TOP > 予想/馬券 > 混戦重賞は調教内容から【2015年新潟大賞典】最終追い切り情報まとめ
予想/馬券

混戦重賞は調教内容から【2015年新潟大賞典】最終追い切り情報まとめ

5月10日(日)に行われる新潟競馬場のメーンレースで混戦必至のハンデキャップ重賞【第37回新潟大賞典(GIII)】今回も有力馬中心に追い切り情報やタイム等をまとめてみた。
馬キュレ

最終追い切り情報 デウスウルト

inyofu オープン昇級後堅実に走っているデウスウルトは栗東坂路で川田騎手を背に単走。時計は4F51秒4-1F12秒4(一杯)と、時計の出にくいコンディションだったことを考えればかなりの好時計で駆け抜けている。時計の秀逸さに加え、長距離輸送を控えながらしっかり負荷をかけられた点も大きく評価でき、叩き3戦目でピークの状態と言えそうだ。

ラングレー

inyofu 小倉大賞典以来2カ月半ぶりとなるラングレーは福永騎手を背に栗東坂路で併せ馬を行った。古馬500万下を追走し、余力十分のまま先着。時計は4F53秒3-1F12秒9(馬なり)をマークしている。1週前追いでハードに攻められたのが奏功してか、休み明けを感じさせない上々の状態に仕上がっているようだ。

ダコール

inyofu 斤量58キロを背負った前走福島民報杯で2着だったダコールは小牧騎手が騎乗し、栗東坂路を単走。ラストの反応にややズブいところ見せ、4F52秒9-1F13秒7(強め)と終いを要してしまった。まとまった休みなく走っており、上積みは強調しづらい。

ナカヤマナイト

inyofu GIIを2勝の実績があるナカヤマナイトは美浦ウッドで今週から短期免許で騎乗するL.オールプレス騎手が跨り、2秒先に行く3歳500万下を追走する意欲的なメニューを消化。1馬身及ばずの遅れ入線だったが余力をたっぷり残して5ハロン64秒台半ばなら上出来だろう。絶好時の迫力にはひと息足りない印象だが、緩んだ雰囲気はなく、まずまずの状態。

ユールシンギング

inyofu 昨年このレースを勝ったユールシンギングは美浦ポリトラックコースで3馬身先に行った古馬1000万を追走。終い重点に攻められ、脚色こそ見劣ったもののゴール前できっちりパスして半馬身の先着を果たしている。これで3週続けてのハード追い。2カ月ぶりの前走を叩かれ、良化は案外スローだったがこのひと追いでなんとか状態整った印象だ。

アズマシャトル

inyofu アズマシャトル・加用師 「追い切りは併せ馬でいい動き。左回りの方が乗りやすいが、ハンデは見込まれた」

アルフレード

inyofu アルフレード(津村)イメージしていたよりも乗りやすい。脚をためていきたい。

出走馬追って一言

inyofu ◆アーデント・加藤征師 「ひと叩きして状態はいい。距離が鍵。のびのびと走らせたい」

◆クランモンタナ・音無師 「冬場はダメなタイプ。前走後はここを目標に調整してきた」

◆ダコール・白倉助手 「落ち着いて、いい感じ。良馬場ならいい競馬ができると思う」

◆ダノンヨーヨー・音無師 「左回りの2000メートルはベスト。コーナーが2つというコース設定もいい」

◆デウスウルト・平田師 「前走は道悪でなく、4コーナーで前がふさがったのが痛かった。スムーズなら」

◆ナカヤマナイト・オールプレス騎手 「火曜は気難しさを見せていたが、水曜はコントロールが利いた。最後の反応も良かった」

◆パッションダンス・友道師 「脚元の心配がなくなって具合がいい。左回りも得意」

◆ヒットザターゲット・加藤敬師 「ここ2走は馬場が悪くて走る気がなかった。良馬場で気分を損ねずに走れば」

◆ヒュウマ・斎藤誠師 「追い切りはリラックスして走れていた。状態は維持できている。距離短縮もいい」

◆マイネルディーン・鹿戸師 「前走はいい内容だった。今回もうまく立ち回れれば」

◆マテンロウボス・昆師 「しっかり動いた。前走は距離が長く、叩いて2000メートルのここに使うのは予定通り」

◆ユールシンギング・大塚助手 「間隔をあけて立ち直っている。馬群から離されずに競馬したい」

◆ラングレー・矢作師 「前走は馬場が悪すぎた。レースがあいても動けるし、舞台設定もいい」

最終追い切りタイム一覧

inyofu アーデント 牡6 56 石橋脩 06日南w良:70.1-54.0-39.1-13.2:馬也
アズマシャトル 牡4 56 *鮫島良太 06日栗C良:81.5-65.7-51.4-38.4-12.3:一杯
アルフレード 牡6 56 *津村明秀 06日南w良:66.1-51.8-37.7-12.6:馬也
クランモンタナ 牡6 55 *丸田恭介 06日栗坂良:52.9-38.7-13.1:一杯
ダコール 牡7 57 *小牧太 06日栗坂良:52.9-39.2-13.7:強め
ダノンヨーヨー 牡9 55 *松若風馬 06日栗坂良:52.6-38.9-13.2:
デウスウルト セ7 55 川田将雅 06日栗坂良:51.4-37.8-12.4:
ナカヤマナイト 牡7 57 *マンビー 06日南w良:64.6-50.5-37.1-12.6:馬也
ハギノハイブリッド 牡4 56 *国分恭介 06日栗C良:88.2-70.7-54.7-39.6-11.9:馬也
パッションダンス 牡7 56 *丸山元気 06日栗ポ良:80.1-65.5-52.2-38.7-11.7:馬也
ヒットザターゲット 牡7 57 *古川吉洋 06日栗坂良:53.3-38.9-13.1:一杯
マイネルディーン 牡6 54 *丹内祐次 06日南w良:53.0-39.2-12.5:馬也
マテンロウボス 牡4 55 四位洋文 06日栗坂良:54.6-39.6-12.7:強め
メイショウカンパク 牡8 55 *川須栄彦 06日栗坂良:54.8-39.9-13.5:一杯
ユールシンギング 牡5 57 *吉田隼人 06日美ポ良:84.0-67.2-52.4-38.0-12.1:一杯
ラングレー 牡4 55 *福永祐一 06日栗坂良:53.3-39.0-12.9:馬也

みんなの評価は


ハンディキャップ重賞なので追い切り内容がどこまで通用するか難しいが、うまキュレ班のおススメ好調教馬は、デウスウルト、アズマシャトル、アルフレード、ナカヤマナイト、ラングレー。特にデウスウルトは、坂路単走ほぼ均等なリズムで駆け、破格のタイムを叩き出した。上がりも12秒4と一杯に追い切って仕上がった印象だ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line