TOP > コラム > こりゃ深すぎるww覆面馬主【砂の6号】5月2日(土)東京10R・京都12R 予想
コラム

こりゃ深すぎるww覆面馬主【砂の6号】5月2日(土)東京10R・京都12R 予想

馬キュレ
どうも。☆覆面馬主・砂の6号☆です。

先週日曜の推奨レース、京都10R『上賀茂S』は見事『◎→△』の順で決まり『馬単2370円を的中!』。
さらに、勝ち馬エノラブエナを◎と同時に激走馬★にも推奨していたため『単勝480円、複勝190円も同時的中!』という結果でした。

もし、このブログを参考にして馬券を獲られた方がいましたら、おめでとうございます!

さて、今週末の目玉レースはGII青葉賞とGI天皇賞(春)。遠く海外では英国で2000ギニー、そして米国でケンタッキーダービーが行われます。

しかし!この数あるビッグレースに目もくれず、今週もマイペースの予想をお送りいたしますw

では、今週も張り切っていきましょう。
土曜日のターゲットは、当ブログの大好物であるオンリーワンの距離・ダート2100mで行われる東京10R『春光S』(1600万下)。
かつては、2000~08年までジャパンカップダートが行われた名誉あるコースなのですが、ジャパンカップダートが阪神に移設されてからは、一転してマイナー感が強くなってしまったコースです。。

それでも、かつてはクロフネやカネヒキリ、ヴァーミリアンなどの名馬が駆け抜けた栄えあるコース。今回も期待に違わぬ好レースが繰り広げられることでしょう。

では、恒例となった簡単なコースの説明から。
スタート地点は、直線のゴール板手前。最初のコーナーまでは約236mしかなく、スタートしてすぐに第1コーナーを迎える。そのため、外枠に入ってしまった先行馬は不利。
コーナーを4つ回るコースのため、やはり逃げ先行馬が有利で、勝率の50%以上を占める。しかし、東京コースらしく長い直線を利して差しが届く展開となることも少なくない。
そのほかの特徴としては、上がりが早くなる傾向があり、好位からでも早い脚が使える、いわゆる決め手のある馬が理想的。

このコースの種牡馬データも載せておくので、ご活用ください。

★東京ダート2100m 種牡馬データ(2010~14年、勝ち数トップ10以内の種牡馬が対象)
・最多勝:ミスプロ系キングカメハメハ(12勝)
・勝率 :サンデー系マンハッタンカフェ(約16%)
・連対率:サンデー系ゴールドアリュ-ル(約25%)
・単回収:サンデー系アグネスタキオン(回収値176)
・複回収:ミスプロ系アルカセット(回収値118)

勝ち数ベスト10のうち6頭を占めるサンデー系が好相性。その他ではキングカメハメハとアルカッセットの2頭がランクインしているミスプロ系(キングマンボ系)。

★☆土曜東京10R・『春光S』の予想☆★
春光Sは、昨年までは同時期にダート1600mで行われていた競走。
よって今回参考にするレースは、2010~2014年のこの時期に今回と同じ条件で行われていた丹沢S。
なお、2010年の丹沢Sはハンデ戦で行われているので、ご承知おきください。

過去5年の平均配当は5040円。新しい順に3660円、960円、1020円、16530円、3020円。2011年は馬連で万馬券が出ており、波乱の要素あり。

過去10頭の連対馬に関するデータで、目に付くのはこんなところ。
①連対馬10頭の馬齢は、すべて4~6歳。4歳が5頭で最多。ついで5歳が4頭、6歳が1頭。
②1~3番人気以内の馬が5連対。1番人気2連対、2番人気2連対、3番人気1連対といずれも信頼度は高くない。
③逃げ馬の連対はないが、4角を2番手で回った馬の成績が(0-3-2-0/5)と優秀。
 一方、4角を10番手付近で回り、かつ最速の上がりを使った馬の成績も(2-1-1-1/5)と優秀。
④関東所属馬が9連対。複勝圏内に広げても関東所属馬が14頭と圧倒的。
・相性の良い種牡馬はゴールドアリュール産駒。過去5年で3勝、3着が2回。(今回は該当馬なし)
⑤相性の良い騎手は、蛯名騎手が3連対、北村騎手が2連対。

