TOP > 予想/馬券 > 荒れた中山はキンカメ産駒を買え!?【第75回皐月賞】注目予想家的中結果まとめ
予想/馬券

荒れた中山はキンカメ産駒を買え!?【第75回皐月賞】注目予想家的中結果まとめ

前回の桜花賞から引き続きうまキュレ班御用達の予想家ブログから【第75回皐月賞】の予想結果を追いかけてみた。
馬キュレ

皐月賞はドゥラメンテが優勝

inyofu 4月19日、中山競馬場で開催された第11R・皐月賞(GI、芝2000m)は、後方で競馬を進めた3番人気ドゥラメンテ(牡3、美浦・堀)が、直線外から豪快に突き抜け快勝。重賞初制覇をクラシックで果たした。勝ちタイムは1分58秒2(良)で、鞍上はM.デムーロ騎手。1 1/2馬身差の2着は2番人気リアルスティール、2着に2 1/2馬身差の3着は4番人気キタサンブラックが入っている。尚、1番人気に支持されたサトノクラウンは6着に敗れている。
inyofu 配当は単勝460円、馬連790円、馬単1530円、3連複3110円、3連単1万2360円。

【専ら軸馬・穴馬 2015 データ 血統 予想】

inyofu 軸馬は、サトノクラウン。 今週3つの記事を更新しましたが、そこで見ていった好走データ全てに該当した唯一の1頭。また記事にはなっていないんですが、その他の好走データ、複勝率50.0%以上のデータがあるんですが、それらにも複数該当しており、1週間前は疑っていたですが、これだけ該当されると推奨せざるを得ないなと。
inyofu <皐月賞 2015 予想> ◎軸馬:8サトノクラウン
◯対抗馬1:5リアルスティール
▲対抗馬2:G人気ブログランキング(※ダノンプラチナでした。)
△穴馬:G人気ブログランキング(※ベルーフでした。)
☆流し:3、4、11、12、13番以外
軸馬は穴馬からをモットーに予想を展開するもっぱら氏のブログ。前回の桜花賞でスローペースに泣いた同氏は、データからサトノクラウンを本命に予想を展開するも直線入る前に他の馬の不利が響いて6着。順調に行けば3着はあったか。

【少年は競馬場で推理する】

inyofu ◎サトノクラウン
○ベルーフ
▲クラリティスカイ
△ドゥラメンテ
×リアルスティール

◎サトノクラウン
Marju×RossiniのLC(S)系で、どの要素も持ち合わせたタイプ。
考察でも述べた通り、過去20年弥生賞を2番人気以内で勝利しつつ、
4角2~5番手以内だった馬は【2-3-3-1】。唯一の4着以下もアドマイヤオーラの4着になる。
2走前で馬群を割り、前走では先行して勝利を収めた。キャリアの割に経験値が高い。
Mの法則(競馬予想家である今井雅宏氏が発見した競走馬の法則)をメインに馬券を組み立てるブライト氏のブログ。前回桜花賞では本命、対抗を見事に的中した同氏も同じくデータ面からサトノクラウンを本命。2週連続GI的中はならなかった。

【天童なこオフィシャルブログ】

inyofu ◎5リアルスティール
○11ダノンリバティ
▲7キタサンブラック
△3スピリッツミノル
△15ダノンプラチナ
△1ブライトエンブレム
△8サトノクラウン
△2ドゥラメンテ
昨年ブログや馬キュンで、発表した黄金調教は、 栗東坂路で全体時計が53秒以下でラスト1Fが12秒台 さらにラスト2Fよりラスト1Fの方が速い、もしくは遅くなっていても、0.2秒以内 という黄金調教でした
inyofu 本命は、リアルスティール
最終追い切りが、4F52.1秒、ラスト2F24.5秒、ラスト1F12.3秒と、今年のメンバーで唯一黄金調教にピッタリと当てはまりました。 若干、ヨレるなどの若さは見せていたもののそれはいつもの事ですし、水分をだいぶ含んだ馬場であの素軽さですから、十分評価して良い動きだったと思います。 坂路で自己ベストのタイムを更新したというのも調子が良い証拠ではないでしょうか。 大目標はダービーとは言え、現時点では十分勝ち負け出来る、状態に仕上がっていると思います。 前走は初の中山、初のコーナー4つの競馬でも、うまく立ち回れていましたし、前走の経験が必ず今回に生きるはず
独自の好走調教データを持っているタレント天童なこの予想ブログ。昨年のジャパンカップ以来GIレースの的中がなかった彼女。今回リアルスティールが黄金調教に合致し見事2着で3連複的中。本人も気にしていたクラシック音痴もこれで卒業。これからバンバンGIレース的中を期待したい。

【中穴狙いの競馬予想】

inyofu ◎ ドゥラメンテ
まだまだ底を見せない良血馬。混戦ならキングカメハメハ産駒は安定して強い。

〇 ブライトエンブレム
この舞台得意のネオユニヴァース産駒。内枠を生かした差しができれば大チャンス。

▲ サトノクラウン
ポテンシャルの高い無敗馬。弥生賞勝ちで舞台適性も〇

△ リアルスティール
たぐいまれな競馬センス。ただ、突き抜ける力も無い印象。

× ダノンプラチナ
先行馬が多く、展開が向けば一気に頭もあり得る。

× キタサンブラック
無敗馬だが、大物感は無く、脚質的にも同型が多く厳しいか?

