TOP > コラム > こりゃ深すぎるww覆面馬主【砂の6号】かしわ記念 予想
コラム

こりゃ深すぎるww覆面馬主【砂の6号】かしわ記念 予想

馬キュレ
どうも。☆覆面馬主・砂の6号☆です。

先週、お届けした南関東重賞SIII『しらさぎ賞』は『◎→▲→☆』で決まり『馬単950円、三連単10610円的中!』という結果に。
小回り向きの機動力が武器のノットオーソリティが逃げ切って1着。2、3着には騎手項目で紹介した森騎手と的場騎手が入り、単勝1.8倍の1番人気が勝ちながら、三連単は嬉しい万馬券となりました!
見事に獲られた方、おめでとうございます!

まだご覧になってない方はコチラ
こりゃ深すぎるww覆面馬主【砂の6号】結論! しらさぎ賞 予想

今回は、明日5/5(火)に船橋競馬場で行われる地方交流戦『かしわ記念(JpnI)』を予想します。
昨年の勝ち馬はコパノリッキー。前走のフェブラリーS勝利からの連勝となりました。
それ以前にもエスポワールシチーやブルーコンコルドなど中央・地方問わずに活躍した名馬たちが、歴代の優勝馬として名を連ねるレースです。

それでは、船橋競馬場の簡単な説明からいきましょう。

☆コース☆
今回のターゲット『かしわ記念』が行われる舞台は、南関東でも大井に次ぐ規模を誇る船橋競馬場(左回り)外回り1600m。
船橋競馬場は今年6月からナイター競馬が開催されることでも注目されています。
南関では大井、川崎に続くナイター開催場となり、仕事帰りに立ち寄れる社会人にとっては朗報ですよね。
その名も『ハートビートナイター』ということで、心躍るのは我々競馬ファンなのか、はたまた主催者の方なのか?

1600mのスタート地点は、スタンド正面の4角寄りの地点。最初のコーナーまでは200m以上の距離がある。そこからコーナーを4つ回り、最後の直線308mでの攻防となる。
最初のコーナーまで距離があるので、枠順の差はほとんど気にする必要はない。地方競馬場なので一般的に先行馬が有利というセオリーは、ここでも変わらず。
船橋競馬場は、地方競馬では珍しくスパイラルカーブ(進入角度が緩く、出口がきついカーブ)を採用しているため、コーナーリングでそれほどスピードが落ちない。
これは先週の浦和競馬場とは異なり、コーナーでの捲りが打ちやすいという側面を持つ。
また、コーナー出口の角度がきついため、直線で各馬がバラケやすく、そこを狙って差してくる馬にも注目したい。

余談だが、このレースとは別に距離1500mで行われるレースには注意が必要。特徴的なコースなので傾向が出やすい。
まず、スタートしてすぐ(170mほど)でカーブを迎えるため、スピードに乗りにくくペースが落ち着きやすい。よって先行馬有利が顕著となる。
また、すぐに最初のコーナーを迎えるため内枠が有利に見えるが、統計的には逆の結果が出ており、中~外の枠番の方が有利というデータがある。

それでは、ここから『かしわ記念(JpnI)』のデータです。
対象は、2010~2014年に行われた『かしわ記念』の連対馬10頭。(一部のデータは過去10年)
なお、このレースは2005年からJpnIに昇格した競走で、それ以降では中央馬8勝、地方馬2勝という成績となっています。(2008年のボンネビルレコードは中央馬としてカウント)

①傾向
過去5年の馬連平均配当は1440円。新しい順に1820円、480円、600円、2500円、1820円。
連対馬10頭はいずれも5番人気以内で、これは3着以内の15頭で見ても同じ。荒れない傾向で6番人気以下は割引き。

1番人気の成績は新しい順に、3着(1.8倍)、3着(2.0倍)、2着(3.2倍)、3着(1.4倍)、1着(1.1倍)。3着が多く連軸としての信頼度はイマイチ。
人気馬の成績は過去10年まで遡ると、1番人気(3-3-3-1/10)、2番人気(4-1-2-3/10)、3番人気(2-2-2-4/10)。複勝圏内なら1番人気が堅い。
なお、3連複が1~3番人気で決まったのは4回。そのうち1→2→3番人気の順で決まったのは1回だけ。

