TOP > コラム > こりゃ深すぎるww覆面馬主【砂の6号】結論! 羽田盃 予想
コラム

こりゃ深すぎるww覆面馬主【砂の6号】結論! 羽田盃 予想

馬キュレ
どうも。☆覆面馬主・砂の6号☆です。
先週末は日曜の京葉Sで、めでたく初白星を飾りました!単勝2点推奨で払い戻し2.9倍なので、まずまずでしょうか。
いっぽうの阪神12Rは完璧な予想を披露したものの、軸馬選びに失敗。本命が最後に競り負けて3着に。。もし3連複を買っていれば7,550円と高配当でしたね。
レース後にたくさんの方から連絡を頂き、そのほとんどは“データはよかった。けどお前の予想はダメだった”という厳しいお言葉。。う~ん、まだまだ精進が必要ですね。

さて、今回は自称『ホーム』で行われる南関のレースを予想します。ここでバッチリと当てて、皆様のお役に立ちたいと思いますので、期待してください!

☆コース☆
 羽田盃が行われる1800mのレースは、外回りのコースで行われる。ちなみに内回りで行われるのは1500mと1600m。
 ゴール版手前200m付近からスタートするため、最初のコーナーまではそれなりの距離がある。ペースは落ち着きやすいが、メンバー次第。
 最後の直線は386mあるが、やはりコーナーを4つ回るレースのため、内の先行馬には注意が必要。
 ただし、クラスが上がるにつれて逃げ切りは難しくなり、変わって外からマクリ気味に脚を伸ばせる差し馬が台頭するシーンが目立つ。
 雨が上がって馬場が回復している途中には注意が必要。馬場の内、外どこから回復しているか見極める必要があるため、当日のレース結果を必ずチェックすること。
 1800mのレースでは枠番は気にする必要はないが、1400mは内枠が有利、2000mは外枠が有利というのは覚えておくと良いだろう。

☆前提☆
 羽田盃は、例年その前哨戦である京浜盃に有力馬が集まる。その京浜盃から約1ヵ月後に、同じ競馬場で行われるのが羽田盃。
 100mの距離延長があるとしても、同じ外回りコースで行われることに変わりはなく、言い方は悪いが『京浜盃の再戦』とも呼べるレースになりがち。
 そのため、理由なく京浜盃で着順が悪かった馬をここで狙う必要はない。京浜盃組から入る場合は、次の2点から選ぶのが良い。

 ・掲示板に乗った馬
 ・理由があって着順の悪かった馬(=見直せる馬)

それでは、明日大井競馬場で行われる南関クラシックの第1戦『第60回 羽田盃(SI)』のデータ。
対象は2005~2014年に行われた羽田盃の連対馬20頭。※2012年は3着が同着のため、3着馬に関するデータは11頭が対象

①傾向
 過去10年の馬連平均配当は1796円。2009年の210円に代表される3桁配当が5回もあり、基本は堅いレース。3連単が1~3番人気で決まった年は3回ある。
 そのほか1000円台が2回。4300円と7190円が1回ずつと万馬券決着はない。
 1番人気の成績は(4-3-1-2/10)。2番人気(3-1-2-4/10)、3番人気(0-3-3-4/10)。他は5、8、11番人気が各1勝ずつ。

②前哨戦
 羽田盃のステップレースは、京浜盃(大井)、雲取賞(大井)、クラウンカップ(川崎)の3つ。
 連対馬の前走は京浜盃が圧倒的で15頭。
 そのうち雲取賞→京浜盃と2レースを経由した馬が3頭で、雲取賞のみをステップに参戦した馬は、昨年2着のバイエキスプレス1頭だけ。
 前走クラウンカップ組は2006年の優勝馬サンキューウィンの1頭。ほぼ京浜盃をメインに考えればよいレースといえる。
 羽田盃の連対馬20頭の前走成績は[①-1][②-④][1-4][①-⑤][②-1][①-②][⑩-①][①-②][1-②][①-③]。(○数字が京浜盃組)
 2012年以外は必ず1頭は連に絡んでいる。基本的には1、2着馬が中心で、少なくとも掲示板は欲しい。

  ③4角位置
 過去の連対馬20頭の直線入り口での位置取りは、5番手以内が18頭を占める。これには捲りも含まれるので、早めに動ける差し馬も当然有望。
 しかしスタートから先手を取った馬の逃げ切りは難しく、連対は2頭のみ。
 いっぽう3着には6番手以下の差し馬が6頭入っており、直線勝負型を買う場合には3着狙いが妥当。

  ④キャリア
 連対馬のキャリアは5~12戦と幅広い。5戦は2005年のシーチャリオットと2014年のドバイエキスプレスで、共に複勝圏100%(シーチャリオットは連対率100%)
 もっとも多いのはキャリア8戦で5頭が該当。勝ち星は2~6勝だが、11頭が該当する4勝以上が好ましい。

⑤全日本2歳優駿
 年末の川崎競馬場で行われる地方交流GI全日本2歳優駿の出走歴も重要。連対馬のうち10頭に同レース出走経験があり、そのうち9頭は掲示板を確保していた。

  ⑥所属
 大井所属馬が4勝、と船橋所属馬が6勝との2強状態。ただし、2007年以降の優勝馬は、奇数年=船橋、偶数年=大井の繰り返しを継続中。
 なお、川崎所属馬は2着2回、3着5回と3着が多いことにも注目。

