TOP > レース > 今年はベテラン勢が熱い!?第60回【京王杯スプリングカップ】
レース

今年はベテラン勢が熱い!?第60回【京王杯スプリングカップ】

2015年5月16日(土)に東京競馬場で行われる芝1400メートルのGIIレース、 第60回【京王杯スプリングカップ】。
GI【安田記念】の前哨戦であり、近年は波乱の決着が目立っているこのレースを、レース傾向やレース映像、今年の出走馬の前評判等をまとめてみた。
馬キュレ

【京王杯スプリングカップ】歴史!

inyofu 1956年に5歳(現4歳)以上のハンデキャップの重賞競走『スプリングハンデキャップ』として創設されたのち、1960年に『京王杯スプリングハンデキャップ』に名称を変更。創設当初は2~3月に東京競馬場・芝1600mで行われていたが、1972年に春季後半の東京開催に移設された。また、幾度かの距離変更を経て、1981年から1400mに短縮されて現在に至っている。
inyofu グレード制の導入により安田記念がGI に格付けされた1984年、本競走はGII に格付けされ、安田記念の重要な前哨戦として位置付けられた。また同年より、混合競走となり外国産馬に門戸が開放され、負担重量がハンデキャップから別定に変更となったことに伴い、レース名も現在の『京王杯スプリングカップ』に改称された。
1984年以降は、GI【安田記念】の重要な前哨戦として位置付けられている【京王杯スプリングカップ】。近年では、2005年の優勝馬【アサクサデンエン】と2012年の4着馬【ストロングリターン】が【安田記念】を制し、春のマイル王に輝いている。

【京王杯スプリングカップ】レースレコード!

【京王杯スプリングカップ】のレースレコードは、2014年に【レッドスパーダ】が記録した1:19.7である。【レッドスパーダ】は次走GI【安田記念】で17着となった後、引退となった。

↓【京王杯スプリングカップ】過去5年のレース映像はこちら↓

【京王杯スプリングカップ】レース傾向

inyofu 東京・芝コースに実績のある馬が優勢
過去10年の3着以内馬30頭中23頭は、東京・芝コースで行われた1000万下から上のクラスのレースで優勝経験のある馬だった。一方、その経験がなかった馬は3着内率8.9%と低調な成績に終わっている。過去の戦績を比較する際は、今回と同じ東京・芝コースのレースに実績がある馬を重視したい。
inyofu 5歳馬が優勢
過去10年の年齢別成績を見ると、「5歳」馬が連対率25.0%、3着内率30.0%と比較的優秀な成績を収めている。出走各馬の年齢を比較する際は、「5歳」馬に注目すべきかもしれない。
inyofu なお、年齢が「6~9歳」だった馬のうち、JRAのGI・JpnI かGII・JpnII で連対経験がなかった馬は3着内率9.3%と、その経験があった馬に比べて苦戦している。さらに、その経験がなかった馬は、2010年以降〔0・0・1・18〕とさらに好走例が減っている。JRAのGI・JpnI やGII・JpnII で連対経験のない「6歳以上」の馬は、割り引きが必要だろう。
inyofu 高松宮記念の出走馬に注意
2010年以降の京王杯スプリングC出走馬の中で、同年の高松宮記念で9着以内に入っていた馬は延べ13頭いたものの、すべて4着以下に敗れている。その内訳を見ると、2010年のエーシンフォワード、2010~2012年のサンカルロ、そして2014年のコパノリチャードなど、高松宮記念でのレース内容や結果を評価され、当レースで上位人気に支持されていた馬も含まれている。なお、昨年の優勝馬レッドスパーダも前走で高松宮記念に出走していたが、同馬は17着に敗れていた。同年の高松宮記念で上位に入っていた馬が、このレースでも好走するとは限らないようだ。
【京王杯スプリングカップ】のレース傾向は、【東京・芝コースで行われた1000万下から上のクラスで優勝経験あり】【5歳馬or6~9歳馬で、GI・GIIの連対経験あり】の競走馬が好走する傾向にある。また、【同年の高松宮記念で9着以内に入っていた馬】は近年では好走歴はなく、割り引いた方がいいかもしれない。

第60回【京王杯スプリングカップ】登録馬!

