TOP > コラム > こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの3号】ヴィクトリアマイルの最終結論
コラム

こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの3号】ヴィクトリアマイルの最終結論

馬キュレ
3号です。

華麗な馬券師・イケメンの5号さんの勢いが止まりませんね。

本日も東京の朝イチ、3歳未勝利を
単勝 ⇒ 150円的中
馬連 ⇒ 1560円的中
馬単 ⇒ 1820円的中
3連単 ⇒ 8020円的中
と、購入馬券全てで的中を収める、まさに華麗な的中

詳細は
↓↓↓
こりゃ深すぎるww覆面馬主【牝馬限定の5号】5月16日(土)東京1R予想

「イケメン5号、ディープの牝馬を買う。」

に向けて、まっしぐら

本日の振り返りは後日にして、早速ヴィクトリアマイルの最終結論に入ります。

ヴィクトリアマイル(GⅠ)
東京 芝1600m

=============
同条件の傾向と対策はコチラ
↓↓↓↓↓
コース分析ができれば馬券は当たる!【東京芝1600m】

本日行われる同条件のレース
日曜日 8R
=============

週中のデータ分析でピックアップした項目は以下の7個
傾向
●人気と配当
●ステップ
●年齢と重賞実績
●種牡馬

波乱の主役
●大不振だったGⅠ級が急に甦る不思議な舞台
これが危険
●前走がオープン特別
●キャリア過多の高齢馬

そして過去9年間における配当の平均は
単勝配当  1372円
馬連配当  7048円
馬単配当  15658円
3複配当  43156円
3単配当  351712円

と、本日の京王杯スプリングC同様、全項目で平均を上回る1戦。
ただし、牝馬重賞に限ると馬連・馬単・3複が平均より低く、単勝と3単が平均より高くなっています。 この傾向だと

3複平均↓3単平均↑=3着に上位人気馬
単勝平均↑馬連・馬単平均↓=オッズは割れ気味だか人気馬が勝ちやすい
そんな傾向といえるでしょうか。

ではデータを踏まえ、最終結論に入っていきます。

【本命分析】

過去9年間の勝ち馬の前走
【2勝】マイラーズC
【2勝】阪神牝馬S
【1勝】産経大阪杯
【1勝】ダービー卿CT
【1勝】中山牝馬S
【1勝】ドバイSC
【1勝】ドバイDF
過去の傾向を見ると、やはり牡馬混合のGⅠ戦に出走してきた馬に軍配が上がります。
開催場は阪神が5勝。中山は2頭のみとなってます。

また、着順を見ると前走2着だった馬が最も多く3頭。

このデータを連対馬に範囲を広げても傾向はほぼ同じ。

前走阪神競馬場の重賞競走に出走し、ここに出走してきた馬(着順は気にする必要ないデータ)が好走傾向にあります。

なお、週中のデータの通り、連対馬で前走重賞以外だった馬は0。唯一前走オープン特別からここに挑むタガノエトワールはあっても3着というデータ。

高松宮記念組は4頭おり、1頭が3着だが、高松宮記念で3着となったストレイトガール。今回デムーロ騎乗で食指が動きそうだが、リトルゲルダは消し。ストレイトガールはメイショウマンボ同様に“ハマる”項目があるが、別の項目“キャリア過多の高齢馬”で評価を下げるべき。

上がり3Fのタイムは
33.4-34.3の間で平均は33.8
なお、勝ち馬の中で上がり3F1位の時計を計時したのはウオッカ1頭。
ホエールキャプチャ・ブエナビスタ・エイジアンウインズ・コイウタ・ダンスインザムードの5頭いずれも上がりタイムは2位。
連対馬まで範囲を広げても、先行・中団の脚質の馬の成績が良いのは変わらず。
上がり3Fの時点で先頭からコンマ9秒(約5馬身)以内につけている馬が14頭を占めている。

間隔の項目を見ると
勝ち馬の大半が中4週から中8週の間。しかし、勝率は悪く7.9%としかない。中3週の馬で、勝率18.2%と高い数値…だが、該当馬はタガノエトワールのみ。
気になる数値なのが、中9週以上の馬の成績と中2週の出走馬。

まず中9週以上だが、これまで合計9頭が出走するも馬券圏内となったのは1頭もいない。

該当するのは…
ヌーヴォレコルト
ケイアイエレガント

昨年2人気に推されたホエールキャプチャも4着に敗れており、評価は下げる必要がありそうだ。

中2週に関しても、連対率2.2%。
とはいえ、福島牝馬S組が結果を残せていないだけであり、マイラーズC組は注目すべき。
該当するのは…
スイートサルサ
アルマディヴァン
ウエスタンメルシー
ミナレット
この4頭は消し

上記データを踏まえ、最終的に本命としたのが…

◎ディアデラマドレ

前走マイラーズCは位置取りに失敗。離れた最後方だったし自身は31秒台で上がるも、先行馬が32秒台で上がる競馬だっただけに、届くはずがない。
中2週は結果を残せていないのは記載したが、マイラーズCは別で(2.0.1.8)と好成績。
追い切りを見ても、体を使ってしっかりと走れているし、コースで3本も追えるのは体調面が充実している証拠。

同馬から

【穴馬分析】
過去9年間、8人気以下で馬券に絡んだのは合計8頭。
14年 1頭
13年 1頭
10年 2頭
09年 1頭
07年 3頭
07年に3頭いずれも8人気以下の馬が馬券圏内を確保した年はAコースでの施行。以降はいずれもBコースで施行されており、今年もBコース。
Bコースでの施行となった09年からは8人気以下の馬は5頭絡んでおりほぼ毎年1頭ペース。人気馬総崩れは狙い過ぎの傾向とはいえ、今年も伏兵が入ってくる?

以上を踏まえ、最終結論に入ります。

最終結論
◎ディアデラマドレ
○メイショウマンボ
▲ショウナンパンドラ
☆ヌーヴォレコルト
△バウンスシャッセ
△スマートレイアー
△レッドリヴェール
△カフェブリリアント

買い方
≪本線≫
馬連
◎⇒○▲☆△△△△

単複


≪少額≫
馬単フォーメーション
1着 ◎○▲
2着 ◎○▲☆△△△△

3連複フォーメーション
1頭目 ◎
2頭目 ○▲☆
3頭目 ○▲☆△△△△

以上
データの3号・ヴィクトリアマイルの最終結論でした!

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line