TOP > 競走馬 > 【2015年オークス】心肺機能に自信あり! 400m伸びても心配ない! ディアマイダーリン
競走馬

【2015年オークス】心肺機能に自信あり! 400m伸びても心配ない! ディアマイダーリン

前走フローラSでは1番人気の支持を得たが、惜しくもクビ差で2着となったディアマイダーリン。しかし、東京競馬場では3戦して連対を外したことが無い安定感でオークスに挑む。
馬キュレ

【ディアマイダーリン】の血統! 昨年のオークス馬・ヌーヴォレコルトと同じハーツクライ産駒!

ディアマイダーリンの父ハーツクライは昨年のオークスでハープスターを破り樫の女王に輝いたヌーヴォレコルトを輩出した。血統的にはこれからの伸びしろが期待できるはずで、楽しみが広がる。

ディアマイダーリンの血統表はこちら↓

【赤松賞】ゴール寸前でグイッとひと伸び!2連勝!

デビュー3戦目の東京芝1800mで初勝利を飾った後は赤松賞に出走したディアマイダーリン。中段内目で脚を溜めたディアマイダーリンは直線では進路が無くなりかけるが、前を行く2頭の間を割って伸びるとゴール寸前でテンダリーヴォイスを交わし先頭でゴール。連勝を決めた。
inyofu レース後のコメント 1着 ディアマイダーリン 菊沢隆徳調教師 「前走でいい競馬をしてくれましたし、今日はマイル戦でしたが、東京なら流れが落ち着いているので大丈夫だと思いました。テンションの面で心配はありましたが、ギリギリもってくれました。競馬で気持ちが発揮されたと思います。今日は収穫がありました」

【フラワーC】懸命に食い下がるも3着…

初の重賞挑戦となったフラワーC。スタートでやや出遅れる形になったディアマイダーリンは後方からの競馬。道中では徐々にポジションを上げていき、4コーナーでは5番手の位置で最後の直線へ。差を広げるアルビアーノを追いかけるが前には届かず。ゴール寸前ではアースライズに交わされ3着に敗れた。
inyofu 3着 ディアマイダーリン(M・デムーロ騎手) 「スタートで少し遅れました。テンションが上がっていましたが、4コーナーではいい形に持ち込めました。いい馬です。能力を感じました」

オークストライアル【フローラS】で2着!

フローラS前の調教では、坂路を馬なりで4ハロン56・9―42・1―14・0秒。
同厩の古馬500万下と余力十分に併入した。休み明けをひと叩きされて確実に素軽さがアップしてきた印象であった。
菊沢調教師は、
「落ち着きがあっていい雰囲気。休み明けを思えば前走(GIIIフラワーC=3着)は悪くない競馬だったし、あまり器用なタイプではないので、広い東京コースに替わるのもプラスでしょう。入厩当初から心肺機能には目を見張るものがあった馬。改めて期待したいですね」
とコメント。
その期待に応えるように、スタートから好位に付け力走、ゴール寸前まで勝ち馬シングウィズジョイと競り合うが、クビ差で2着となった。しかし、タイム差は0.0秒と内容的には勝ちに等しいものだろう。

【オークス】での前評判は?

inyofu 南ウッドで単走。終始馬なりも、柔らかみのあるフォームで体調の良さが伝わってくる(5ハロン68・2―38・9―12・5秒)。
inyofu 菊沢調教師「スッとギアを換えて言うことなしの仕上がり。早くからオークス向きと思っていた。伸び伸び走ってほしい」
inyofu 菊沢調教師「レースから1週間でカイバ食いが戻ったし、中3週はちょうどいい間隔だね。東京で実績があるように、手前の関係で広いコースが合う。前走はスローでも抑えが利いていた。内容的にも力負けって感じではなかったからね」

オークストライアルフローラSでは2着と好走したディアマイダーリンだが、レース後もカイバ食いが戻り、さらに上昇ムードを見せている。
陣営のコメントでは、体はすぐ回復し、精神面も成長しており、万全の状態でオークスを迎えられそうだ。
現状の予想単勝オッズでは、24.9倍の11番人気であり、人気こそイマイチだが実力は桜花賞組に負けていない。
コースの広い東京競馬場では、3戦2勝、2着1回と好相性、オッズも手ごろで穴をねらう価値は十分だ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line