TOP > 競走馬 > 【2015年フローラS】トモの良さに自信あり!距離適性はある!フロレットアレー
競走馬

【2015年フローラS】トモの良さに自信あり!距離適性はある!フロレットアレー

ミモザ賞で2着に好走してフローラSに挑むフロレットアレー。近親に活躍馬が多数いる良血馬であり、そしてフローラSで3着だった母のブルーミングアレーを超えて、GⅡのここでその血が開花するか。今までの戦績を振り返ってみよう。
馬キュレ

近親にGⅠ馬あり! フロレットアレーの血統

父ディープインパクト、母ブルーミングアレーという血統で、母はフローラS3着からオークスに進んだことや、エイシンフラッシュ、レインボーダリアと好勝負を演じた実績がある。母の弟には2014年の天皇賞・秋を制したスピルバーグや、2013年のマイルCSを制したトーセンラーがいる良血馬である。
inyofu SS系の最良種牡馬ディープインパクトの産駒フロレットアレーが中心だ。ディープ産駒は2013年にデニムアンドルビー、エバーブロッサムがワンツー。長い直線で鋭い決め手を発揮する。叔父に天皇賞・秋を勝ったスピルバーグがおり、東京の2000メートルはぴったりだ。

初勝利までの道のりからその後の戦績を振り返る。

3戦目も惜敗・・・

新馬戦では、終始馬群に包まれて不完全燃焼の競馬になってしまい、巻き返しを狙って迎えた2戦目も2着に惜敗し迎えた3戦目。ファンはここでも能力を信じて1番人気に支持した。しかし、直線では上がり3ハロンをメンバー中2位タイの脚で駆け抜けるも、前を行く馬を捕えきれず2着に惜敗した。

ついに初勝利!

C.デムーロ騎手の進言で距離を延ばし、何としても負けられない状況で2200mのレースに参戦した。道中はいつもと違って3番手を進み、直線では先行策から抜け出し、2着に4分の3馬身差をつけ記念すべき初勝利を挙げた。

ゴール直前で強襲にあい2着 ミモザ賞

新たに田辺裕信騎手とコンビを組み、昇級初戦ながら2番人気と高評価を得たミモザ賞。前走同様に先行策をとり、直線では1番人気ダイワミランダを交わし勝利を手にしかけたが、ゴール前で大外から伸びたリアンドジュエリーの強襲にあい惜しくも2着に敗れた。
inyofu フロレットアレー(田辺裕信騎手) 「ダイワミランダを意識していた分の差でしょうか。ジリっぽいところが長所であり短所でもあります。決め手のある馬にためられてしまうと厳しくなります。身のこなしはいいですし、もう少し距離があっても走れると思います」

脚の使いどころひとつ! フローラS情報

小島師いわく、同馬はジリ脚タイプで脚の使いどころが難しいということなので、2回目の騎乗となる田辺騎手の手腕に期待している。
inyofu フロレットアレー(牝3・美浦・小島茂之)について、小島調教師。 「小柄な馬なので、元々強い稽古は必要ありません。今日(4/22)もやり過ぎないように単走で軽く仕掛ける程度の追い切りでしたが、動きは良かったです。本当に良くなってくるのはまだ先だとは思いますが、オークスに向けて余力を残して調整しています。

ディープインパクト産駒は、わりと早めにエンジンをふかしていくのが良いという話をジョッキーから聞いています。この馬はそのエンジンをふかすタイミングや脚の使いどころが難しくて、未勝利をなかなか勝てませんでしたが、今回は田辺騎手も2度目の騎乗ですし、この馬のことを分かっているのは良いと思います。パドックでカリカリするところがありますが、使うごとに落ち着きが出ています。東京の2000mも合っている条件ではないでしょうか。先手も取れる馬ですし、あとはスムーズにエンジンをふかせられればと思います」

今回の出走メンバーで唯一のディープインパクト産駒ということで、東京コースとの相性はメンバーの中では一番だろう。先行もでき、差す競馬もできる自在性も大きな武器となるに違いない。勝って母を超える結果を残し、オークスで躍動することができるか、大注目である。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line