TOP > 競走馬 > 【2015年フローラS】体質強化!しぶとい脚でチャンスをつかむ!リアンドジュエリー
競走馬

【2015年フローラS】体質強化!しぶとい脚でチャンスをつかむ!リアンドジュエリー

前走のミモザ賞で豪快に差し切り勝ち、フローラSにエントリーしてきたリアンドジュエリー。管理する奥村武調教師にとって初の重賞挑戦&初Vが期待される。果たしてオークス出走権を手にすることができるのか。今までの戦績を振り返ってみよう。
馬キュレ

兄は重賞ウィナー!

リアンドジュエリーの血統は、父クロフネ、母アーネストデザイアで、半兄フサイチアソートは07年の東京スポーツ杯2歳Sをデビュー2戦目で制した馬である。クロフネ産駒といえば、ホエールキャプチャ、カレンチャン、スリープレスナイトなど牝馬のGⅠ馬を輩出している。
inyofu 母の父がSSのリアンドジュエリーはクロフネ産駒で、半兄フサイチアソート(父トワイニング)は東京スポーツ杯2歳Sを制覇。祖母リストレーションは牝馬東タイ杯(現府中牝馬S)勝ちと一族に活躍馬が多く、重賞でもヒケを取らない。
inyofu クロフネ産駒らしい細い首で、軽い馬場が合いそうなスピード重視の馬体に見える。ただ、現時点では完成度が低い印象なのに、2勝を挙げている辺りは素質の高さによるものだろう。肩周辺の筋肉にくらべお尻が小さく非力さを感じてしまう。順調に成長すれば、化ける可能性を秘めている

メイクデビューは6着・・・

2番人気と高評価を受けたメイクデビュー1800m戦。道中は後方を追走し、末脚を温存するレースをしたが、直線で行き場を無くしてスムーズさを欠き6着に敗れた。

距離延ばして一変!初勝利!

前走から距離を200m延ばし、2000m戦にエントリーしたデビュー2戦目。7番人気と評価を落としていたが、見事変わり身を見せ、メンバー中最速の上がり3ハロン34秒8の脚で後方から一気に差し切り初勝利を飾った。

クラスの壁にぶつかったか? ゆりかもめ賞

前走よりさらに400m延ばし、オークスと同じ条件で行われるゆりかもめ賞に参戦した。レースでは、いつもよりは前目での競馬を試みたが、長い東京の直線を生かした追い込み馬に屈し、10番人気の8着に敗れた。
inyofu リアンドジュエリー(柴山雄一騎手)
「道中はリズムよく、折り合いもつきましたが、瞬発力の差が出ました」

条件好転で2勝目! ミモザ賞 

初勝利を挙げた時と同じ舞台で行われたミモザ賞に挑んだ。4番人気の支持を受け、道中は後方から各馬を見渡す形でレースを進め、直線で大外に持ち出されると粘るフロレットアレーをゴール前で交わし2勝目を挙げた。
inyofu リアンドジュエリー(柴山雄一騎手) 「道中スムーズに運べて、4コーナーから動いていきました。最後までがんばってくれて、いい脚を使ってくれました。レースはしやすい馬だと思います」

しっかりと内容のある調教を消化! フローラS情報

馬と馬の間を力強く追い抜き、強い精神力を発揮した調教であった。奥村師にとって万全の状態に見えなかったというミモザ賞から大きな上積みが期待できる。
inyofu リアンドジュエリーは芝10Fで2戦2勝。ミモザ賞も「筋肉の張りがなくパドックでも寂しく映った」(奥村武調教師)ものの、大外一気の快勝だった。美浦坂路で3頭併せ。直線は真ん中に入り厳しいプレッシャーをかけられたが、ひるまずに外プレシャスメイト、内カシマシンセイと併入。ラスト1F13秒8の脚力とともに、強い精神力もアピールした。
「気合を乗せるため真ん中に入れ、いい動きだった。前走よりはるかにいい」とトレーナー。「ヨーイドンでは切れ負けするので中山のほうがいい。でも、そこはジョッキーが超一流ですから。(東京で)どう乗ってくれるか楽しみ」と、蛯名騎手にすべてを託す。

2000mで2戦2勝と、メンバーの中で一番距離適性があるリアンドジュエリー。いずれも中山コースで勝利したものだが、追い込みの脚質的に東京コースでも問題ないであろう。フローラSで前走1着馬の成績が、近5年で3勝と比較的好成績を収めているデータもこの馬にとって良い流れになっている。当日はリアンドジュエリーの勇姿に注目してほしい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line