TOP > 騎手 > 意外と気になる、騎手にまつわる巷のQ&Aまとめ
騎手

意外と気になる、騎手にまつわる巷のQ&Aまとめ

競馬をしていると、ふとした拍子に疑問に思うことがある。今回は、そんな騎手に関する疑問を解決していこう。
競走馬

騎手が乗る馬って、どうやって決められてるの???

inyofu 騎手が騎乗する馬は、どうやって誰が決めるのでしょうか?
基本は、馬主の方針に基づいて調教師が決めます。
一般レースなどはその馬の所属している、厩舎に所属している騎手が騎乗することになるでしょうが、素質のある馬、G1などの大レースになると、フリーの実力や名声のある騎手に依頼する場合が多いです。
一つの競争で複数の騎乗依頼があった場合には、騎手に決定権があります。
inyofu 一言に騎手といっても、何百人もいます。
すべての騎手を把握するには、かなりの時間が掛かるでしょう。
所属に関しては、関東馬、関西馬があるように、関西の厩舎所属、関東の厩舎所属、そしてフリーと大きく3つに分かれます。
厩舎に所属している場合、厩舎側が騎手に乗せる馬をある程度用意してくれます。
inyofu フリーについては、より良い活躍の場を求め厩舎から独立してフリーになることが多いようです。
他で例えるならテレビ会社のアナウンサーの独立でしょうか?
フリーになると、厩舎に関係なく騎乗依頼がくるようです。
成績如何によっては厩舎に縛られることもなく強い馬にも乗せてもらえる機会が多くなることが、メリットでしょうか?
しかし、フリーになると固定収入がなくなります。
実力と人気がある騎手は、依頼された馬の中から自分で選択できるが、
基本は、どの騎手がどの馬に乗るかは馬主が決めているようだ。

騎手のお給料ってどのくらいなの???

inyofu 騎手は 厩舎の調教師に直属する厩舎所属の騎手と所属しないフリーの騎手で大きく分けられます。
新人の騎手は基本的に無条件で厩舎に所属します。 また、騎手免許を持っていないと騎乗できない世界なので地方競馬と合わせてもその人口は決して多くありません。その分、収入の面では高い水準で割り当てられますが、フリーの騎手は完全な歩合制となるため、非常に厳しい世界でもあります。
inyofu ■騎手の給料
1鞍(1回の騎乗)あたりの収入
5着以内 <出走奨励金 17850円  + 騎乗手当 26000円 + 賞金の5%>
5着-8着 <出走奨励金 17850円  + 騎乗手当 26000円>
9着以下 <騎乗手当 26000円のみ>
inyofu ■騎手の年収
1年間平均250鞍程度騎乗し、勝鞍なく全て8着以内だった場合
新人騎手の平均年収は 800万円
所属騎手の平均年収は 1000万円
※厩舎に所属する騎手は月10万円~30万円程度の給料が厩舎より支払われます。
フリー騎手の平均年収は 160万円~2000万円~9000万円
中央競馬のトップジョッキーなら年収が1億を越すなど羨ましい限りだが、
その一方で地方競馬では、トップジョッキーの年収が500万前後で、下は200万以下という現実もある。

騎手になるにはどうすればいいの???

inyofu まずは、一日も早く(理想は中学生の時)、JRA騎手を目指すことを決心することです。そうしなければ、何も始まりません。そして、次にすべきことは、馬の専門学校(競馬学校に入るための予備校)でJRA競馬学校への準備を行なうことです。
inyofu 競馬学校の騎手課程は倍率が30倍という狭き門。合格するためには、きちんとした受験対策が必要です。しかも、応募年齢に制限があるため、できるだけ早い時期に準備をはじめる必要があります。 その準備として、近年人気が高まっている受験対策は……、競馬学校受験前の予備校代わりに、馬の専門学校で騎乗経験、専門知識を身につけること。小・中学校の在学中、または卒業後に、通い始める人が増えています。
inyofu 競馬学校の3年生の終わりになると、いよいよ憧れの騎手になるための最後の関門!JRAの騎手免許試験へチャレンジすることになります。騎手免許試験は、卒業前の2月の初めに5つの試験項目で2日間にわたって行なわれます。
狭き門の競馬学校に入学するため、馬の専門学校に行くことが最近のスタイルのようだ。
競馬学校に入ってからも3年間の教育プログラムを経て、試験に合格しなければならないなど、
栄光の騎手への道は一筋縄ではいかない。

今回は、世間にあふれる騎手への疑問と回答をまとめた。
改めて騎手の華やかな一面や厳しい道のりを再認識できた。
これからも競馬場の主役の一人、騎手に注目していきたい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line