また、過去5年の連対馬の人気は以下のとおり。カッコ内の左が優勝馬。
2014( 2人気 → 4人気 )、2013( 2人気 → 3人気 )、2012( 3人気 → 1人気 )、2011( 2人気 → 5人気 )、2010( 1人気 → 5人気 )。

②馬齢
連対馬の馬齢は4~8歳。4歳が2連対、5歳が2連対、6歳が1連対、7歳が2連対、8歳が3連対。1着は4歳と7歳が2勝で最多。
ただし、近3年は連続して2着に8歳馬が来ており、4番人気以内の高齢馬には注意が必要。

過去の連対馬10頭の馬齢は、以下のとおり。カッコ内の左が優勝馬。
2014( 4歳 → 8歳 )、2013( 4歳 → 8歳 )、2012( 7歳 → 8歳 )、2011( 7歳 → 5歳 )、2010( 5歳 → 6歳 )。

③前走
2月に東京競馬場で行われるフェブラリーS(GI)組が5頭。(着順は1着が3連対。2着と5着が1連対)
3月に船橋競馬場で行われる交流重賞ダイオライト記念(JpnII)組が2連対。(フリオーソが2回。着順は共に5着)
その他は中央重賞(1800m)レース組が2頭。(着順は1着と14着)
その他は地方交流重賞(1200m)レース組が1頭。(着順は2着)

④実績
過去10年の勝ち馬、全てにダート1600mでの勝利実績があった。

⑤4角位置
過去の連対馬10頭の3角の位置取りは、以下のとおり。カッコ内の左が優勝馬。
2014( 4番手 → 1番手 )、2013( 2番手 → 1番手 )、2012( 1番手 → 2番手 )、2011( 1番手 → 2番手 )、2010( 3番手 → 2番手 )。

連対馬はいずれも、4角で4番手以内につけている。

⑥所属
過去5年ではJRA所属馬が7連対(美浦0栗東7)。地方は川崎のフリオーソが3連対。
過去5年の連対馬の所属は以下のとおり。カッコ内の左が優勝馬。
2014( JRA → JRA )、2013( JRA → JRA )、2012( JRA → 川崎 )、2011( 川崎 → JRA )、2010( JRA → 川崎 )。

⑦血統
過去5年では、ゴールアリュール産駒が4連対と好調。コパノリッキーが1勝、エスポワールシチーが2勝、2着1回。

⑧騎手
過去5年で、このレースと相性の良い騎手は戸崎騎手で4連対。(今年は騎乗予定なし)
過去10年まで遡ると幸騎手が4回の騎乗で(2-2-0-0/4)と大活躍。(今年はセイクリムズンに騎乗予定)

⑨リピーター
連続して好走するリピーターが活躍するレースでもあり、過去10年ではエスポワールシチー(4連対)、フリオーソ(3連対)、ブルーコンコルド(3連対)など。

データは以上。

で、ここからが本題。

今回人気を集めるのは、やはりJRA勢。過去10年でも地方馬で連対したのは古馬混合の交流GI勝ちのあるフリオーソ、アジュディミツオーの2頭だけ。
今年、地方馬の代表格と目されるハッピースプリントは、これまで古馬混合の交流GIで4着2回とワンパンチ足りない印象。

優勢なJRA勢の中でも、今年9歳となるワンダーアキュート、セイクリムズンの2頭は上記のデータから、あくまで連下候補。
予想の肝は、おそらく1~3番人気となるサンビスタ、ベストウォーリア、クリソライトの3頭の序列。

この中でまず減点の対象となる項目が多いのがクリソライト。

まず、項目④のマイル実績がない点は大きなマイナス。
また、項目③の前走データで、一見相性がよさそうに見える『前走ダイオライト記念』も注意が必要。
このダイオライト記念は距離2400mで行われるレースで、今回のマイル戦とは問われる資質がハッキリと異なる。
過去5年で見ると、ダイオライト記念の勝ち馬の次走成績は以下のとおり。(カッコ内は、左から次走距離、着順、人気)
13年(1800m、3着、1番人気)、12年(1800m、6着、3番人気)、11年(1600m、4着、4番人気)、10年(2000m、1着、1番人気)、09年(1800m、3着、2番人気)

