず本来は中距離でこその馬だ。そんなキタサンブラックについてまとめてみた。
キタサンブラック
写真提供:T.T Photo(WEBサイト)

【天皇賞春】一旦交わされるも差し返す!

昨年の菊花賞馬、そして長距離戦でロスなく運べる最内ということで2番人気に支持された。マイペースの逃げに持ち込むと直線では3番手から運んだカレンミロティックとの一騎打ち。一度はカレンミロティックに交わされるも最後は差し返す勝負強さを見せてGI2勝目を手にした。
動画を見る
レース後の武豊騎手のコメント
inyofu 1着 キタサンブラック(武豊騎手) 「直線で一旦交わされましたが、もう一度伸びてくれると思っていました。位置取りはスタートしてからと思っていましたが、道中は思い通りのレースができて、手応えも十分でした。一気に伸びるタイプではないので早めに動いて行きました。直線でもたついたところで相手に前に出られましたが、よく差し返してくれました。自分自身、久しぶりの天皇賞の勝利はうれしいですね。キタサンブラックはさらに強くなりそうで楽しみです」

【宝塚記念】見せ場作るも逃げ切れず

上半期の総決算宝塚記念。春の天皇賞を制して主役の一頭として臨んだキタサンブラック。ドゥラメンテに次ぐ2番人気に支持された。内枠から先手を主張していつものように逃げにでる。3角から4角にかけて後続が差を詰めてくるも直線コースではもうひと踏ん張りを見せて3着となった。
動画を見る
レース後の武豊騎手のコメント
inyofu 3着 キタサンブラック(武豊騎手) 「思い通りのレースが出来ました。ラストもよく辛抱しています。あと少しでした。惜しかったですね」

【京都大賞典】初の1番人気に応える!

これまでにGIを2勝しているが、デビューからこのレースまで、天皇賞春や宝塚記念の2番人気が最高で今回初めて1番人気に支持された。同型のヤマカツライデンの2番手からレースを進めるとゆったりとした流れにもしっかりと対応し先頭でゴール。見事1番人気に応えた。
動画を見る
レース後の武豊騎手のコメント
inyofu 1着 キタサンブラック(武豊騎手) 「ほっとしています。この馬らしい勝ち方でした。行く馬がいなければ行こうと思っていましたが、行きそうな馬がいたので2番手に控えました。ムキになることなくいい感じでしたし、乗っていて状態の良さを感じました。馬場も良かったですし、気持ちが良かったです。追い出してから切れるタイプではありませんが、後ろから馬が来たら来たで伸びてくれます。着差はあまりありませんでしたが、完勝でした。春の天皇賞馬として負けられない一戦でした。これからあと2戦ありますが、大きな舞台なので頑張りたいです。(オーナーには)誕生日プレゼントをと思っていたので、勝てて良かったです」

【ジャパンC】直前情報 満足のいく仕上げができた!

inyofu 黒岩騎手(レースは武豊騎手)を背に、ブラックマイスター(2歳未勝利)の外を5馬身追走。折り合いのスムーズな走りでゆったりと運び、直線では馬なりのままで徐々に加速。ラスト200メートルで僚馬に並び、ゴール前で首差かわした。

 黒岩騎手は「動きは文句ないです。先週しっかりやっているので、馬なりでサッと。前回は前哨戦(京都大賞典=1着)で目いっぱいの仕上げではなかったですが、今回は調整の段階で100に近い状態で仕上がりました」と上昇度を強調。清水久調教師は「見た目に張りが出て、毛づやも良くなってきています。満足のいく仕上げができました。言うことなしです」と不安のない表情で言い切った。

夏以降の臨戦過程をチェック!

inyofu 過去10年の出走馬について、7月以降の出走回数別に成績を調べると、3着以内馬30頭中27頭は7月以降の出走回数が「1回」または「2回」で、連対率・3着内率でも「1回・2回」と「3回・4回以上」の間には大きな差がある。臨戦過程を比較する際は、この辺りに注目してみるとよさそうだ。

北島三郎オーナーの馬ということで競馬界のみならず、一般の人にもその名を轟かしているキタサンブラック。実力も折り紙付きで今回も好勝負を演じてくれるはずだ。GⅠ3勝目を期待したい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line