TOP > コラム > こりゃ深すぎるww覆面馬主【妄想の2号】京都新聞杯予想
コラム

こりゃ深すぎるww覆面馬主【妄想の2号】京都新聞杯予想

馬キュレ
覆面馬主・妄想の2号です!

桜花賞の23万馬券の的中で全ての運を使い切ってしまったのか、ここ2週冴えがない予想公開ばかりで申し訳なく思っております。先週の天皇賞に関しても、ゴールドシップの動き方は見切ったものの最終判断が真逆になるという失態・・・7号さんにも指摘されましたが、妄想をこねくり回し過ぎて迷走しちゃってますね・・・(苦笑)

しかし!妄想をこねくり回すのがワタクシのスタイル!
そのスタイルを曲げてしまえば、自分を捨てる事になるわけですから、そんなことは出来ません。

これからも、妄想スタイル馬券を貫いていきますよ~!

それでは京都新聞杯の予想です。

妄想の出発点は・・・
ノーザンファームはどの馬に勝って欲しいの?
というところがスタートです。

ディープジュエリーのオークス回避を早々に決めたノーザンファーム陣営。
1号師匠が提唱するように出ていればオークスの大本命といっても過言ではない馬なのにもかかわらず、しかも、スイトピーSでは実質直線だけの競馬で、反動が出るようなレースではないのにオークス回避。これは、生産者として自分の名義の馬がオークスを勝つことに対するバツの悪さを回避するための措置なのか?つまりは、個人馬主やクラブ出資者への配慮なのか?とも取れなくないわけで、要は色々使い分けをしてくるわけですよね。厩舎の意向は関係なく、国枝師もネットで使わない事を知ったような口ぶりだったみたいですしね・・・。

つまりは、社台・ノーザン王国の様々な指示が厩舎サイドの仕上げ具合やレース選定にも大きく影響を与えているわけですよね。オーナーなので当たり前といえば当たり前ですが、色々な思惑があるとも言えます。だからこそ、ノーザンファームが勝たせたいのはどれ?という妄想を展開したいと思います。

ダービーでは、皐月賞1・2着のドゥラメンテ、リアルスティール、共にノーザンファーム生産。皐月賞1人気のサトノクラウンもノーザンファーム生産。

種牡馬はそれぞれ、

ドゥラメンテ=キンカメ
リアルスティール=ディープ
サトノクラウン=マルジュー

ドゥラメンテはダービー1人気候補でダービー馬に一番近い位置にいる馬。これがキンカメ産駒であり、皐月賞をすでに勝利しているのなら、今ここでキンカメに力を入れる必要はない。つまりは、ダノンリバティに1番勝って欲しいわけではない!がしかし、個人馬主対策としては好走はして欲しい。こんな感じでしょうか?

つづいて、ディープ産駒。ポルトドートウィユとサトノラーゼン。系列の白老からはアルバートドックがディープ産駒。この中で力が働くとすると・・・サトノラーゼン!ってことになるんじゃないですかね?ドゥラメンテ、リアルスティール共にクラブの馬。個人馬主にとって見ればセレクトセールで高い買い物を沢山しているわけで、同じノーザンファーム生産といっても「クラブ馬ばかり好走しやがって、俺らには良い馬回さないのか?」と言いたくなってしまう状況。となると、サトノラーゼンにはなんとしてもダービーに駒を進めて欲しいのではないでしょうか?つまり、ディープ産駒として走って欲しいというより、セレクトセール対策として走って欲しいという願いがあるんじゃないか?というのは考え過ぎなのか・・・。

そして、実は上記の馬ではなく、一番走って欲しいのは・・・この世代に爆発馬が居ないハーツクライ産駒なのではないか?とも考えられます。ジャスタウェイでドバイ、ヌーヴォレコルト・ワンアンドオンリーでオークス・ダービーを制した昨年は、ハーツクライフィーバーの1年でしたが、現3歳世代の成績ではイマイチ・・・といわざるを得ません。そこに来て、大魔神佐々木オーナーのシュヴァルグランがダービー出走となれば、話題性には事欠かない。ヴィルシーナの弟という血統背景も含めて、ここで勝って欲しいのはこの馬なのでは?と思えるような状況がそろっています。

これらを総合して妄想を繰り広げると・・・

1番勝って欲しいのは、3歳世代不発中のハーツクライ産駒=シュヴァルグラン。2番目に、個人馬主対策として常にセレクトセールで高額馬を購入してくれている里見氏所有のサトノラーゼン。その次にくるのが、サンデーレーシングの目玉牝馬の子供であるポルトドートウィユ。

こんな感じになるのではないでしょうか?

これを背景に、各馬の調教での仕上がり具合を見てみると・・・

サトノラーゼンとシュヴァルグラン。
ちょっと重め残りにも見えなくはないですが、この一追いで変わってきそうな雰囲気ですよね~!

もちろんポルトドートウィユも良いですが、前走をたたき台に使用し、何とかダービー出走を手中に収めたいハーツクライ産駒=シュヴァルグランの成長力に賭けたいと思わせてくれました!

◎シュヴァルグラン
〇サトノラーゼン
▲ポルトドートウィユ
☆アルバートドック
△ダノンリバティ
△トーセンバジル
穴スワーブジョージ
穴リベレーター
穴レントラー

こんな感じのいわゆる社台グループ妄想馬券で勝負しようと思います!

買い方は・・・
来るなら急成長&展開がはまってズドン!頭あってもヒモは無し・・・というイメージの◎の単勝!

そして、◎からの馬連を〇▲☆△△へ5点!

◎不発だった場合の押さえの3連単

1着 〇▲
2着 〇▲☆△△
3着 〇▲☆△△◎穴穴穴

以上56点を少額で。

覆面2号、こんな感じで行きたいと思います!

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line