1着になっているのは、次走に帝王賞(大井 2000m)に出走した2010年スマートファルコン1頭だけ。それ以下の距離では軒並み期待に応える結果を残していない。

また、過去にかしわ記念で好結果を残しているフリオーソの成績も参考になりそう。

08年ダイオライト記念(2400m)1着 → 帝王賞(2000m)1着
09年ダイオライト記念(2400m)1着 → かしわ記念(1600m)5着
10年ダイオライト記念(2400m)5着 → かしわ記念(1600m)2着
12年ダイオライト記念(2400m)5着 → かしわ記念(1600m)2着

ダイオライト記念を勝利すような長距離寄りの仕上げの後では、マイル戦で好結果を残すことは難しいことが判る。

したがって、好相性のゴールドアリュール産駒とはいえ、この3頭の中ではクリソライトの評価を1枚下げることにする。
目標が次走の帝王賞(6/24 大井2000m)であることも明白で、今回は▲評価。

残り2頭の中から本命を選ぶわけだが、今回推したいのは◎ベストウォーリア。
上記項目での減点が殆どなく、惜しむらくは鞍上が、このレースと好相性の戸崎騎手から福永騎手に代わったことと、今回のようにコーナー4つのコースで結果が出ていないことくらい。
騎手交代については、同馬主のアジアエクスプレスとの今後を見据えた鞍上使い分けという可能性もあるが、果たしてどう出るか?
福永騎手は船橋競馬場でのイメージはあまりないが、ベストウォーリアにはデビュー戦をはじめ過去3戦(2勝)の手綱を取っているので大きな不安はない。

また、ベストウォーリアは折り合いに不安のあるタイプで、これまでもマイル以下とそれ以上とで距離による成績差がハッキリと出ている馬。
得意のマイル戦で、昨年圧勝した南部杯のような好位からの競馬が出来れば、ここでも連対は堅いと思われる。

惜しくも対抗評価となった○サンビスタは、2走前のフェブラリーSでベストウォーリアと0.2秒差の競馬をしており、2頭の実力差は殆どないといえる。
これまで牝馬の連対実績が、2011年2着のラヴェリータの1回しかないため、二番手評価としたがこの2頭の序列はなかなか難しい。
過去のかしわ記念でリピーターの好走が多いように、前走このコースで勝利している点は魅力。
そのほか牝馬限定戦の前走から斤量が3kg減となること、などベストウォーリアに負けずに押し材料は多い。
さらに、先週末に行われた中央競馬のダートOP競走では『天王山S』サウンドガガ、『オアシスS』のカチューシャ、『端午S』ホワイトフーガと牝馬が立て続けに勝利しており、流れ的にはこの馬向きの風が吹いている感もある。。

そのほか04、05年に好走したナイキアディライトと成績が似ているハッピースプリントと、マイル実績(11-2-2-4/19)のセイントメモリーの地方馬2頭を3着狙いでマークする。
☆★結論★☆

 ◎ベストウォーリア
 ○サンビスタ
 ▲クリソライト
 ☆ワンダーアキュート
 ☆セイクリムズン
 穴セイントメモリー
 穴ハッピースプリント

馬券の本線は馬単
 ◎ ⇔ ○▲
 ◎ → ☆

おそらく配当はつかないので、◎⇔○の馬単を厚めにする予定。
あと地方交流レースにありがちな、馬単より枠単のほうが配当がつくケースがあるので、必ずオッズは確認すること。

あと少額で3連単フォーメーション

 1着 ◎○▲
 2着 ◎○▲☆
 3着 ◎○▲☆穴

個人的には上の馬券にプラスして、南関生え抜きのセイントメモリーの複勝を買って現地で応援する予定。

みなさまもゴールデンウィーク中は、連日行われる地方の交流重賞で、競馬三昧の日々を過ごしましょうw

それでは良い南関ライフを! 以上、6号でした。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line