TOP > 予想/馬券 > コース分析ができれば馬券は当たる!【新潟芝2200m】
予想/馬券

コース分析ができれば馬券は当たる!【新潟芝2200m】

重賞は組まれていないが、特別戦は数多くある。1~2コーナーにかけては緩いの上りとなるコース形態だ。果たしてどんな傾向が見られるのか!?今回はこのコースを枠、血統、騎手などから特徴を探り出しまとめてみた。データは2010年からのものに基づく。
馬キュレ

枠順別成績!4枠が優秀!

馬キュレ
枠順別成績はご覧の通り。4枠の馬が勝利数・勝率で抜けた成績。複勝率を比較すると内枠が有利と言えそうだ。1枠の馬の単勝回収率の高さも見逃せない。

脚質別成績!追い込みは厳しい…

馬キュレ
脚質別成績はご覧の通り。コーナー4つのコースのため、切れ味よりかは長くいい脚を使えることが好走の条件だ。前に行ける馬が狙い目。追い込み一辺倒の馬厳しいと見てよい。

種牡馬別成績!サンデー系が強い!

馬キュレ
種牡馬別成績はご覧の通り。切れ味はそこまで必要ないと述べたが、上位にランクインしているのはサンデー系の種牡馬たち。コースとの相性は悪くないと言える。この条件でもトップに位置するディープインパクト産駒はさすがである。

騎手別成績!頼れる蛯名!岩田&菱田もすごい!

馬キュレ
騎手別成績はご覧の通り。これまで24度の騎乗で複勝率5割越えの蛯名騎手は信頼度大。騎乗数は少ないが、岩田騎手、菱田騎手の二人の複勝率には目を見張るものがある。要注意だ。

厩舎別成績!栗東の厩舎に注意!

馬キュレ
厩舎別成績はご覧の通り。角居・池江・藤原といった関西の名門厩舎がこのコースに管理馬を出走させてきたら、買い時であるのは間違いない。要チェックだ。

1コーナーまでの距離が長く、コーナー4つで、非根幹距離の2200mのこのコース。独特なコース形態だが、馬券購入の手助けとなる様々なデータが見られた。これらを駆使し、馬券的中の流れに乗りたい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line