⑦上がり最速 ※カッコ内の数字は人気
 羽田盃で最速の上がりを使った馬の成績は、①(1)、①(2)、③(11)、①(1)、①(2)、①(1)、②(1)、②(4)、③(8)、①(1)で複勝率100%。人気が4番人気以内であれば連対率100%。

  ⑧血統
 ミスプロ系が6連対(*1)と最多。次いでサンデー系が5連対(*2)、フィガロ、フサイチコンコルドが各2連対、それ以外が5頭。
 その他では、近2年の羽田盃で2着馬1頭と3着馬2頭を出しているタイムパラドックス産駒にも注目。

 *1 = アドマイヤドン、アメリカンボス、スキャターザゴールドが2回、プリサイスエンド、Seeking the Gold
 *2 = アッミラーレ、デュランダル、ゼンノロブロイ、アグネスタキオン、タヤスツヨシ

  ⑨騎手
 もっとも成績が良いの元大井所属の戸崎騎手で2勝、2着3回。同じく2勝を挙げているのが、こちらも元大井所属の内田博騎手。
 他では、1勝、2着1回、3着3回と5回馬券に絡んでいる川崎の今野騎手。

データは以上。


で、ようやく本題に。。
1番人気が濃厚なのは、最重要前哨戦の京浜盃を8馬身差(1.7秒差)で圧勝したオウマタイム。名前が強そうではない・・という感じはするが、実力はある。
過去の1番人気は項目①のとおり連対率70%、複勝率80%という高信頼度を誇り、着外に沈んだ2回もそれなりの理由がある。

2013年は1000m通過が64.1(重)という、ここ10年でも最も遅いスローペース。1番人気は4番手を進んだが、連対したのは2番手、3番手とそれより前にいた馬。
2012年は1000m通過が59.3(稍重)という、ここ10年でも最も早いペース。1番人気は好位2番手を進んだが直線を迎える前に失速。連対したのは道中9番手、7番手と後方から捲った馬。

このように、特殊なペースにならない限り、3着以内は外していない。

このデータだけでも1番人気は信頼に足り、過去10年の京浜盃で最大着差で勝利した◎オウマタイムは軸には最適といえる。
前走と同じく自在に動ける外枠を引いたことも好材料で、今回も早めスパートからのセイフティリードで、ライバルを完封できそうだ。

た・だ・し、1つ注意が必要なのは上がりに関する項目⑦。複勝率100%のデータだけに軽視は出来ない。

昨年までの京浜盃勝ち馬の、羽田盃での着順を並べると①④⑨①不①②①⑦①。
4、9着となった2012、13年は、前述のようにペースに問題があったとすると、7着に沈んだ2006年には別の理由がありそうだ。

そこで、昨年までの京浜盃勝ち馬の上がりを調べてみると、③①①②③②①③④①となる。上がりが唯一3番目以内に入っていない年と、7着に沈んだ年がピタリと当てはまる。
そこで、気になる京浜盃のオウマタイムの上がりは・・・・なんと4番目。これは不吉な予感?
確かに3番目か4番目かなど小さな差といえばそれまでだが、ここに僅かながらのスキがあるともいえる。

⑦の項目を重視した以上、これに合致する馬を探さなければならない。
今年の出走馬で、自身のキャリアの中で上がり最速を3回以上記録している馬は、コンドルダンス、レーザー、ラッキープリンス、ストゥディウム、フラットライナーズの5頭。
この中で格の高いレースで最速の上がりを使っているのが、レーザー(京浜盃)、コンドルダンス(雲取)、ストゥディウム(ハイセイコー記念)の3頭。
さらに項目②のとおり、京浜盃での着順を調べると序列は、4着コンドルダン>7着レーザー>11着ストゥディウムとなり、対抗○にはコンドルダンを抜擢。
コンドルダンは、前走の京浜盃でも直線でいったん前が詰まり、そこから外に持ち直している。スムーズに伸びていれば2着はあった内容だ。

いっぽう、上の序列で3番手となったストゥディウムは、前走1角過ぎで不利があっての11着。京浜盃では1番人気に支持された馬で、過去10年の京浜盃1番人気馬が羽田盃で(5-2-1-2/10)と良績を残していることから▲に指名。
2走前のハイセイコー記念(SII)では、実際に後方待機策からオウマタイムを差しきっており、オウマタイムが捲りに手間取りセイフティリードを作れないようだと、再度こちらが上にくる可能性も。

△は、項目を参考にしつつ、京浜盃2着のフラットライナーズ、全日本2歳優駿で5着と掲示板にのったパーティメーカーの2頭。
最後に2、3着候補として川崎所属のクラバズーカーと、京浜盃とハイセイコー記念を共に粘って3着となったヴェスヴィオ、京浜盃の上がり最速のレーザーを☆にマーク。

☆結論☆
 ◎オウマタイム
 ○コンドルダンス
 ▲ストゥディウム
 △フラットライナーズ
 △パーティメーカー
 ☆クラバズーカー
 ☆ヴェスヴィオ
 ☆レーザー

馬券の本線は馬連、馬単
 ◎ ⇔ ○▲△
 ◎ → ☆

少額で3連単フォーメーション
 ◎を1、2着にマーク → ○▲△☆へ ※☆は1着には不要
 ○を2、3着にマーク → ◎▲△☆へ ※☆は1着には不要

当日は、予定を合わせてもらった馬主仲間の馬の出走もあるので、現地で観戦する予定。
メインレース以外で馬主席から数人の絶叫が聞こえたら、私達かもしれませんw
地方競馬の中でも賞金の高い南関所属馬は “エリート”ですからね。それでは良い南関ライフを!

以上、6号でした。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line