TOP > 競走馬 > 【2015年フローラS】確かな成長!!ここに掛ける思いはどの陣営よりも強い!?アドマイヤピンク
競走馬

【2015年フローラS】確かな成長!!ここに掛ける思いはどの陣営よりも強い!?アドマイヤピンク

オークスで"キングマンボ系"の馬は、イメージはあまりないかもしれないが2010年のアパパネ、また母の父として2013年3着のデニムアンドルビー、更に同じ2013年1着のメイショウマンボの父母父としても含まれている、隠れたオークス血統である。そしてこの馬もこの"キングマンボ系"に属するキングカメハメハ産駒であり、血統的にここで更なる上昇があっても不思議ではない。そんなアドマイヤピンクのここまでの戦歴についてまとめてみた。
馬キュレ

【フローラS】瞬発力もつき、体質もしっかりしてきた!

以下は管理する戸田博文調教師のコメント
inyofu 「もともと、長い距離がいいと思っていた馬。ただ得意ではない距離を使うことで瞬発力がつき、体質もしっかりしてきた。(抽選突破で)出走できれば、オークスの権利を獲りたい」
師も条件の合いそうなオークスへの出走権利を是が非でも取りたいところだろう。むしろ、ここまで敢えて適条件を使わず鍛え上げてきたというのだから、ここへの思いは誰よりも強いものがあるのではないか?

【ひいらぎ賞】後方待機から直線伸び、キャットコインの2着に健闘!!

初勝利を挙げてから、500万、オープンクラスの壁に当たっていた本馬だったが、後方から脚を伸ばす形で500万クラス初連対を果たす。しかも、敗れたキャットコインはその後クイーンカップを制覇。この2着がいかに価値の高い2着かがわかる。
以下はレース後の鞍上丸山元気騎手のコメント
inyofu 「もう少し前に行きたかったのですが、詰まってしまい、そこから切り返す形になりました。今日の感じだと、終いに脚を使わせる形がいいのではないでしょうか。勝った馬が強かったです」

【フェアリーステークス】初重賞挑戦も終始外を回され6着...

前走と同じように道中は後方で待機。直線外に持ち出され、伸びはしたが、6着。この着順をプラスに考えるかマイナスに考えるかは中々難しいところだが、初重賞挑戦だったこと、内枠が圧倒的な有利の中山マイルで終始外を回されたこと、更に前残りの決着になったことを考えれば悪くはない内容だったのではないか。
以下はレース後の鞍上丸山元気騎手のコメント
inyofu 「流れが遅く、ペースが向きませんでした。馬は良かったです」

【春菜賞】道中後方で脚を溜めるも直線伸びず7着敗退...

これまで通り後方で脚をためる競馬をしたものの、直線思ったほど伸びず7着敗退。これは、距離短縮が悪い方向へ働いた結果か。また、上位は6番1番5番の順で決まっていることから終始内を回った馬の決着だったことも敗因に挙げられる。
http://www.youtube.com/watch?v=ccfquR_MsnQ
以下はレース後の鞍上岩田康誠騎手のコメント
inyofu 「状態は良かったです。勝ち馬の後ろでレースを進めていましたが、最後は脚を使っていませんでした」

春菜賞では不可解な敗戦を喫したが、その後のアネモネステークスでは巻き返している。師の言うように距離延長が良い方に働くような馬なのだったら、前々走の敗戦についても納得がいくし、ここでも好勝負を期待できるのではないか。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line