× ベルーフ
中山得意のハービンジャー産駒。京成杯で同じ舞台勝ちもありチャンスはある。

馬券は

◎単複
◎馬連 相手〇▲△×××
◎〇三連複 相手 ▲△×××
◎▲三連複 相手 △×××
◎〇1着2着 三連単 相手 ▲△×××
豊富な展望予想なおかつ的中率も高いたいせー氏のブログ。同氏としては珍しく前回は土日重賞共に的中なしで終わったが、今回ドゥラメンテの底を見せない競馬を見抜いて本命。単複馬連をGETし更に土曜のアンタレスステークスでもナムラビクターから複勝的中し、先週から巻き返した。

今週の馬キュン!は?

今週の馬キュンは、ゲストにヌーヴォレコルトなど管理している斎藤誠調教師や日刊競馬大穴スナイパーの久保木記者を迎えて予想合戦。その中で唯一ドゥラメンテを本命にしたのが準レギュラーの井上早紀。個人予想でも馬連を的中した模様。また、今週も馬キュンカードがドゥラメンテの激走を後押しして視聴者も納得の内容だ。

【こりゃ深すぎるww覆面馬主の馬券談義!】

1号の予想
inyofu オレの狙いは、2番、デムーロ騎乗のドゥラメンテ。この馬、潜在能力では抜けてるんじゃないかと思っている。共同通信杯では、リアルスティールに出し抜けくらって2着だったが、前々走の強さったらハンパなかった。それと、荒れてきた中山の芝、ディープ産駒よりキングカメハメハ産駒向き。しかも、ドゥラメンテは中山初めてだが、オレはむしろ右回りの方がいいんじゃないかと見てる。差しが決まる馬場になってきてるのも大歓迎。追い比べに持ち込んで内から突き抜けるとみた。

◎ドゥラメンテ
〇サトノクラウン
▲リアルスティール
☆ベルーフ
△キタサンブラック
△ブライトエンブレム
△ダノンリバティ
△ダノンプラチナ

って感じなんだけど、正直限りなく堅い決着になりそうな気がしている。なので、馬券は・・・
ドゥラメンテ1頭軸の三連複を、〇▲☆とブライトエンブレムの4頭へ。
それと、ドゥラメンテからの馬単、馬連。
単勝が4.5倍をキープしてたら、買いたい。
2号の予想
inyofu ◎サトノクラウン
〇ドゥラメンテ
▲キタサンブラック
☆リアルスティール
△ダノンリバティ
△ダノンプラチナ
△ミュゼエイリアン
△ベルーフ

この評価順で行きます!

本線は堀厩舎丼です。対抗〇ドゥラメンテの共同通信杯は負けて強しの印象。ポテンシャルはかなり高いことは厩舎サイドも公言していますし、僚馬のサトノクラウンには仕上がり、現時点での完成度ではかなわないものの他の馬には負け無いのではないかと思います。ここで、5着以下ではダービートライアルを使わなければならないわけで、権利を取れる自信が無ければここは使わず、青葉賞に向かっていたでしょうからね。
3号の予想
inyofu ◎サトノクラウン
○ブライトエンブレム
▲ダノンプラチナ
☆ドゥラメンテ
△リアルスティール
△タガノエスプレッソ
△キタサンブラック
穴ベルーフ
ブログ記事から一転、うまキュレサイトで予想することになった覆面馬主達の予想コラム。早速血統の1号が潜在能力が高いドゥラメンテを本命で3点的中!桜花賞の雪辱を晴らした。妄想の2号は桜花賞でレッツゴードンキから23万の万馬券をGET。勢い乗って今週も当てたいところだったが、サトノクラウンで撃沈。データの3号もこれまた同じくサトノクラウンから流して不的中。3着まで印があるもの、ここにきて軸違い目立ってきた。

↓↓↓覆面馬主達の予想結果の詳細はこちら↓↓↓

まとめた結果、外した予想家の多くがサトノクラウンを軸で大きく不利を受けての6着。悲観する内容ではないが、不利がなかったとしても圧倒的な末脚で優勝したドゥラメンテとほぼ完ぺきに近い位置取りと騎乗で2着に入ったリアルスティールを見ると3着拾うのが精いっぱいだっただろう。次走は巻き返したい。なお、うまキュレ班は桜花賞の教訓を経て1番人気を疑ってリアルスティールから3連複GETも買い目が増えてしまいギリギリプラスで締めた。今回の教訓は覆面馬主1号の言う通り、「混戦の荒れた中山はキンカメ産駒」だ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line