もうひとつ、連対馬に関する前走データで、目に付くのはこんなところ。
⑥前走は、中山距離1800mを走っていた馬が6連対。
⑦休み明けの馬と牝馬、さらに1000万下からの昇級組はすべて連対なし。
⑧前走着順は、2着と9着が3連対と最多。なお、前走成績には傾向があり“前走成績が良かった馬+悪かった馬”という組み合わせはない。
 前走成績は新しい順に(11着→9着)、(2着→2着)、(9着→9着)、(6着→8着)、(3着→2着) ※カッコ内は左が1着
⑨前走人気は、6番人気以下が8頭と多数派。中でも6番人気が3連対と最多。
⑩過去の連対馬は10頭は、全て“東京2100mで連対実績がある馬”もしくは“東京2100m未経験”のどちらか。
 さらに未経験同士の決着はなく、必ず1頭は連対実績のある馬が連に絡んでいる。

データは以上。

なかなか傾向が掴みづらいレースだが、過去5年で100%の前例がある項目①⑦⑩を重視して軸馬を探したい。

☆結論☆
◎アドマイヤランディ
○クラージュドール
▲ナンヨーマーク
△キャニオンバレー
△スギノハルバード
△ギャザーロージズ
△ドレミファドン
☆ハスラー
☆オメガスカイツリー

今回、重要視した条件①⑦⑩をすべて満たす馬は以下の4頭。
アドマイヤランディ、クラージュドール、タイガーシード、ナンヨーマーク

この4頭の中から◎に指名したいのがアドマイヤランディ。
同馬の武器は、ダートのキャリア8戦の中で、6回最速上がりをマークしている末脚。
項目③にあるように、このレースで最速の上がりをマークした馬の成績は優秀で、自慢の決め脚を武器に上位進出の可能性は高そうだ。
管理する須貝調教師の東京2100mの成績(3-0-1-3/7 連対率43%)も、母数こそ少ないが、かなり優秀で魅力十分。
項目④の関東馬優勢の傾向が若干不安だが、それ以外に欠点はなく、この馬を本命とした。

この馬自身も、休養明けの前走を叩かれて順調に良化。3走前の雅Sでは、後に交流GIIエンプレス杯を制したアムールブリエを抑えて1番人気に推されたほどの馬である。
前2走は共に重馬場で、前→前の決着に泣かされたが、決め脚が活かせる条件に変わる今回は、巻き返しの期待がかけられる。

○は、コースデータNo1のキングカメハメハ産駒のクラージュドール。
同馬の東京2100m実績は(0-2-0-0/2)と抜群で、さらに管理する池江調教師も(2-3-0-6/11 連対率46%)と東京2100mで好成績。
本来なら本命としたいところだが、気になるのは手綱を取る川田騎手の成績。
東京2100mでは驚くほど乗れておらず(1-0-0-7/8)という成績。クラージュドールにも過去2度騎乗して3馬人気→8着、3馬人気→10着といずれも人気を裏切っている。

馬自身は現級勝ちのある実力馬なので、力を出し切ればアッサリの可能性まであるのだが、今回に限っては川田騎手との相性を疑問視して対抗評価とした。

▲は、前記2頭ほどの押し材料がないため3番手評価となったが、項目⑤のとおり鞍上の蛯名騎手の成績が好材料。
丹沢Sだけでなく、東京2100mで行われた全レースでみても蛯名騎手は(16-12-13-54/95 連対率30%)という好成績で、勝ち数はトップだ。

