TOP > 競走馬 > 【2015年オークス】桜花賞以上の仕上がりで挑むクルミナル
競走馬

【2015年オークス】桜花賞以上の仕上がりで挑むクルミナル

チューリップ賞では1番人気を裏切り結果を出せなかったが、桜花賞では後方から脚を伸ばし2着に健闘したクルミナル。GⅠハンター・池添騎手を背にオークスを制することができるだろうか?クルミナルについてまとめてみた。
馬キュレ

クルミナルの血統!

コパデプラタインテルナシオナル、エンリケアセバル大賞を制したクルソラを母に持つクルミナル。3歳時には重賞で接戦を演じていたピオネロが兄に当たる。父は言わずと知れたディープインパクト。ほぼ全馬は初体験となる2400mのオークスはスローペースになりやすく、最後の瞬発力勝負になればこの馬の出番がありそうだ。

クルミナルの血統表はこちら↓

【エルフィンS】2馬身差の完勝!

スタートで遅れたものの、すぐに巻き返して中団を追走したクルミナル。直線で先行各馬を交わして抜け出し、最後は外から脚を伸ばしてきた7番人気ナガラフラワーに2馬身差をつけ勝利した。クルミナルはこれで新馬戦に続く2連勝となった。
inyofu 1着 クルミナル(池添謙一騎手) 「いいですね。競馬では乗りやすいですし、きつい位置でもしっかり走ってくれました。初戦同様、いい切れ味を見せてくれました。これでGIにも出られるでしょうし、楽しみです」
inyofu (須貝尚介調教師) 「新馬戦を使うまでに時間がかかり、何とかしたいと思っていた馬ですが、これほどとは......。今後が楽しみになる勝ち方をしてくれました。馬の様子を見て、一度使うか本番直行かを決めたいと思います」

【チューリップ賞】11着大敗 重馬場が影響したか…

デビュー2戦の勝ちっぷりから阪神JFで上位入線した馬を抑え1番人気に支持されたクルミナル。後方に控え直線での末脚に懸けたが、重馬場が影響したのか全く伸びず。11着に敗れた。
inyofu 11着 クルミナル(池添騎手) 「良馬場なら絶好枠だったと思いますが、今日の馬場では(内枠は)アダになりましたね。持ち味のキレをまったく出せませんでした。道中も追走に余裕がありませんでしたし、かわいそうでした」

【桜花賞】自慢の末脚復活! 汚名返上の2着!

道悪のチューリップ賞で11着に惨敗したため7番人気に甘んじていたクルミナルだったが、外から鋭く伸びて汚名返上の2着。スタートはいつものようにいくらか遅れたが、内を通ってリカバリー。直線は外に持ち出し、メンバー中2位タイとなる33秒4の鬼脚を使ったものの、超スローで逃げたレッツゴードンキを捉えることはできなかった。しかし、差し馬勢では一番の健闘を見せ、次のオークスに期待が持てるレース内容であった。

池添騎手、須貝調教師のコメントは以下の通り。
inyofu (池添騎手)「馬場が回復してくれたことで前走とは行きっぷりがまるで違った。やはり能力は高いし、瞬発力はトップクラス」
inyofu 2着 クルミナル(須貝尚介調教師) 「前走は道悪が敗因であり、力のあることは証明しましたから、次のオークスで挽回です。今日はペースを作った岩田騎手を褒めるしかありません」

【オークス】1週前追い切り! 調子は良さそう!

inyofu 桜花賞2着クルミナルの1週前追い切りは坂路で4ハロン52・6―38・5―12・9秒。手応えでやや見劣ったものの、しぶとく食い下がって併入に持ち込んだ。引き続き活気があっていい感じ。
inyofu 須貝調教師「1週前追い切りの動きが上々。放牧を挟んで馬体はひと回り大きくなって精神的にも成長している。マイルばかりを使っているけど、気性的には長いところのほうがいいと思う。パンパンの良馬場でやれれば楽しみ」
inyofu クルミナルは桜花賞2着後に短期放牧に出してリフレッシュ。「精神面でいい気分転換になったみたいで、帰ってきた当初はよくカイバを食べていた。今はいつも通りになったけどね」と安楽厩務員。
inyofu  「引っ掛かるタイプじゃないので距離は大丈夫だと思う。前日輸送で1泊するので、落ち着いてくれていれば」と課題を挙げていた。

逆転でのGⅠ制覇を狙うクルミナル。桜花賞のレース後、池添騎手、須貝調教師ともに距離が延びていいタイプだし、オークスが楽しみと口をそろえていた。スローの瞬発力勝負なら世代でも上位の存在であることは間違いないクルミナル。今回も上位争いをしてくれることは間違いないだろう。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line