inyofu ダイワマッジョーレ
サクラゴスペル
ヴァンセンヌ
クラリティシチー
ショウナンアチーヴ

プリンセスメモリー
タガノブルグ
インプレスウィナー
ウインマーレライ
アルバタックス

レッドファルクス
ミナレット
アフォード
サトノルパン
バクシンテイオー

ブレイズアトレイル
ワンダーコロアール

以下、抽選対象馬(1/2)

オメガヴェンデッタ
ダンスアミーガ

以下、除外対象馬

ダンスディレクター
エアウルフ
グラッツィア
エールブリーズ
カオスモス

ニシノビークイック
シセイオウジ
ネオザウイナー
アロマカフェ
インパルスヒーロー

フェスティヴタロー
メイショウヤタロウ
ヒラボクディープ
今年の【京王杯スプリングカップ】では、32頭もの登録があった。フルゲートは18頭なので、14頭が除外されることになる。【アフォード】や【インプレスウィナー】などは、昨年に続いての出走になりそうだ。

第60回【京王杯スプリングカップ】予想オッズ!

inyofu 人気 馬名 予想オッズ
1 ダイワマッジョーレ 2.5
2 ヴァンセンヌ 4.1
3 サトノルパン 5.8
4 クラリティシチー 7.1
5 ダンスディレクター 10.2
6 インパルスヒーロー 13.6
7 エールブリーズ 26.8
8 サクラゴスペル 27.6
9 ブレイズアトレイル 43.4
10 ショウナンアチーヴ 58.5
過去10年の【京王杯スプリングカップ】で、単勝1番人気に支持され優勝出来たのは2013年の【ダイワマッジョーレ】だけである。波乱の決着が多いだけに、人気上位馬とはいえ過信は禁物だ。

第60回【京王杯スプリングカップ】有力馬は!?

【東京・芝コースで行われた1000万下から上のクラスで優勝経験あり】【6歳馬で、GI・GIIの連対経験あり】でも【同年の高松宮記念で9着以内に入っていた】ダイワマッジョーレ
inyofu ダイワマッジョーレ(牡6、栗東・矢作芳人厩舎)は一昨年のこのレースの覇者。一時期調子を崩したが、3走前の阪神Cで復調気配を見せると、続く阪急杯でミッキーアイルらを破って優勝。前走は距離不足で伸び切れなかったが、今回は得意の1400m。重賞3勝目が期待される。
【東京・芝コースで行われた1000万下から上のクラスで優勝経験あり】ヴァンセンヌ
inyofu ヴァンセンヌ(牡6、栗東・松永幹夫厩舎)は前走の東京新聞杯を制し、4連勝で重賞初制覇を果たした。勢いではメンバー中一番。今回は初の1400mへの対応が課題となるが、母がスプリント戦で活躍したフラワーパークという血統からもこなせる下地はある。重賞連勝で安田記念へと駒を進められるか。
【東京・芝コースで行われた1000万下から上のクラスで優勝経験あり】サクラゴスペル
inyofu サクラゴスペル(牡7、美浦・尾関知人厩舎)は前々走のオーシャンSで重賞2勝目をマーク。スプリント戦で実績を挙げている馬だが、一昨年の安田記念で5着に入っているように1400mは十分にこなせる距離だ。今年はメンバーがそれほど強力ではないので、上位争いに持ち込めてもおかしくない。

2015年5月16日(土)に東京競馬場で行われる芝1400メートルのGIIレース、 第60回【京王杯スプリングカップ】。 
今年はGIを制したような有力馬はいないため、人気が分散される結果となった。もともと荒れるレースである為、人気上位馬でも過信は禁物だが、その中でも信頼出来そうなのは、実績面で上位の存在である【ダイワマッジョーレ】と、4連勝でここに臨む【ヴァンセンヌ】であろう。
特に【ヴァンセンヌ】は、父【ディープインパクト】×母【フラワーパーク】の超良血馬で、【フラワーパーク】は【高松宮記念】と【スプリンターズS】を制しており、スプリント適正は極めて高い。
屈腱炎による長期のブランクがあり出世が遅れていたが、昨秋、1年7カ月ぶりに復帰すると、初戦2着ののち4連勝、前走から間隔は空いたが、仕上がりに抜かりはないとのことで、期待大だ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line