△は、以下の4頭。
項目⑧にあるように前走2着が光るキャニオンバレー。ただし、鞍上の武豊騎手は(1-1-4-10/16)とイメージほどの成績を残していないため、連下評価。
スギノハルバードは、このレースと好相性の北村騎手が魅力。項目③にある2番手の競馬が出来そうな点も良い。
その他、年齢がネックだがこのコースが得意なギャザーロージズとドレミファドンの2頭も要警戒。

最後に、このコース勝ち数2位のシンボリクリスエス産駒ハスラーと、項目⑥にある前走中山1800m組のオメガスカイツリーを抑える。

馬券の本線は馬単
 ◎ ⇔ ○▲△へ
 ◎ → ☆へ

少額で1頭軸の3連単マルチ
 ◎ → ○▲△☆へ、※☆は1着には不要

※実績データは2010/01/01~2015/01/01の東京ダート2100mが対象

-----------------------
★☆おまけ、の土曜京都12R4歳上1000万下の予想☆★

おまけは、京都ダート1800mで行われる12R『4歳上1000万下』をピックアップ。

このコースで狙うべきは、勝率、連対率共に優秀なキングカメハメハ産駒。

京都コースの種牡馬成績はこちらで
こりゃ深すぎるww覆面馬主【砂の6号】4月26日(日)京都10R・福島7R 予想

今回、キングカメハメハ産駒はエアカミュゼ、スマートラファエルの人気2頭。
このどちらを軸にするかは、騎手データを参照することに。

☆エアカミュゼ騎乗、ルメール騎手の京都ダート1800mの成績
(15-7-6-46/74 勝率20%、連対率30%、回収値単78、複70) 勝ち数13位

☆スマートラファエル騎乗、福永騎手の京都ダート1800mの成績
(25-34-26-158/243 勝率10%、連対率24%、回収値単36、複73) 勝ち数5位

☆結論☆

 ◎エアカミュゼ
 ○スマートラファエル
 ▲スズカルパン
 △ショーグン
 ☆キングクルーザー
 ☆サンライズベーダー
 ☆スズカウラノス
 ☆セレッソレアル

エアカミュゼの前走5着は、5ハロン通過が60.7秒というハイペースを好位3番手で追走した結果。
上位は中団待機組が占めており、それでも勝ち馬から0.2秒差に踏ん張った地力は評価できる。

なお、3着候補は混戦なので☆は手広く行くことに。

馬券の本線は馬単
 ◎ ⇔ ○▲△
 ◎ → ☆

少額で3連単フォーメーション
 ◎を1、2着にマーク → ○▲△☆へ ※☆は1着には不要

※実績データは2010/01/01~2015/01/01の京都ダート1800mが対象

-----------------------
★☆巻末の付録・データ館☆★

今回は土曜から開幕する新潟ダートコースの種牡馬成績を載せておきます。
た・だ・し・今回も平場オンリーのデータなので、特別戦は含めませんw。是非ご活用ください。

☆新潟ダートコース・距離別種牡馬データ☆
※実績データは2010/01/01~2015/01/01の新潟ダート平場レースが対象

☆1200m
1位 サウスヴィグラス
 (17-8-11-98/134) 勝率13%、連対率19%、複勝率27% 回収値単85、複97
2位 クロフネ
 (12-6-5-81/104) 勝率12%、連対率17%、複勝率22% 回収値単108、複67
3位 ゴールドアリュール
 (11-6-9-101/127) 勝率9%、連対率13%、複勝率21% 回収値単83、複76

☆1800m
1位 ネオユニヴァース
 (19-13-13-121/166) 勝率11%、連対率19%、複勝率27% 回収値単135、複84
2位 キングカメハメハ
 (19-11-21-101/152) 勝率13%、連対率20%、複勝率34% 回収値単87、複76
3位 シンボリクリスエス
 (17-17-28-141/203) 勝率8.4%、連対率17%、複勝率31% 回収値単61、複68

-----------------------
以上、6号でした。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line