TOP > コラム > こりゃ深すぎるww覆面馬主【小鳥の7号】京都新聞杯予想
コラム

こりゃ深すぎるww覆面馬主【小鳥の7号】京都新聞杯予想

馬キュレ
はいどーん!

◎フェイムゲーム(7人気)にて的中させた春天の複勝と馬連は美味しかったなぁ~!
3複はフォーメーションを組み間違えて不的中にしちまったが、100円ずつ遊んだ3連単もおまけでヒットしたし、ここ最近の負け分をすっかり取り戻せたわ(笑)

あ・・・おまけの3連単取った、とかいうと「嘘つくな!馬券見せろ!」とか言い出すヤツもいるから一応載せといてもらうか?
まぁ、信用されようがされまいが金取るわけでもねーし、俺とすればどっちでも良いんだが、チマチマうるせー読者も居るみてーだし、写真を掲載するかどうかは、うまキュレの編集長に任せるわ。

載せるならコレな。

馬キュレ
ちなみに、馬連と複勝は買い目をコラムに書いたし、いくら買ったかなんて教えたくねーから馬券は載せねーぞ。
直前にチマチマ買い足して取った3連単の画像だけは一応公開しておくぞ。
なぜ公開するか?

前日予想公開時点ではゴールドシップに△しか打たなかったが、パドック、返し馬を見て「こりゃ本線に格上げしなきゃいかんわ!」というデキだったから、馬連でもかなり厚く買わせてもらったわけよ。ゴルシは結構見極めが簡単だしな。とはいえ、分厚く買った馬連の馬券を見せるわけにもいかねーし、じゃぁゴルシが評価上げされている事の証明になるとすれば、ゴルシを1着につけて買っている3連単の的中馬券だよな・・・ってことになるわけで、これだけ披露しとけば良いだろ。という考えだ。ブログ時代からの読者はご存知の通り、俺は3連単はフォーメーション派だからね。マルチで買うなら3連複を買った方が回収率が高いケースがあるからマルチはあまり使わない。

ちなみに、前日予想で公開した買い目は大きな馬場の変化やパドックでのおかしな行動でもない限りそのまま買う事が多いが、ぶっちゃけ、買い目比率や券種、それらの最終結論はパドックや返し馬を見てから決めるのが普通だからな。俺の予想を丸乗りするのも逆神扱いするのも自由だが、最終判断は自己責任だし、パドックや返し馬、そういった相馬眼的なものも鍛えろよ!と思ってるわけで、その辺を勘違いしているような俄かファンは俺のコラムを読まない方が身のためだと思うぞ。

ということで、俺に取ってみりゃ普通のことを書いているのだが、言い方や余計なひと言が癇に障って「7号ムカツク」っていうアンチファンがまたぞろ増えそうだが、実はアンチこそディープな俺のファンじゃねーのか?(笑)って思ってるので、ぶっちゃけどっちでも歓迎だ(笑)

ということで!競馬の時間だ!

明日土曜日は京都新聞杯か。

これってノーザンファーム小学校主催の運動会か?
ノーザンファーム生産の馬が7頭も出てやがる。
勝ち馬もこの中から出るんじゃねーかな・・・ということで、あまり面白いレースでもなさそうだな。

それでも、予想はするかね。

俺の◎はサトノラーゼン!

イマイチ切れる脚がねーな・・・と思っていた印象をガラリと変えてくれた前走。レース後よくよく調べてみりゃ、池江厩舎が調教パターン変えてやがったんだよな・・・。俺としたことが、前走はそれを見誤って、馬単で行きゃ良いものを、馬連でしか買えなかった苦い思い出がある馬だわ。はなみずき賞の最終追いの頃から、テンの入りを遅めにゴールで伸ばし、ゴール版を駆け抜けたあとも1ハロンくらい馬を追うパターンに変えてやがったんだわ。その調教パターンがハマったのか、スゲー伸び脚だったもんな。今までの勝ちきれないイメージが一新されてたわけよ。元々器用な立ち回りは出来るし、その上でこの切れ味が出てきたなら重賞でも勝負になるんじゃねーか?枠も最高のところを引けたし、ここはこの馬から入るぞ。連は外さないと思うけどな。

◎サトノラーゼン
〇ポルトドートウィユ
▲シュヴァルグラン
☆アルバートドック
△ダノンリバティ
△スピリッツミノル
穴リベレーター

トーセンバジルは最終的に押さえるかもしれないがなんだか前の馬を抜こうとしていないのが、気になるんだよな・・・。パドックで活気があるようなら押さえるけど、最終判断はパドックでした方が良いな。

買い方

◎からの馬連を印へ。
トーセンバジルの取捨はパドック見て。

3連単
1着 ◎
2着 〇▲☆穴
3着 〇▲☆穴△△

トーセンバジルを押さえる場合は、3着欄に押さえる。
ただし、調教でサトノラーゼンが多少太めに見えたから、馬体重には注意かな。
多少太けりゃ、1・2着の裏返しを買うかもしれないことだけは付け加えとくわ。

7号以上だ。

他の覆面馬主コラムも要チェックだぞ!

血統の1号⇒コラム
妄想の2号⇒コラム
データの3号⇒コラム
未勝利の4号⇒コラム
牝馬限定の5号⇒コラム
砂の6号⇒コラム

じゃーな!

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line