TOP > 競走馬 > お前を信じてたのに・・・一番人気を盛大に裏切った馬たち
競走馬

お前を信じてたのに・・・一番人気を盛大に裏切った馬たち

圧倒的な実力と数々の実績を引っさげ、一番人気だったにも関わらず大敗退。
競馬では、こういうこともよくある。今回は、そんな一番人気を盛大に裏切った競走馬をまとめてみた。
競走馬

三冠馬がまさかの失態【オルフェーヴル】

inyofu 京都競馬場で行われた天皇賞・春(4歳上、GI・芝3200m)は、石橋脩騎手騎乗の14番人気ビートブラックが、道中3番手を大きく離す2番手追走から、4コーナーで先頭に立つと直線もそのまま粘り込み、3番人気トーセンジョーダンに4馬身差をつけて優勝した。勝ちタイムは3分13秒8(良)。さらに、2馬身差の3着に2番人気ウインバリアシオンが入り、圧倒的の1番人気オルフェーヴルは11着に敗れている。

動画を見る
中央競馬史上7頭目のクラシック三冠馬【オルフェーヴル】。圧倒的人気と実力がありながらの、まさかの大惨敗。
その後持ち直し、宝塚記念や有馬記念を制しているものの、このレースでのファンの落胆は計り知れないものがあった。

有終の美を飾れず【タイキシャトル】

inyofu JRAからの要望により、予定を変更してスプリンターズステークスを引退レースとすることとなった。しかし単勝1.1倍の圧倒的人気を集めたものの、太め残り(タイキシャトルの出走歴で最も重い530キロでの出走)の影響もあってかマイネルラヴ、シーキングザパールの2頭にアタマ、クビ差の3着と敗れてしまった。全成績を通してみると、この馬が連対を外したのはこの1戦のみである。

動画を見る
【タイキシャトル】は、マイルチャンピオンと呼ばれ、
13戦11勝の成績のうち、フランスのジャック・ル・マロワ賞(GI)を含め、マイル戦は7戦全勝。
最後の引退レースも単勝1.1倍の圧倒的人気を誇ってただけに、有終の美を飾れなかったことが残念でならない。

全てはこの敗退から始まった【フサイチホウオー】

inyofu 1番人気のフサイチホウオーも、同様に斜行したこともあってか伸び切れずに後続にもかわされて7着と敗れた。

動画を見る
無敗で重賞を3連勝し、その期待のまま皐月賞に挑んだが惜敗。しかし、人気は衰えることなく、
1番人気で挑んだ日本ダービーでも惨敗。その後も数々の重賞に挑むがどれも惨敗、
その後、勝利することなく引退。なんとも惜しい競走馬である。

プレッシャーに負けたのか、圧倒的人気に応えられず負けた競走馬は多い。
だからこそ競馬は面白く、万馬券などのロマンが生まれるのだが。
競馬ファンとしてはなんとも複雑な心境である。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line